ブラッドフォード悲劇

    イングランドでは、4月25,26日の全ディビジョンの全リーグ戦で、ブラッドフォード悲劇30周年の追悼が行われた。これはFAが主導してリーグと全クラブの同意を得て実施されたもので、全てのスタジアムで試合前に1分間の黙とうが捧げられた。

    1985年5月11日、当時3部にいたブラッドフォード・シティが、リーグ優勝を決めて、翌季の2部昇格に向けての期待を胸に、ホーム(バレー・パレード)での最終戦に臨んだ。スタンドのファンに優勝杯を披露して、高揚した気持ちで開始した試合(対リンコン・シティ)は、誰もがお祝いの記念試合になるものと思っていた。しかし、試合開始40分にメイン・スタンドで発火した炎が、チームとファンを地獄に突き落とした。木造の古いスタンドで出た炎は、乾いた空気の中で、一瞬のうちに56人の命を奪い、265人の負傷者を出した、イングランド中に衝撃を与えた悲劇となった。

    今季も3部でプレイしているブラッドフォード・シティは、1月のFAカップ4回戦で、プレミアリーグ首位のチェルシーに、スタンフォードブリッジ(チェルシーのホーム)で4-2と大逆転勝利を収めてイングランド中のヘッドラインを飾った。「FAカップ史上最大の番狂わせ」と言われたブラッドフォードの大金星に、イングランド中のメディアやファンから惜しみない拍手が飛んだ。

    しかし、ブラッドフォードの「ジャイアント・キリング」は何ら珍しいことではなく、2年前には当時4部にいたブラッドフォードが、リーグカップでウィガン、アーセナル、アストンビラとプレミアリーグの3チームを破って決勝進出したことは記憶に新しかった(決勝戦はスウォンジーが5-0と優勝)。

    そして、そのアストンビラ戦(準決勝1戦目、3-1でブラッドフォードが勝利)で、ブラッドフォードがピッチの上の活躍でイングランド中のファンやメディアの賞賛を受けていた時に、残念な出来事が起った。4部のブラッドフォードがプレミアリーグのアストンビラを手玉に取る様子に、感銘を受けたマイクル・オーウェンが、Twitterに「ブラッドフォードは素晴らしい!」という言葉と共に「Bradford are on fire!」とポストしたのだった。この「on fire」という表現は、一方が圧倒的に優位に立っているフットボールの試合で良く使われる慣用表現だったが、文字通りに解釈すると「火事になる」という意味だった。つまり、オーウェンのコメントは、「ブラッドフォードで火が燃え上がっている」という、悲惨な記憶を呼び起こした。

    これに対して、チームを問わずイングランド中のファンから一斉に、オーウェンに反省と謝罪を促すメッセージが飛んだ。自分の過ちに気づいたオーウェンが、即座に「言葉の使い方を誤ったために、無神経なことを言ってしまいました」と、謝罪のメッセージを出した。これを受けて、「オーウェンは、気を付けるべきだった」という批判は出たものの、他意はなかったとして、必要以上の追及はなかった。

    暫くして、オーウェンが「僕の父が現役時代にブラッドフォード・シティでプレイしていた経歴を持つ(1970–1972)という縁もあって、僕はブラッドフォードに対してはいつも親近感を抱いている」と、ブラッドフォード・ファンに対して感情のこもったメッセージを出したことは、印象深いものだった。

    4月25日のバレー・パレードで、「ブラッドフォードの市民にとっては永遠に癒えることがない苦悩」と顔を曇らせるファンが、56人の仲間に追悼を捧げた時に、イングランドの他のスタジアムでは、30年前に既に物心がついていたファンが「30年前に、あの悲劇を知った時のショックは今でも忘れられない」と、若いファンに語り掛けた。ブラッドフォード・シティと縁がある・なしに関わらず、全チームのファンが「フットボール・ファンにとっての悲劇」と、56人を追悼した。

    フットボールの試合に出かけて、二度と帰らない人になる悲劇はこの先、絶対に起こってはならないと、イングランド中のファンが誓いを新たにした。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR