FC2ブログ

    2012/1/17 ウィガン0-1マンチェスターシティを見てきました

    月曜日の夜8:00の試合でした。サウスポートからウィガンまで電車で25分。駅からスタジアムまで徒歩30分くらいです。前回、2009年にこのスタジアムに行った時は午後の早い時間だったので、地図を見ながら歩きました。

    今回は、ウィガンのWigan Wallgate駅で降りてスタジアムに向かいました。



    試合前にクラブショップで面白いグッズをたくさん買ってきました。近々紹介します。楽しみにしていてください。

    ウィガンのクラブショップで購入したグッズ

    試合結果は1-0でシティが勝ちました。内容的には決して面白かったとは言えないかもしれないけども、そんな内容の試合の後でも、ウィガンの人々はとても親切で明るくて良い感じでした。

    さて、試合が終わったのは10時近くになっていました。ひどく暗かった上に地図もなかったし、しかも、近道に見える道を通って帰ろうと考えたのが運のつき、何度も道に迷いました。

    もちろん、ポイントポイントで周囲の人々に道を聞きながら歩きました。みんなとても親切に道を教えてくれました。

    ただ、駅への道はあまりにも複雑すぎて、教えてもらった「曲がるべくポイント」を覚えるのが困難だったのでした。

    途中までは人の波について歩いたのですが、気がつくと人々はすぐに散って行き、歩く人の数は少なくなります。

    不安になって3度目に隣にいたカップルに「駅に行きたいのですが」と尋ねたときのことです。「この道は駅への道」と教えてくれました。ほっとしながら歩いてゆくと、また曲がり角にぶち当たりました。

    ふと見ると、さきほど道を尋ねたカップルが立ち止まって私の方を見ています。何かと思いきや、その二人は「駅に行く道はこっち」と右側を指差して、「道なりにずっと行き、二股に分かれている道にきたら右に行くと駅に出る」と教えてくれた後で、彼らは駅とは逆の方向に去って行きました。

    つまり、私に道を教えてくれるためにわざわざ待っていたくれたのです。なんと親切な....と感激しながら教えられた道を行きました。

    そして、最後の二股に分かれている道、らしきところに差し掛かった時に、私は、さきほどの教えを忘れてしまっていて、ふと左側に行きそうになりました。すると、少し前にいた男性が私の方を振り返って、「こっちだよ」と手招きをしてくれたのです。この人は、たぶんさきほどのカップルと私との会話を聞いていて、駅に向かう道を教えてくれたのだと思います。

    多くの人に親切にされながら、無事、サウスポートまで帰りつきました。

    今回、ウィガンには良い印象を抱いたということもあり、なんとかウィガンがプレミアリーグに残れることを祈っています。

    観戦記はこちら
    2012/1/17 Wigan-ManCity 20:00 0-1●パイ食い(pie eaters)http://lscj.at.webry.info/201201/article_48.html

    2012/1/17 Wigan-ManCity 20:00 0-1 ●最下位なのにファンは監督とチームを全面的にサポート
    Wigan-ManCity●アウェイ・サポーターはお祭り騒ぎ

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR