ヒーロー?裏切り者?

    2月22日のサウサンプトン戦に先駆けて、LFC TVで昨年夏にサウサンプトンから来た3人が「初めての古巣訪問」について語った特番が話題を呼んだ。「サウサンプトンのファンは拍手で迎えてくれると思うか?」という質問に、リッキー・ランバートが「そうだったら嬉しいのだが、どうなるかは分からない」と答えた横から、デヤン・ロブレンが「リッキーは拍手してもらえることは間違いない。でも僕ら2人はダメだと思う」と、悲痛な面持ちで語った。

    ロブレンが昨年7月末に、殆ど喧嘩別れのような形でサウサンプトンを振り切ってLiverpool入りしたことは有名な話だった。その前年にリヨンから移籍し、プレミアリーグ初シーズンでサウサンプトンの守りの要として残留に貢献した後で、Liverpool行きのチャンスに乗って出て行ったロブレンが、サウサンプトンのクラブやファンに苦い記憶を残したことは想像に難くなかった。

    幸か不幸かプレミアリーグ開幕戦で古巣サウサンプトンと対戦したロブレンは、世間一般の予測が100%正しかったことを痛感させられた(試合結果は2-1でLiverpoolの勝利)。その試合でアンフィールド・ロード・スタンドにいた私は、右隣のアウェイ・サポーター・スタンドから最後まで飛び続けたブーイングは強い記憶に残っている。ロブレンがボールを得る度に轟く「ブー」に、我々ホーム・サポーター・スタンドのファンは即座に「イエス」チャントと拍手で対抗したのだが、そのブーイングは最後まで沈静することなく続き、サウサンプトン・ファンのロブレンに対する強い感情を実感させられた。

    そして、76分にサブで出場したリッキー・ランバートに対して、アウェイ・スタンドが総立ちで盛大な拍手を送ったことも印象的だった。

    LFC TVの特番で、ロブレン同様の「歓迎」を覚悟していると語ったアダム・ララーナは、ユース・チームから14年間を過ごした古巣との初対面に際して、複雑な感情を抱いていると告白した。「サウサンプトンは僕にとって特別なクラブ。昨年夏にLiverpoolに移籍が決まった時に、自分でもまずかったと反省するような言動をしてしまった。それに対して、僕のことを許せない奴だと思っている人々は少なくないと思う」。

    イングランド南部のハートフォードシャーで生まれ、12歳でサウサンプトンのアカデミー・チーム入りし、18歳でファーストチーム・デビューを果たした。スペイン人のおじいさんの姓と容貌を受け継いだララーナは、サウサンプトンで名を上げると同時に、CMのモデルとして引っ張りだことなった。2011年に23歳でクラブ主将となってからは、文字通りサウサンプトンの「顔」としてチームの復調を達成した。

    2012年にイングランド代表入りした時に、「同年代でサウサンプトンのアカデミーからアーセナルやトットナムのファーストチームに進んだガレス・ベイルやセオ・ウォルコットを見て『自分は乗り遅れた』と思ったことはないか」と質問されてララーナは、「彼らはユース・チーム時代から既に秀でた才能を開花させていたから、早々にビッグ・クラブに引き抜かれて行った。僕の場合は、サウサンプトンに残り、このクラブに育ててもらったお蔭で今の自分がある」と答えた。

    激しい雨に見舞われた2月22日のセントメアリーズでは、ホーム・スタンドからの、ロブレンに対する強烈なブーイングと、ウォームアップするランバートへの温かい拍手が飛び続ける中で、Liverpoolは2-0と勝利を収めた。そしてララーナは、まばらな拍手とそれより目立つブーイングに包まれて62分に交代した。

    しかし試合後のサウサンプトン・ファンの意見は揺れていた。

    「交替させられた時、ララーナは泣きそうな顔をしていた。あの表情を思い浮かべる度に胸が痛む。出て行った時の言動には、裏切られたと悔しかった。でも、もういいじゃないか。来年セントメアリーズに戻ってきた時には、拍手で迎えるべきだと思う」。

    「同感だ。そもそもララーナは14年間サウサンプトンに忠誠を尽くした。クラブが倒産して、降格を重ねた暗黒の時期を経て、出て行くチャンスはいくらでもあったのに、それでもララーナはサウサンプトンに残った。チームをどん底から引き上げて、プレミアリーグに復帰・定着するところまで責任を尽くした。その14年間の貢献を無視して、裏切り者扱いするのは間違い」。

    サウサンプトンには、ファンにとって永遠のヒーローとして語られ続けているマシュー・ルティシエ(1986-2002)がいる。27歳でイングランド代表入りし、マンチェスターユナイテッドやトットナムから熱烈に引っ張られながらも、地元のチームであり少年時代にファンだったサウサンプトンで引退したルティシエを、チームを問わず全ファンが真のレジェンドと振り返る。一方で、中立のアナリストの中には「ルティシエは野心が欠けていた。ビッグ・クラブに行ってポジション争いをすることでもっと成長できた筈」という正反対の意見もある。

    後者を選んだララーナは、古巣のファンから手厳しい「歓迎」を受けたが、どちらが正しい道となるかは、まだ答えは出ていない。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR