主将の資質

    1月20日のリーグカップ準決勝(チェルシー戦、試合結果は1-1)で、コップ・スタンドにスティーブン・ジェラードのバナーが初登場した。ビル・シャンクリー、ボブ・ペイズリー、ジョー・フェーガン、ケニー・ダルグリーシュ、ラファエル・ベニテスの5監督の連携版や、シャンクリーとペイズリーの各単独版と、Liverpoolの歴代監督の特大サイズのバナーが、毎試合前にコップに翻る姿がアンフィールドの風物詩になって久しい。

    先祖代々シーズンチケット・ホルダーというバリバリのレギュラー・ファンが掲げるこれらバナーは、Liverpoolファンの間で永遠に語り継がれる重要人物のリストでもあった。その中で、選手のバナーはキング・ケニーが唯一だったが、2015年からジェラードが加わることになった。

    そのバナーの前でウォームアップするジェラードの姿は、ファンの心に新たな感傷を植え付けた。

    ジェラードが永遠にファンの記憶に残ることは間違いないが、現実的にLiverpoolがどのようにジェラードの穴を埋めるのか、ファンの間で毎日議論が交わされていた。その中で、なかなか意見がまとまらない題材の一つが主将職だった。2003年に、23歳でジェラル・ウリエに抜擢されたジェラードは、在任12年でクラブ史上最長の主将となった。

    「通常に考えれば、副主将のジョーダン・ヘンダーソンが引き継ぐのが順当だろう。しかし、Liverpoolの主将という重たい職務は、24歳のヘンダーソンには負担が大き過ぎる」という声が、BBCのアナリストで元Liverpoolのマーク・ローレンソンから早々に上がり、大多数のファンの声を裏付けた。

    12月17日のリーグカップ準々決勝で(対ボーンマス、試合結果は3-1でLiverpoolが勝ち抜き)、試合終幕に交替したジェラードが、ピッチを去る前にヘンダーソンの左腕にアームバンドを付ける写真がファンに悲痛な叫びをもたらしていた。「ジェラードがいなくなって、ヘンドが代わって主将を勤めるLiverpoolは想像できない」。

    昨年9月15日に、ヘンダーソンが副主将に任命された時には、ファンは全員一致で賛意を表明した。

    「生まれ故郷のサンダーランドでユースチームから上がってきて、初めて外に出たのがLiverpool。最初は苦戦したが、今やピッチ内外でリーダーシップを発揮する存在となった。育った環境も僕と似ているジョーダンには、将来Liverpoolの主将になって欲しい」という、その時のジェラードの言葉に、ファンは一斉に頷いた。

    2011年夏にLiverpool入りして、イングランド中からダメ出しされた後で、黙々と努力を重ねた末にチームに不可欠な存在となったヘンダーソンは、誠実で前向きな姿勢でファンの支持を勝ち取った。プロとしての体作りのために喫煙・アルコールは一切やらず、食事や生活習慣に注意を払う意識の高さは有名な話だが、気さくで明るい人柄もファンの人気を呼んでいた。街中のショッピング・センターで、奥さんが買い物をしている間、1歳の娘を抱いてじっと立っているヘンドを見かけたというファンが、「あまりにも微笑ましい姿で、声をかけるのをためらった」と目を細めた。

    しかし、そんなファンのひいき目にも、良き家庭人で努力家のヘンドが、ジェラードの背中を見ながら副主将として成長し続けることは予測できても、ジェラードの後を引き継いでチームを指揮する雄姿は想像し難かった。

    「では誰が?」という問答に、ルーカス、マーティン・シュクルテル、コロ・トゥーレ、アダム・ララーナ、ダニエル・スタリッジなど、ファンの間で様々な名前が飛び交ったが、圧倒的支持を集める意見が出ないまま、議論は平行線を続けていた。

    そんな中で、1月20日のチェルシー戦の翌日に、「試合後にトンネルでヘンドがディエゴ・コスタとやり合った」という逸話がメディアを飾り、Liverpoolファンは、驚きと笑いでモヤモヤが解ける思いにかられた。試合中に、アームバンドを引き継いだヘンダーソンが、フリーキックを巡ってディエゴ・スタと「にらみ合った」場面はテレビに映った。その決着を付けるべく、トンネルでの事件に発展したらしいという情報が広がり、そのにらみ合いの動画が、ジョークの吹き替え付きでインターネット上で飛び交い、ファンの爆笑を買った。

    そして、翌日の地元紙リバプール・エコーのインタビューが、ファンの意外な喜びに拍車をかける結果となった。「'事件'と呼べるようなことは何もなかった」と苦笑しながら、ヘンダーソンはきっぱりと語った。

    「我々はLiverpool。相手がどんなチームであろうとも、実力でも精神面でも負けない。それは、必要な時には態度で示す。自分が通った道を思い起こして、若手選手の育成に責任があるのだと認識している」。

    この事件が引き金となって、Liverpoolファンの間で、ヘンドのリーダーシップに対する見直しが開始した。

    「Liverpoolの歴代主将を振り返ると、ジェラードは異例なスーパースターであるかは明らか。ジェラードの域に近いカリスマ的な主将というと、グレアム・スーネス(1982-1984)まで遡らねばならない。更に黄金時代のLiverpoolは、チーム全体がリーダー揃いだったので、主将は突出した人材である必要はなかった。それを考えると、ヘンドもトミー・スミス(1970-1973)的な主将として、成功する資質は十分に持っているように思える」。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR