FC2ブログ

    クリスマスの誓い

    12月24日、クリスマス・イブのマンチェスター・イブニング・ニュース紙が「2014年のマンチェスターのフットボールを振り返って、あなたの記憶力にチャレンジ」と題して、ユナイテッド絡みの三択クイズを掲載した。「今季開幕戦でスウォンジーに1-2と負けたユナイテッドは、特にアシュリー・ヤングにとって踏んだり蹴ったりとなりました。1.ひざの負傷で交代した/2.オウンゴールを献上した/3.鳩にフンを引っかけられた(正解は3)」など、ローカル紙ならではの珍問が並ぶ中で、さりげなくスティーブン・ジェラード・ネタが出題されていた。

    「シティの優勝の直接のきっかけとなった2014年4月の、あの有名な'スティーブン・ジェラードの滑り'で恩恵を受けてゴールを決めたチェルシーの選手は誰? 1.デンバ・バ/2.ウィリアン/3.エデン・アザール(正解は1)」。

    伝統的にお互いに相手チーム・ネタのチャントをスタンドの定番にしているシティとユナイテッドの両ファンが、対戦相手に関わらず毎試合、スティーブン・ジェラードの替え歌(スティーブン・ジェラード、ジェラード。滑って転んでデンバ・バにボールを提供した。スティーブン・ジェラード、ジェラード...と言う感じの歌詞)を歌う姿は有名で、「ジェラードがマンチェスターの宿敵同士を団結させた」とジョークになる程にお馴染みになっていた。地元紙のこの設問に、答えられなかった人は皆無だったことは想像に難くない。

    このジェラードの替え歌は、すっかり自分たちの歌にしてしまったマンチェスターの2チームのファンには叶わないものの、Liverpoolと対戦する全チームのファンが欠かさず歌うことで、イングランド・フットボール界の新たな風物詩になっていた。

    言うまでもなく、Liverpoolファンは、相手チームのスタンドからジェラードの替え歌が流れた瞬間に、本物のジェラードの歌(40ヤード版)を歌って反撃する。そのやり取りは一種の「ファン同士の対話」となり、Liverpoolファンの中でも目くじらを立てる人はなかった。

    ジェラード本人も全く気にしていないことは、11月にリバプール・エコー紙のインタビューでの言葉からも明らかだった。

    「相手チームのファンの替え歌が聞こえるかって?もちろん聞こえている」と、笑って答えた。「気に障るかと言われれば、答えはノー。対戦相手の選手をネタにした歌やチャントはフットボールに付き物。我がチームのファンもやっていることで、フットボールを熟知しているファンは、強敵だと認めている選手だけを的にする。その原理から言うと、相手チームのファンからあの歌が出れば出る程、期待に応えて良いプレイをしようと意欲が湧く」。

    実際に、12月17日のボーンマスでのリーグカップ戦(試合結果は3-1でLiverpoolが準決勝進出)で、再三に渡ってジェラードの替え歌を歌い続けたホーム・スタンドのファンが、89分にジェラードが交代した時に、総立ちで拍手を送った姿はLiverpoolファンの心を温めた。

    ライバル・ファンから一目置かれているジェラードの、Liverpoolの若手選手たちに対する影響力も依然として大きかった。昨季PSGから入って来たママドゥ・サコーが、この夏に母国フランスのTV番組に登場し、Liverpoolでの状況を語った動画がLiverpoolファンの間で話題になった。その中で、インタビュアーがしきりにスティーブン・ジェラードに関して質問し、サコーがジェラードを絶賛する度に周囲から熱い歓声が上がった。

    同様に、9月のインターナショナル・ウィーク中に代表チーム入りしたアルベルト・モレノが、母国スペインでのインタビューで「スティーブン・ジェラードはどんな人?親切にしてくれる?」と質問攻めにされた様子も、Liverpoolファンの笑顔を引き出した。ラザル・マルコビッチは、母国セルビアでのインタビューで「あのスティーブン・ジェラードが僕のチームメイトだなんて、今だに信じられない」と頬を紅潮させた。

    「地元出身で、Liverpoolファンとして生まれ育ったLiverpoolのワン・クラブ・マン、という感傷的な面だけでなく、イングランド内外の有望若手を惹きつけるアンバサダーとしての役割も担っているジェラードが、Liverpoolのクラブにとってどれだけ重要かは計り知れない」と、ファンは顔を曇らせた。

    というのも、ジェラードの契約延長いかんはまだ未解決で、1月までもつれ込むだろうと言われていることだった。2003年にジェラードをLiverpoolの主将に任命した、当時監督ジェラル・ウリエがディレクターを勤めるニューヨーク・レッドブルズに引っ張っているという噂と、ジェラード本人が「新たなチャレンジ」を検討しているらしい、という噂が毎日のように流れていた。それは、Liverpoolの側がジェラードに対して契約延長の話を出すのが遅れたことが原因と、元選手やファンの間で、クラブに対する批判が飛んでいた。

    12月9日のバーゼル戦で、フリーキックから同点ゴールを決めたジェラードの表情を見て、ファンは異口同音に語った。「34歳になってもチームを背負い続けるジェラードは、ピッチ上でもLiverpoolにとって重要な存在であることを、全力で証明している」。

    そのバーゼル戦で1-1と引き分けCL敗退を決めたLiverpoolが、ELの初ラウンドでデンバ・バのいるベシクタスと対戦することになった。「ジェラードの滑り再び?」のヘッドラインに苦笑しながらLiverpoolファンは、二重の雪辱を誓った。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR