FC2ブログ

    ボビーにボールを渡せば...

    2月24日、Liverpoolはアンフィールドで、苦戦の末にウエストハムを3-2と破り、2位との差を再び22ポイントに広げた。この勝利で連勝は18となり、マンチェスターシティが持つプレミアリーグの連勝記録に並んだ。今季のLiverpoolは様々な記録を塗り替え続けているが、同時に、不本意な記録も維持されることになった。それは、ロベルト・フィルミーノがまだアンフィールドでは無得点というものだった。

    「ボビーの貢献度は得点数では測れない」と、Liverpoolファンは、その「意外な」記録を一笑した。「ワールドクラスのストライカーは、誰もが『チャンスを得れば自分が決める』という本能を持っている。程度の問題はあるが、それはストライカーの特性。ただ、ボビーは違う。いかなる時でもチームメートが少しでも有利な位置にいたら絶対にパスを出す。ここまでチームプレイに徹底している選手は、希少で貴重な存在」と、誰もが心の底からフィルミーノを支持を唱えた。

    「ボビーの歌がすっかり定番になっているのもボビー人気の現れだ」と、笑顔を交わす中、あるファンが言った。「ただ、歌詞の『シー・セニュール、ボビーにボールを渡せば彼は得点する』は、本当は『ボビーにボールを渡せば誰か他の選手が得点する』、というのが真相だ」。

    フィルミーノの、そんな利他的でチームメートのために尽くす人格は、母国ブラジルでプロの道を歩み始める前からの資質だったことは、フィルミーノの才能を発掘した人物の証言からも明らかだった。

    15歳のフィルミーノを見染めたのは、地元のクラブ(クルーベ・ジ・レガタス・ブラジル)のメディカル・スタッフの一員(歯医者)だったマルケリヌス・ポルテラだった。どこからも声がかからなかったフィルミーノを、フィゲイレンセに売り込んだポルテラは、後にフィルミーノのエージェントとなり、4年後にホッフェンハイム入りを実現させた。かくして、貧しい家庭で育ち、ビーチでココナツを売って家計を助けていたフィルミーノは、ドイツ行きが決まった時には、「育ててくれたご家族に、豊かなヨーロッパでの生活を」と、家族ぐるみで移転したという。

    「フィルミーノは、コーチからぼろくそに怒られても常に前向きで、言われたところを直すために歯を食いしばって頑張る態度を持ち、常に周囲の人を思いやり、シャイな少年だった」と、ポルテラは語った。

    フィルミーノがブラジル代表チーム入りを果たした2014年10月に、元フィゲイレンセのアンダー17コーチだったエメルソン・マリアが、15歳の時の「シャイな少年だった」フィルミーノの実話を明かした。「ユース・チームにはたくさんの少年がいたので、私は全員の名前を覚えきれないことがあった」と、マリアが振り返った。「フィルミーノのことをアルベルトと呼び続けた。ある日、別のコーチから名前違いと言われたので、私はフィルミーノを呼んで質問した。『アルベルト、ちょっと来なさい』と叫ぶと、フィルミーノは走ってやって来た。『君の名前は?』と聞くと、『ロベルトです』と答えた。『わかった、ロベルト。もういいよ』というと、一礼して走って行った。本当にシャイな少年だった」。

    フィルミーノの「シャイ」さは、先月のプレミアリーグの中休み中に、アリソンが母国のメディアで語った証言にもあった。2018夏にローマから£66.8mでLiverpoolに入る際に、ブラジル代表チームで一緒だったフィルミーノが大きな助けになった、とアリソンは語った。「ボビーは、Liverpoolのクラブと地元のことを細かく教えてくれた。何もかも良いことばかりだ、と。実際に自分の目で見て、それが全て真相だとわかった」。

    「彼は僕よりシャイだから」と、アリソンは笑い、代表チームでもクラブでも先輩だったフィルミーノが、親身になって面倒見てくれた話を明かした。「ボビーと一緒のチームでプレイできるのは光栄だとしみじみ思う」。

    そんな中で、フィルミーノをヨーロッパで名が通る選手に育てた、当時ホッフェンハイムのディレクターだったエルンスト・タナーが語った話は、Liverpoolファンの間で、「ボールを渡せば誰か他の選手が得点する」能力と人柄でチームの中枢となっているフィルミーノの、重要性を更に裏付けるものだった。

    「フィルミーノを売り込むために、エージェント(ポルテラ)が、編集したビデオを送ってきた。再生すると、こんなに速いシュートはないだろう、と見え見えだった」と、タナーは微笑んだ。怪しげなビデオに加えて、メディカル・チェックの数字は異常な低さだったという。

    「クラブのスカウトは反対したが、私は本人の態度にほれ込んだので取ることに決めた。ひたむきで、努力を惜しまず、何があっても絶対に諦めない性格を、トレーニングで証明していた選手だったから」。かくして、2010年12月に£3.35mの移籍金でホッフェンハイム入りしたフィルミーノは、4年半で153試合49ゴールと、タナーの勇断を裏付けた。

    2015年に、£29mの移籍金でLiverpool行きが決まった時に、タナーは複雑な気持ちにかられたという。「これ程の選手を、わがクラブに引き留めるのは無理だと観念するレベルに到っていた。だから、Liverpoolから引っ張られて行くことが決まった時、我々は本人の今後の成功を祈って笑顔で送り出した」。

    「同時に、寂しさで泣ける思いがした」。

    あの場所

    2月15日、Liverpoolはアウェイでノリッジ戦に1-0と勝ち、プレミアリーグ開幕26試合で2位に25ポイント差と、前代未聞の大差で首位に立った。中立のアナリストが、そのLiverpoolの強さの秘訣として、ある人は世界のベストGKを上げ、別の人がワールドクラスのセンターバックを主張した。フロント3の攻撃力、もしくはミッドフィールドの機動力を特記する声に交じって、オールラウンドの強さと結論付ける人もいた。

    そんな中で、ガーディアン紙が「Liverpoolの強さは、『あの場所』に起因している」という記事を掲げた。「ペップ・グアルディオーラは、『あの場所』と呼んだ。リオネル・メッシは、試合後に控室で涙を流した。アンフィールドが、対戦相手にそれほど恐れを与える『あの場所』になっている事象は、誰の目にも明らかだった」。

    同記事は、Liverpoolがアンフィールドで平均3得点を記録し、プレミアリーグでは2017年4月以来負けていない数字を引用し、4年前のWBA戦の出来事を振り返った。「96分の同点ゴールでWBAに2-2と引き分けた試合の後で、ユルゲン・クロップは選手たちを先導し、コップ・スタンドの前で手をつないでファンに挨拶をした。その行動は、ライバル・ファンに絶好のジョークのネタをもたらした。しかし、現在のLiverpoolの選手の中で、合計11人がアンフィールドで負けた経験がないという快挙は、最後に笑うのは誰かを示していた」。

    「クロップは、アンフィールドをチームが勝つための戦力の一つにした」。

    そして同記事は、「あの場所」として威力を発揮するアンフィールドを、大きくした現オーナーのFSGに対する評価も忘れなかった。「これまでにメイン・スタンドを7,000席増築したことに続き、2022-23季オープン予定でアンフィールド・ロード・スタンドの改築計画を発表した。実現の暁には、イングランドではマンチェスターユナイテッド、トットナムに次ぐ3番目の61,000席となるアンフィールドは、その増収が更に戦力増強につながるだろう」。

    「イングランドの多くのビッグ・クラブは、例えばハイバリー(※アーセナルの旧ホーム・スタジアム)の魔力を取り戻すために15年間、苦戦し続けているようアーセナルのように、近代的で豪華なホーム・スタジアムを自分たちの場所にすることが出来ずにいる中で、FSGは、『あの場所』の価値を見抜いていた」。

    折しも、地元紙リバプール・エコーが、9年前にLiverpool FCをFSGに売却したサー・マーティン・ブロートンが明かした当時のエピソードを掲載したばかりのことだった。

    その時点では、スタンリーパークに新スタジアムを立てて移転する計画があった中で、ブロートンは、決断を促すためにFSGをエミレーツ・スタジアムに連れて行ったという。「エミレーツ・スタジアムは、当時、誰もが絶賛するスタジアムで、唯一の例外がアーセナル・ファンだった」と、ブロートンは語った。

    「エミレーツ・スタジアムで試合を見たFSGは、アーセナル・ファンの気持ちを瞬時に理解した。そして、『これまで積み重ねた伝統と歴史を捨てるのは間違いだ』と、アンフィールドを増改築する計画に決めた」。

    2つの記事をきっかけに、Liverpoolファンの間で、4年前のWBA戦を振り返る自問自答が交わされた。「ライバル・ファンの嘲笑ははっきり覚えている。『WBAに引き分けて、まるでカップ優勝したかのように祝っている。Liverpoolはここまで落ちぶれた』と。でも、今では誰も笑っていない」と、あるファンがつぶやいた。

    「クロップは、人々の精神を強くすることが出来る人だ。選手だけでなく、ファンの精神力も鍛えてくれた。その前のクリスタルパレス戦(試合結果は2-1でパレスが勝利)で、82分の失点を機にスタンドのファンが黙って去って行ったことを、クロップは嘆いた。それに対して、ファンが立ち上がった」と、別のファンが言った。

    「あのWBA戦は、スタンドがピッチ上の選手たちと一体になって最後まで戦う、『あの場所』をしっかりと固めた最初の試合となった」。

    2人目のスカウサー

    2月4日のFAカップ4回戦再試合は、事前に飛び交った世間の猛批判を笑い飛ばすかのように、Liverpoolのアンダー23チームが、フル・メンバーで臨んだ3部のシュルーズベリータウンを1-0と破って5回戦出場を勝ち取った。

    ファースト・チームの全員がプレミアリーグの中休みに入り、この試合はアンダー23チームが出場するという決定については、Liverpoolファンの間でも議論が交わされた。誰もが「ユルゲン・クロップの判断を全面的に支持する」という結論に達したが、そこに至るまでに様々な意見が上がった。

    ひとつには、FIFAクラブ・ワールド・カップとバッティングしたために、同じくアンダー23チームで臨み、アストンビラの(ほぼ)ファースト・チームに5-0と敗退した12月のリーグカップ準々決勝の記憶があった。「あの時と比べて、プレミアリーグの行方も変化していることだし、FAカップも本腰を入れたかった」と、ぼやく声は少なくなかった。また、「クロップを始め、プレミアリーグの毎試合で全力を尽くして心身ともに疲労を溜めている主力選手たちは、もちろん休むべきだ。ただ、負傷明けなどの理由で試合に出て調整すべき選手は例外措置とした方が良いと思う」という現実的な声もあった。

    そんな中で、「アンダー23チームが負ける前提で考えるのは間違い」と、強調したファンは説得力があった。「ビラ戦では、アンダー23チームの主力であるカーティス・ジョーンズとネコ・ウィリアムズがファースト・チームと一緒にカタールに行ってしまったことで、いつもの戦力ではなかった。何より大きいのは、アンフィールドだということ」。

    ファンの期待に応えるかのように、Liverpoolのクラブがチケット価格の大幅引き下げを発表した。アウェイ・スタンドも含め全スタンド統一価格で、大人£15、ヤングアダルト£5、ジュニア£1という破格の設定は、「プレミアリーグの試合は価格(※平均で£50程度)に加えて、チケット入手困難と諦めていたが、この試合は子どもたちを連れて行くいい機会だ」と、特に地元のファンの大歓迎を誘い、満員のスタンドとなった。

    「アンフィールドで、5万人の素晴らしいファンの声援を背に、試合が出来たとは、まさに夢の実現だった」と、アンダー23チーム主将で、この試合ではLiverpoolの主将として、クラブ史上最年少記録を塗り替えたカーティス・ジョーンズが、頬を染めて語った。

    今季12月のボーンマス戦(試合結果は3-0でLiverpoolの勝利)でプレミアリーグ・デビューを飾ったジョーンズは、リバプール市出身で、1月に19歳になったばかりだった。そして、ユースチームの試合を見て有望若手発掘にいそしむ地元の熱心なファンの間で、ジョーンズの名前が頻繁に上がるようになったのは、2017-18季のことだった。

    それは、当時アンダー18チームの監督だったスティーブン・ジェラードの言葉とも同期を取っていた。トレーニングを見に来たスティーブン・ウォーノックが、「あの10番の選手は誰?」とジェラードに尋ねたところ、「カーティス・ジョーンズ。トップ・プレイヤーになる素質は全て持っている若者だ。正しい態度で成長し続ければ、きっと大物になる」と答えたという。

    そのエピソードは、スカイスポーツのハイライト番組でウォーノックが明かしたものだった。FAカップ3回戦マージーサイドダービー(試合結果は1-0でLiverpoolの勝利)で決勝ゴールを決めたジョーンズが、全国メディアでも話題に上り始めた時のことだった。

    「ジョーンズは、ファースト・チームの選手がアンダー18チームでトレーニングしているかのような印象を受けた。それほど秀でていた」と、ウォーノックは語った。

    若手にチャンスを与えることでは定評のあるユルゲン・クロップが、ジョーンズの才能を見逃すはずがなかった。「カーティスは正統派スカウサーだ。人前でも臆さずに自分の意見を表明する。眉を吊り上げる人もいるようなことを、ずばっと言うこともある。ただ、チーム内のルールを尊重していることは確かだし、その上で自分に自信を持っているのは良いことだ」と、クロップが言ったのは、2018年夏のことだった。

    そして、プレミアリーグでファースト・チームのベンチに入り、カップ戦で主力として頭角を現し始めた今季、クロップは語った。「私はカーティスを3年半見ている。彼は良い方向に向かっているし、大きなステップを踏んだ。このまま進めば、間違いなくLiverpoolの戦力になるだろう」。

    ファンの間では、ジョーンズについて「アンダー18チーム監督時代のジェラードと、当時のクロップの言葉を総合すると、素質は間違いないが態度に関しては要注意だったように感じる」と、小声で交わされることがあった。それが今は、「その点も含めて成長した成果が、今出ているのだろう」という純粋な期待に変わった。

    「ファースト・チームのレギュラーに2人目のスカウサーが誕生する日も近い」と、ファンは笑顔を浮かべた。

    サー・ボブの銅像

    1月30日、アンフィールドにボブ・ペイズリーの銅像が登場した。コップ・スタンドの背後にあるクラブ・ショップ前の「ペイズリー・スクエア」に建てられたもので、銅像を手掛けた彫刻家を始め、クラブの関係者が極秘情報として入念に扱い、数週間にわたる準備期間を経て、お披露目の日に青天のへきれきのごとく発表された。

    その銅像は、LiverpoolFCのクラブ史上に残る有名なシーンの写真集の中でも最も顕著と言われている、ペイズリーがフィジオとして働いていた時期の1968年に、試合中に負傷した、後に名主将となるエムリン・ヒューズを、ペイズリーが背負って歩く場面を素材としたものだった。

    「選手(1939–1954)、コーチ(1955-1974)、そして監督(1974–1983)として通算44年間をクラブに捧げたボブ・ペイズリーは、ビル・シャンクリーが築いた有名な『ブート・ルーム』の一員で、シャンクリーの右腕だった。シャンクリーの引退後に監督を引き継いだペイズリーは、9年間の在任中にリーグ優勝6回を含む合計20の優勝杯をもたらし、クラブ史上最も成功を収めた監督となった。しかし、CL優勝3回でイングランド随一の業績が政府から無視され、ナイトが授与されなかったことを疑問視するファンの間で、『サー・ボブ』のニックネームが定着するに至った」と、地元紙リバプール・エコーがサー・ボブの銅像の報道記事を掲げた。

    「1983年に引退し、13年後に亡くなったペイズリーは、根っから控えめな人で、スポットライトを浴びることを徹底的に嫌ったことから、監督就任を引き受けるまでにクラブと家族の説得が必要だった、とは有名な話だった。エムリン・ヒューズを背負う銅像は、まさにペイズリーという人を象徴するものだった」。

    bob.jpgサー・ボブの銅像は、ファンの熱烈な歓迎を引き出した。中でも、ペイズリー時代を生で見てきたベテラン・ファンは、目を潤ませながら語った。

    「サー・ボブの銅像のシーン候補は吐いて捨てるほどあった。オーバーコートを着てヨーロピアン・カップを掲揚する写真とか。その中で、最もサー・ボブの人柄を偲ぶにふさわしい場面が採用された」と、あるファンは感激に震えながら言った。

    「シャンクリー像と並んで、アンフィールドに銅像が建てられるべき人物と言えばサー・ボブ以外にはあり得ない、とは誰もが一致すると思う。でも、脚光を浴びるのを嫌がったサー・ボブは何と言うかわからないが」と、別のファンが感涙にむせりながらジョークを言った。

    「サー・ボブの銅像に、クレイジ-・ホース(※エムリン・ヒューズのニックネーム)が一緒にいることは、まさにこのクラブの信念を象徴している。汗を流し、血を流し、痛みを受けながら、決意を持ってクラブのために捧げた人たちだ」と、別のファンが感慨深げに語った。

    「僕が子供の頃にLiverpoolの監督だったサー・ボブは、僕にとっては『監督としてあるべき姿』そのものだった。今風の、毒々しい言葉の応酬やマインドゲーム、遠回しにレフリーにプレッシャーをかけるという姑息な手段とは一線を画した人だった。常に誠実で、相手に敬意を表し、そのままの姿で臨んだ真のジェントルマンだった」と、自らのサー・ボブの思い出を語ったファンがいた。

    「このビッグ・ニュースを、ここまで漏洩を防いだクラブは素晴らしい」と、あるファンが笑顔を浮かべた。「実はつい昨日、歴史を知らない全国メディアが『ユルゲン・クロップの銅像を建てるべき』というのを聞いて、思わず舌打ちしたばかりだった。サー・ボブですらまだ銅像がないのに!と。なんというタイミングだと脱帽した」。

    「シャンクリー像とペイズリー像はどちらも、この偉大な2監督のクラブとのかかわり方を見事に表現している。リバプール市の人々とこのクラブを両手を広げて受け止めたシャンクリーと、選手を背負ってこのクラブに尽くしたペイズリー」と、多くのファンが異口同音に語った。

    「30年後にユルゲン・クロップの銅像が建てられるとして、どの場面がふさわしいだろう?」と言うファンのつぶやきに、誰かが答えた。「クロップがヘンドをハグしているところ」。

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR