FC2ブログ

    VARに救われた?

    11月23日のセルハーストパークで、Liverpoolはまたも試合終幕85分の決勝ゴールで2-1と勝った。この2-1という僅差の勝利は、今季6回目だった。そして、世間の話題は、42分のパレスの「ゴール」が、直前のプレイでパレスがデヤン・ロブレンに対してファウルがあったとして無効になったVARの判定に集中した。前週のマンチェスターシティ戦(試合結果は3-1でLiverpoolの勝利)で、先制ゴールの前にハンドボール&PKに見えた怪しい場面が、VARにより却下されたという件があっただけに、全国メディアやライバル・チームのファンの間で大騒ぎになった。

    「LiverpoolはまたもVARに救われた!」という見出しが飛び交った。他チームのファンは、「Liverpoolはメディアのダーリンだが、FAもLiverpoolに30年ぶりのリーグ優勝を達成してもらうために、VARを駆使しているように見える」と、皮肉な声を上げた。

    それら騒音を背に、Liverpoolファンは、「今季、唯一ポイントを落としたマンチェスターユナイテッド戦(試合結果は1-1)は、VARの誤判定による失点だったことなど、我々が犠牲になった事例を世の中は忘れているらしい」と苦笑した。

    それでも止まらない世間の非難に辟易しつつ、「幸いなことに、この週末のプレミアリーグの目玉はジョゼ・モウリーニョに集まっているので、我々に対する嫌味の声もすぐに収まるだろう」と、Liverpoolファンはニヤッと笑った。

    その通り、翌日のヘッドラインを独占したのは、ウエストハムに3-2と勝ってトットナム監督としての初戦を飾ったモウリーニョだった。

    「昨年12月にマンチェスターユナイテッドをクビになって以来、1年足らずぶりでプレミアリーグの監督として復帰したモウリーニョは、『自分が最も望むところに戻ってこれた』と、さわやかな笑顔を浮かべた」と、BBCを始め多くの全国メディアは好意的な記事を掲げた。

    いっぽうで、マンチェスターユナイテッドの地元紙マンチェスター・イブニング・ニュースは辛辣だった。「ユナイテッド監督だった時に、フットボールに対する情熱を失った。その時に感じていたストレスが周囲に悪影響を及ぼしたのだろうと思っている。今は幸いなことに、再びフットボールに対する情熱を抱くようになった」というモウリーニョの言葉を引用し、「ユナイテッドの上位スタッフが激怒している。モウリーニョは、飛ぶ鳥跡を濁さない、という言葉を知らないようだ」と、同紙は畳みかけた。

    それは、モウリーニョがトットナムのアカデミーチームを高く評価するコメントを出した時に、「私はこれまで、若手育成とは逆の方針を貫いてきた?そんなことはない。それは私の方針が変わったのではなく、クラブが変わった。私がマンチェスターユナイテッド監督に就任した時、ユナイテッドのアカデミーチームは降格した。つまり、そのレベルの才能しかなかったということだ」と、ユナイテッドの若手をぼろくそに言ったことを指していた。

    マンチェスターユナイテッドのクラブや地元紙から総すかんを食らったモウリーニョに対して、ユナイテッド・ファンの意見は二分していた。昨年12月に、宿敵Liverpoolに3-1と惨敗を食らった直後にクビになったモウリーニョを、少なくないファンが、特に地元の、いわゆる「試合に行くファン」の多数派は支持し続けたのだった。それらファンの言い分は、「実績のある監督も含めて、様々なバックグラウンドを持つ4人の監督がいずれも失敗している理由は、この低迷の原因は監督や選手を取り換えただけでは解決しない、根の深い問題だから」というものだった。

    オーナーのグレイザー・ファミリーは、2005年に£790mの借金をしてクラブを買収し、その借金返済のために、合計£809mのクラブの収益金を償却した。現在でも、その借金の利息だけで週£450,000をクラブが負担しているという。戦力補強などフットボール面を仕切る、専門のディレクターがいないのはビッグ・クラブの中でマンチェスターユナイテッドだけだった。チェアマンのエド・ウッドワードは、有力スポンサー獲得など財政面のスペシャリストで、フットボールの専門家ではない。

    「収益が上がれば左うちわ、勝てるチームにする野望が全くない経営陣の下では、誰が来ても結末は同じ。クラブの体質を変えない限りはチームの将来はない」と、ユナイテッド・ファンは頭を抱えた。

    折しも、ユルゲン・クロップがマンチェスターユナイテッド監督の話を断ったいきさつが、インターナショナル・ウィーク中に再び話題に上ったところだった。ユナイテッドから話が来た時に、奥さんが「このクラブは、あなたには合わない」と反対したという。そして、2015年10月にLiverpoolから誘われたた時に、「このクラブは、この上ない程にしっくり来る」と、OKを出したのもクロップ夫人だった。

    その賢人の言葉がいかに正解だったが、Liverpoolファンは誰もがかみしめていた。「VARに救われた、とは言いがかり。でも、運に恵まれているという指摘は否定できない。なにしろ我々は、クロップが監督でいてくれているという最高の運に恵まれているのだから」。


    ヨーロピアン・チャンピオンの代償

    11月11日に皮切りしたインターナショナル・ウィークは、月曜日のランチタイムに、イングランド代表チームの合宿所の食堂で発生した、ラヒーム・スターリングがジョー・ゴメスに襲い掛かった事件の話題で埋め尽くされた。事件発生から数時間後に、スターリングを木曜日のモンテネグロ戦(試合結果は7-0でイングランドが勝ち、ユーロ2020本大会出場決定)から外すという処分が発表された。

    スターリングは、ここ数年イングランド代表チームでは重要な戦力になっていたことに加えて、人種差別事件に対して毅然とした態度を取るなど、モラル面でもリーダー的な存在だっただけに、今回の事件はイングランド中に大きな衝撃となった。少なくないアナリストが、「内部で起こった事件だから公表すべきではなかった」と、FAおよびガレス・サウスゲートの判断を批判した。

    「あの事件は、代表チームの選手やコーチ、大勢のスタッフがいる前で起こったため、隠ぺいして『内部で処理する』ことは不可能だった」と、翌日のテレグラフ紙が報道した。サウスゲートが代表監督に就任して、最初に施した改革の一つが、「代表チーム内ではクラブ間の部族意識を取り払い、チームメートを尊重すること」だった。そのため、代表チーム入りした時には、スタッフも含め全員と握手して挨拶することが奨励された。

    「ゴメスはその慣習に従い、スターリングに握手を求めた。スターリングが座っていたため、かがんで手を差し出した。すると、スターリングはいきなりゴメスの首を押さえつけた。最初は、周囲の人々はスターリングがジョークでふざけたのだろうと思った」と、同紙は続けた。事態に気づいて、数人の選手が止めに入った。ゴメスの目の下の傷は、その時に負ったらしいという。

    「仲介役として、ジョーダン・ヘンダーソンが抜擢された。ゴメスのクラブ主将であり、スターリングとは元チームメートであり親しい仲という立場上、ヘンダーソンが最適任者だった。ヘンダーソンは出場停止のためその日は代表チーム入りしていなかったが、すぐに電話で二人と会話し、自ら駆け付けて二人と面談した。渋るゴメスを説き伏せて、和解を言い出す役を仰せ付けた。スターリングは、その時点では自分のやったことを後悔し、反省モードだった」。

    そしてサウスゲートは、リーダー選手4人(ヘンダーソン、主将のハリー・ケイン、ファビアン・デルフ、ハリー・マグアイア)とミーティングを行い、スターリングに処分を科して事件に幕を下ろすことになった。

    しかし、世間は事件を大きくした。モンテネグロ戦で70分にサブで出場したゴメスに対して、スタンドのイングランド代表チームの「ファン」は大音量のブーイングを浴びせたのだった。

    「怒りで目が真っ暗になったが、驚きではなかった」と、Liverpoolファンは、イングランド代表チームの「ファン」に対する批判を表明した。

    メディアは、ブーイングした「ファン」に対しておざなりに批判したものの、生放送中に電話してきたファンが、自慢げな口調で、「ゴメスはLiverpoolの選手だからブーイングした」と言った時には、まるで面白いジョークを聞いたとばかりに笑う人すらいた。

    「ゴメスは、Liverpoolに戻ってきた時に、本物のホームに帰ってきたとホッとするに違いない。今回のことで、我々ファンはゴメスへの声援をより高める決意が強まった」と、Liverpoolファンは真顔で語り合った。そして、「今回の事件で、ヘンドが真の主将だということが再確認された」と、誰からともなく声が上がった。

    「突発的で困難な事態で、頼れる存在として視線が向かうのはそれだけの理由があるから。そもそも、スターリングがゴメスに対して腹に一物持ったきっかけは、前日の試合で二人がにらみ合った場面だと思う(試合結果は3-1でLiverpoolの勝利)。それは、ヘンドが交代して右サイドのカバーが薄くなった後で、スターリングの動きが活発化した。ヘンドの重要性はピッチの上でも明らかだった」。

    Liverpoolファンの意見を裏付けたのは、元マンチェスターシティのマイカ・リチャーズだった。イングランド代表チームのユーロ予選が終わった後のハイライト番組で、「今のイングランド代表チームで、ワールドクラスと言える選手は、ハリー・ケインとジョーダン・ヘンダーソンだけ」と、リチャーズは強調した。

    「ヘンダーソンは、ピッチ外でのリーダーシップは誰もが認めるところだが、ピッチ上でも同じだ。以前はヘンダーソンのことを批判する人は少なくなかった。でも、彼はここ3-4年間ずっと安定して高いレベルのプレイを維持している。そして、今やヨーロピアン・チャンピオンだ」。

    折しもスコットランドでは、元代表選手のケビン・ギャラハーが、「今の選手たちは、母国代表チームでプレイすることを重要だと思っていない」と、批判を唱えたところだった。「プレミアリーグやCLで実績のある選手が代表チームにいるはずなのに、それら選手たちは、代表チームで試合に出て負傷を負えばクラブに打撃を与えるから、と消極的になっている。代表チームを外れるか、試合に出ても『負傷しないように』と手を抜く」。

    具体的に名は上げなかったものの、アンディ・ロバートソンが負傷のためスコットランド代表チームから外れた直後に出たことからも、矛先は明らかだった。

    かくして、Liverpoolの選手たちが代表チームで失意を受ける場面に直面して、Liverpoolファンは冷静に頷き合った。「我々が強いから、風当たり激しくなるのだ。これはヨーロピアン・チャンピオンの代償。もっと勝ち続けて、ブーイングも批判も疲れ果てたと言わせてやろう」。


    マンチェスター対マージーサイドのライバル意識

    2016年末に、マンチェスター市長選にアンディ・バーナムが出馬を決めたことで、「スカウサーが市長になる?」と、マンチェスター市内は蜂の巣をつついたような騒ぎになった。リバプール市出身のエバトン・ファンで、労働党の国会議員だったバーナムは、ヒルズバラ悲劇の最判実現に大きな役割を果たした人だった。

    さっそく地元紙マンチェスター・イブニング・ニュースが、「マンチェスター対マージーサイドの伝統的ライバル意識」という記事を掲げた。「わずか35マイルの距離にある両都市は、通算45年間に渡ってイングランドのフットボール界をほぼ独占した二大クラブが、その都市間競争を代表してきた」と書いたのは、シティ担当記者だった。

    マンチェスター対マージーサイドのライバル意識は、19世紀の産業革命に端を発した、と同記事は続けた。マンチェスター市の工場で生産された綿織物が、リバプール市の港を拠点として世界に広がる中で、「物流コストが高すぎる」ことに不満を抱いたマンチェスター市は、独自の搬送ルートを作るべく運河を建造したが、失敗に終わった。「我々が工場で手を汚して作った綿織物を、運ぶだけで莫大な費用を要求するスカウサーは、怠け者」という反感が、マンチェスター市民に根付いたという。

    「リバプール市が連続で国内最悪の失業率を記録し始めた1980年代に、アンチLiverpoolの替え歌として、ユナイテッド・ファンの間で『サイン・オン(※You'll Never Walk Aloneのメロディで失業ネタの歌詞)』が定番になったことは有名な話だが、両都市間のライバル意識はもっと前から続いていた」。

    そのような混乱の中で、2017年5月、当選したバーナム市長は、就任の挨拶で「地元のクラブであるシティとユナイテッドを盛り上げたい。特にLiverpool戦は心から応援します」と言って、市民の笑いを引き出した。

    それから2年半が経過し、国内最悪の記録を抱えるホームレス問題への取り組みなど、バーナム市長の仕事を評価する声が、最初は「スカウサー」と顔をしかめていたユナイテッド・ファンの間でも上がるようになった。同時に、フットボール界でマンチェスター市の「対マージーサイドのライバル意識」を代表する顔が、ユナイテッドからシティへと移転した。

    「シティ・ファンの、Liverpoolに対するライバル意識はこの上なく高まっている」と、「スカウサーが市長になる?」記事を書いたマンチェスター・イブニング・ニュース紙の記者が語った。

    その最大の原因は、2018年4月のCL準々決勝で、アンフィールドでの試合前にリバプール・ファンがシティのチーム・バスに缶などを投げつけた事件だという(試合結果は3-0でLiverpoolの勝利)。けが人は出なかったものの、バスが故障するほどの衝撃で、シティのチーム一行に影響を与えたことは否定できなかった。更に、マージーサイド警察は容疑者を特定できず、逮捕者なしのまま捜査を打ち切ったことも、シティ側の不信感を強めていた。

    そんな中で、今回の11月10日のアンフィールドでのプレミアリーグ戦に先駆けて、シティのクラブからマージーサイド警察に対して「チーム・バスの安全を保障して欲しい」という要請が上がった。

    「あの事件は言語道断だった。しかし、その後で、昨季のアンフィールドでのリーグ戦(試合結果は0-0)では何も問題は起こらなかった」と、リバプール・エコー紙はトーンを下げて報道した。

    それに対して、ユルゲン・クロップは改めて謝罪を表明した。「あの事件は我々の側が起こしたものだった。そのせいで、シティの人たちが身の危険を感じているとしたら、我々が悪いのだから謝るのが当然だ。あのようなことは二度と起こしてはいけない」。

    ペップ・グアルディオーラも、リバプール・ファンへの敬意を表明した。「あのバス襲撃事件のことは、大嫌いだ。でも、私はアンフィールドのファンの大声援は素晴らしいと思っている」。

    グアルディオーラの言葉は、単なるけん制ではなかった。バルセロナが昨季のCL準決勝で4-0と逆転を食らった試合について、母国スペインのメディアで「アンフィールドのファンの大声援」を称賛するコメントを出していたことからも明らかだった。

    「アンフィールドのファンの大声援は、両チームの直接対決に際して影響を与えると思うか?」という質問に、マンチェスター・イブニング・ニュース紙の記者は即答した。「重要な影響を与えると思う。昨季のエティハド・スタジアムで、シティがLiverpoolに2-1と勝った試合でも、シティ・ファンの大声援が大きな要因だった」。

    その通り、試合は3-1でLiverpoolが勝利を収めた。

    「マンチェスターとマージーサイドは、どちらも失業やホームレスなど深刻な社会問題を抱えている産業都市で、伝統的に労働党の地盤という両市民が、社会的バックグラウンドが酷似しているからこそ、ライバル意識が高まる。この両者が、高いレベルのフットボールを競うという、本来のライバル意識に集中できるようになって欲しいと願っている」。

    ガソリンが切れたフェラーリはいただけない

    11月2日のビラ・パークで、Liverpoolは前半に先制されながら94分のゴールで2-1と逆転勝ちを収めた。2019-18季から通算で、Liverpoolが90分以降に決勝ゴールを決めたのはこれが6回目、しかも僅か3日前にリーグ・カップ4回戦で94分の同点ゴールでアーセナルに5-5、PK戦5-4で勝ち抜いていたばかりのことだった。全国メディアは一斉に、「絶対に負けを受け入れない、メンタリティ・モンスター」と、昨季のユルゲン・クロップの表現を引用して、Liverpoolの精神力を絶賛した。

    いっぽうで、不本意な失点を与えてしまった前半には、「Liverpoolの選手たちの間で口論が飛び交った」という証言がビラのジョン・マッギンから出たのと並行して、クロップも、「前半のわが選手たちのボディ・ランゲージは良くなかった」と、反省点を指摘した。

    「しかし、トレント(アレクサンダー・アーノルド)は勝ちを目指して走り続け、チャンスを作り続けた。それが試合を変えた」と、クロップは、マン・オブ・ザ・マッチの活躍を見せたトレントを誉めた。

    折しも、これはトレントのLiverpoolでの通算100試合目だった。2016年10月にリーグ・カップのトットナム戦(試合結果は2-1でトットナムの勝利)でファーストチーム・デビューを飾り、3か月後にオールド・トラッフォードでプレミアリーグ・デビュー(試合結果は1-1)を記録したトレントは、21歳と4週間という若さでマイルストーンに到達したのだった。

    それは、短期間で多くの業績を積み上げたトレントにとって、新たなステップだった。

    つい先日、10月16日には昨季のプレミアリーグ記録(ディフェンダーとしての最多アシスト12)がギネス・ブック入りし、その5日後にはバロンドールの候補者リスト30人の一人となった。

    元はミッドフィールダーで、Liverpoolのユースチームでフルバックに転向した経歴も手伝って、トレントを「マンチェスターシティのケビン・デ・ブルイネのようなミッドフィールダーに」という説が、元Liverpoolのアナリストやファンの間で、頻繁に飛び交っていた。

    「ファーストチームで出場できるチャンスを得るために、フルバックに進んだ。守りの面では慣れないことが多くて苦戦したが、試合に出たいという意欲が強かったので頑張れた」と、トレントは振り返った。少年時代には、憧れのスティーブン・ジェラードを真似てパスの練習に励んだトレントは、その頃からの積み重ねが実って、今や「フルバックのチャンス・メイカー」として正式に評価を得るに至った。

    次々に到来する報酬に直面し、トレントは、「これをきっかけに、フルバックを目指す少年たちが増えてくれることを願っている」と語った。

    そのトレントを、Liverpoolのアンダー16チーム主将に抜擢し、ファーストチームへと導いた当時アンダー16監督(現ファーストチームのアシスタント)のペップ・リンデルスは、「ガソリンが切れたフェラーリはいただけない。そして、トレントは常に満タンの燃料を積んで突き進んでいる」と、トレントの100出場の誇りを語った。

    「私は15歳の頃のトレントを見て、凄い選手になる潜在能力を感じた。トレーニング中の目は、近い将来にトレントが『新たな攻撃的フルバック』のベンチマークになる、と確信させるものがあった」。

    かくして、リンデルスに見込まれてユース・チームの主将から育ってきたトレントは、ファーストチームでの100試合に際して、自らの将来の目標を改めて表明した。「Liverpoolの主将となること。それは今も変わっていない」。

    メルウッドは目と鼻の先という自宅で育ったトレントは、熱烈なファンであり、唯一のクラブであるLiverpoolの選手としての責任を、深く自覚するに至ったエピソードを明かした。それは、トレントが2年連続CL決勝でスタートした最年少記録を作り、同時にCL優勝選手となった夏のことだった。

    「夏休みのある日、街中に行った時にふとLiverpoolのシャツを着た10歳くらいの少年を見かけた。ちょっと距離があったので、特に何もせずにぼんやり見ていたら、その少年が後ろを振り向いた。なんと、背番号66のシャツだった。アレクサンダー・アーノルド、という名入りの」

    「あの時のことは永遠に忘れないと思う」と、トレントは目を潤ませた。「僕はそれまでに、夢のようなことをたくさん実現していた。アンフィールドで試合に出られたし、本物のスティーブン・ジェラードと会ったし、と。でも、あの66番のシャツを着た少年の姿は僕にとっては最も感動的な出来事だった」。

    「言葉では表現できない。でも、66番のシャツを着ている全ての人々、Liverpoolのシャツを着ている全ての人々に対して、僕は恩返しする責任を背負っているのだと、改めて認識した」。


    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR