FC2ブログ

    去って行った選手たち

    6月21日、フェルナンド・トーレスの引退声明がLiverpoolファンの間でも話題となった。トーレスが2011年1月の期限日ぎりぎりに移籍リクエストを出し、ライバルのチェルシーへと去って行ったことで、ファンに衝撃を与えたことは周知の通りだった。その後、トーレスが悪名高き前オーナーが残した負の遺産の犠牲になったこと、具体的には、W杯前の微妙な時期に負傷状況を偽られたなど、クラブに対する不信感を募らせたことがきっかけだったと判明し、ファンの反感は鎮静化した。さらに、トーレス本人が、折に付けLiverpoolへの愛情を表現したこともあり、ファンの反応はほぼ正常化していた。

    「Liverpool時代(2007–2011)の、特に最初の2年間のトーレスは、ワールドクラスのストライカーだった。振り返ると、本人のキャリアのピークをLiverpoolで過ごしたことになる。ファンとしては、数えきれない程の思い出を残してくれたトーレスに心から感謝したい」と、Liverpoolファンは、異口同音に引退するトーレスへのメッセージを捧げた。

    折しも、そのトーレスと入れ替えで入ってきて、3年半後に去っていったルイス・スアレスが、ESPNが選出した「スポーツ界の悪者」ランキングで首位を取ったニュースが伝わったばかりのことだった。2位はジョーイ・バートン、3位はマイク・タイソン、4位はジョゼ・モウリーニョ、5位はディエゴ・コスタと、そうそうたるランキングだった。

    「スアレスが、プレミアリーグの他チームのファンから総すかんを受けていたことは否定できない」と、Liverpoolファンは苦笑を浮かべた。「Liverpoolの選手だった時には(2011–2014)、そのワールドクラスのプレイを堪能させてもらったが、同時に、在籍中にクラブの名誉を傷つけるような大きな問題を、重ねて起こしたことも事実(※)」。
    ※2013年夏に、CL出場を求めてアーセナルへの移籍をごり押ししようとしたこと、その準備として噛みつき事件を起こしたこと。2011年のマンチェスターユナイテッド戦で、相手パトリス・エブラに対して人種差別的言葉を発して処分されたこと。2014年W杯で噛みつき事件を起こし、バルセロナへの移籍をごり押ししたこと。

    「スアレスが、試合に勝つためなら手段を択ばないことは知っていた。でも、過去の経緯を考えると、CL準決勝では、Liverpoolに対してもう少し敬意を示すことを期待していた」と、ファンは肩をすくめた。

    それは、5月1日のカンプノウでの1戦目の前に、「息子はマージーサイド生まれだし、僕にとってLiverpoolは特別なクラブ」と言った、その唇が渇かないうちに、試合では「勝つためなら手段を択ばない」本能を出していた。スアレスの執拗な「ダイブ」に一言付けたアンディ・ロバートソンに対して、ハーフタイムにトンネルの中で暴言を吐いた場面が、BTスポーツのカメラに映った。更に、3点目が決まった時に、スアレスがロバートソンを上から見下ろして、挑発的な笑いを浴びせた姿も、ファンの目に止まった。

    スアレスの「勝つためなら手段を択ばない」行動は、6日後のアンフィールドでも続行した。コップの目の前で、後ろにいたロバートソンを蹴り上げ、それが原因でロバートソンは傷の手当てが必要となった時、ファンの堪忍袋の緒が切れた。「F***Off(この野郎、という感じの叫び)、スアレス」のチャントがコップ・スタンドから沸き起こった。

    「スアレスは、Liverpoolファンとの感情的なつながりを完全に焼き落とした」と、リバプール・エコー紙は指摘した。

    それから5週間以上経った6月15日に、コパ・アメリカを控えてスアレスが、アンフィールドでの大逆転CL敗退(試合結果は4-0、通算4-3でLiverpoolが勝ち抜き)を「人生最悪の出来事」と告白した。「姿をくらませたかった。子供を学校に送って行くのも気が引けた」。前季にもローマに似たような大逆転を食らった後で、同じことが起こるとは思わなかった?との質問に、スアレスは首を横に振った。「我々はバルセロナだから、そんなことには絶対にならないと自信があった」。

    その言葉を引用したリバプール・エコー紙は痛烈だった。「スアレスは、アンフィールドのマジックを知らないはずはなかった。バルセロナだから、と名前にあぐらをかいて、舐めてかかったのが敗因」。

    Liverpoolファンは、地元紙の記事に頷きながら、「スアレスはアンフィールドのヨーロピアン・ナイトを経験しなかったから、予測できなかったのは仕方ない」とつぶやいた。「トーレスはCLで活躍した思い出を作ったがトロフィーには縁がなかった。スアレスはリーグカップ優勝(2012年)があったがCLには出られなかった。ワールドクラスの選手が野心を実現するプラットフォームではなかったことは確かだ」。

    通算6回目のCL(ヨーロピアン・カップ)優勝祝いの宴の後で、ユルゲン・クロップが言った、「6月1日のマドリードは我々にとって最終節ではない。次の章のイントロを書き始めたところだ」という言葉に胸を熱くしながら、ファンは語り合った。

    「去っていった選手たちが過去の記憶に収まった後で、今のLiverpoolは新たなチャプターに進んだ」。

    その名はフィルジル・ファン・ダイク

    3月のインターナショナル・ウィーク中に、スペインとの対戦を控えていたノルウェー代表のジョシュア・キングが、ワールドクラスのディフェンダーと定評あるセルヒオ・ラモスとの対決について、「心配など感じない。もっと凄い強敵を知っているから」と、冷静に言った(試合結果は2-1でスペインの勝利)。プレミアリーグ通のジャーナリストから、「それは、Liverpoolのフィルジル・ファン・ダイクのことですか?」と質問されて、ボーンマスのエース・ストライカーであるキングは頷いた。「僕が避けたいと思うセンターバックは彼一人だけ。彼は僕がこれまでに対戦した中で最強のベスト・ディフェンダー」。

    ファン・ダイクを「避けたがる」ストライカーはキングだけではなかった。ワトフォードのトロイ・ディーニーは、持ち前のユーモア・センスで、「僕はファン・ダイクが大嫌い!」と笑った。「彼はストライカーにとって悪夢のようなディフェンダー。背が高過ぎるし、強過ぎるし、ボール・テクニックも凄過ぎるし、闘志が強過ぎるから、到底かなわない。しかもスピードもある。シャツの上からオーデコロンを吹きかけて試合に出るような選手で、おっいい匂いだと思った瞬間に、僕は追い抜かれて間抜け役をやらされている」。

    プレミアリーグのストライカーたちが次々に発する「ファン・ダイク嫌い」宣言を、地元紙リバプール・エコーは誇らしげに引用しながら、ファン・ダイクがLiverpoolのディフェンスにもたらした効果を数字で表現した。2018年1月にファン・ダイクが入ってくる前には、23試合で28失点とザルのような守りが目立ったLiverpoolは、ファン・ダイクが来てからというもの、2018-19季までの通算で52試合32失点と、失点ランキング首位に立った。

    実際に、ファン・ダイクに対する高い評価は、イングランドのフットボール界では既成事実化していた。例えば、EL決勝戦でチェルシーに4-1とぼろ負けしたアーセナルに対して、「1-0アーセナル」の異名をとった名ディフェンダーであるリー・ディクソン(アーセナル在籍は1988–2002)は、「今のアーセナルは、たとえフィルジル・ファン・ダイクが来ても修復不可能なくらいにひどい」と叫んだ。いっぽうで、ファンが良いプレイをしたディフェンダーを誉める時に、「今日のクリス・スモーリングなら、ファン・ダイクの隣に入っても恥ずかしくないだろう」などと言うようになった。

    ところが、そのファン・ダイクが、6月7日のネーションズ・リーグ準優勝の試合中に、対戦相手のイングランドの「ファン」から集中的なブーイングを受けたことで、イングランドのメディアやアナリスト、良心的なファンの間で物議をかもした(試合結果はオランダが3-1で勝利)。

    「PFA最優秀選手に輝き、CL優勝を達成し、ピッチ内外で広く尊敬されているファン・ダイクに対して、いったい何の目的でブーイングをするのか?」と、BBCのジャーナリストが強い文面で批判を唱えた。「ファン・ダイクが私生活で赤十字を熱心にサポートし、クリスマスに120人の病気に苦しむ子供たちをアンフィールドに招待するなど、人目に付かないところでチャリティに従事していることを、これらブーイング軍団は知っているのだろうか?」

    Liverpoolファンは、「こういう奴らがいるから、スカウサーはイングランド人ではない、という態度に固執したくなるのだ」と、怒りに震えながらBBCの批判に深く同意した。

    同時に、オランダのファンが、ファン・ダイクの歌を歌ってそれらブーイングに対抗した様子は、Liverpoolファンの心を温めた。2018年10月29日のカーディフ戦(試合結果は4-1でLiverpoolの勝利)で開始し、以来Liverpoolファンの定番になった歌だった。

    「ファン・ダイクが来る前は、コーナーを与える度に爪を噛んでいたが、ファン・ダイクが来てからは安心して見ていられるようになった」と、Liverpoolファンは笑顔で語り合った。ダーティ・オールド・タウンのメロディーに、「わがチームのセンターハーフ わがチームのNo.4 彼の守りを見て、彼の得点も見る 冷静にパスを出す その名はフィルジル・ファン・ダイク」という詞を乗せたその歌は、文字通り、Liverpoolがコーナーを得る度にスタンドから合唱が出るようになった。

    そして、イングランド代表ファンのブーイング騒動がひと段落した6月14日に、ファン・ダイクがLiverpoolファンへの心のこもったメッセージを出した。

    「僕がLiverpoolに来たかった理由の一つは、熱心で素晴らしいファンがいたから。真のファンという人々がいたから。このクラブに捧げている人々は、何があってもチームをサポートしてくれる。勝敗に関わらず常に応援してくれるファンがいるから、我々選手たちはもっと頑張ろうという勇気が湧きます。そして、我々選手はチームとして団結して一緒に目標を達成すべく前進し続けます。僕は、このような選手たちと共に、このファンのために働けることを光栄に感じています」

    「4-0で勝つ」自信の根拠

    5月7日、Liverpoolがカンプノウでの3-0の負債を背負ってCL準決勝2戦目を迎えていた試合前に、マンチェスター・イブニング・ニュース紙がイルカイ・ギュンドアンの、「Liverpoolが勝ち抜くチャンスは十分にあると思う」という予測を掲載した。

    「理由はうまく説明できないが、Liverpoolが4-0で勝つ場面が目に浮かぶような気がしている。アンフィールドだし、ユルゲン・クロップがどんな風に選手に意欲を注ぐ監督かを考えると、そして、そのクロップの言葉を忠実に実現できる選手たちだから。僕の感触では、Liverpoolは、バルセロナ程の強豪でも叩き潰せるチームだと思う」。

    そのギュンドアンの予測が的中した試合の後で、Liverpoolの選手たちは異口同音に、「世間は我々の敗退を決め着けていたが、チーム内の全員が4-0で勝つ自信を持っていた」と語った。

    イングランドの全国紙は、いつも通りの一貫性のなさで、非難に聞こえる程に悲観的だった事前予測から一変して、劇的な大逆転勝利を収めたLiverpoolを絶賛した。

    そして、対戦相手が同じくイングランドの、しかもCL決勝初出場のトットナムと決まった後は、再び手のひらを返してLiverpoolに対するプレッシャー攻撃を開始した。「今季プレミアリーグで、Liverpoolはトットナムより26ポイント差を付け、しかも直接対決で2勝と圧倒的に有利」と決めつけた。

    同時に、多くのメディアがLiverpoolの不利な要素をこぞって書き立てた。「対戦相手を良く知っているという点ではイーブン。決勝進出そのものが立派な業績というトットナムの方がプレッシャーが少ない分、有利」という指摘に並行して、クロップの近年の決勝戦績が議題に上った。

    「クロップは、ドルトムント時代から通算で決勝戦で6連敗中(※)。そのネガティブな記録をストップすることが出来るか?」。
    ※2012年のドイツ・カップ優勝の後、2013年CL、2014年ドイツ・カップ、2015年ドイツ・カップ、Liverpoolでは2016年リーグ・カップ、2016年EL、2018年CLと6連続で決勝で敗れていた。

    メディアの雑音がピークに達した6月1日、Liverpoolはトットナムを2-0と敗ってCL優勝を達成した。「決勝戦6連敗」と書き続けたメディアが、90度転換してクロップ絶賛の速報を飛ばす中、Liverpoolのチーム一行は、スタンドの前に立ち、外部の騒音をシャットアウトする大声援を送り続けたファンと一緒にYou'll Never Walk Aloneを合唱した。

    そして、ファンとの祝勝がひとしきりした時に、おもむろに選手たちが走って行き、ピッチの中央に立っていたクロップを捕まえた。あっという間に選手全員が手分けしてクロップを担いでスタンド前に戻り、大歓声のファンの前でクロップを胴上げしたのだった。

    「選手全員が、監督にどれだけ恩を感じているかと思うと、胴上げは当然のことだった」と、控室に戻った後でジョー・ゴメスが語った。「僕は個人的に、辛い時に監督からどれだけ助けてもらったか、言葉に尽くせない。監督のお蔭でここまで来れた、とは過言でも何でもない。そして、そう感じているのは僕だけでなく、全員が同じ気持ちでいると思う」。

    試合後の記者会見で、いつもに増して明るい笑顔を浮かべていたクロップに、あるジャーナリストが、「あなたはいつも、負ければ監督である自分の責任、勝てば選手たちの業績、と言ってきました。今の気持ちはどうですか?」と質問した。それに対して、クロップはやや真剣な表情で語った。

    「これまでの夏休みは、決勝に負けた後だったので、家族にすまない思いをさせた。今年は家族に迷惑をかけることがないと思うと嬉しい」。

    無責任なメディアの「決勝戦6連敗」という非難を背に、身を張って選手を守ってきたクロップの言葉だった。

    ライバル・ファンは、「バルセロナに4-0と勝った瞬間に、LiverpoolはCL優勝杯に王手をかけたと覚悟した」とため息をついた。

    「ひとえに監督のお蔭」と、アンディ・ロバートソンは主張した。「カンプノウでの試合後の控室は暗かった。誰もがうなだれて沈み込んでいた。その時に監督が飛び込んできた。満面に笑みを浮かべて、飛び跳ねながら明るい声で叫んだ。『君たち、凄いぞ!たぶん、バルセロナは世界一。でも君たちはその世界一のチームを倒すことが出来るんだから!』と。その言葉が浸透するまでに一晩かかったが、でも、間違いなくそれが転機だった。マージーサイドに戻った時には、選手全員が『絶対に勝てる』と真剣に自信を抱いていた」。

    いみじくも、クロップに支えられた経験を持つギュンドアンが「4-0で勝つ」と唱えた、その根拠は同じところにあった。

    「クロップが来た時のLiverpoolは、リーグ10位、ELでは初戦2試合に引き分け、リーグカップでは4部のカーライルにPK戦で辛うじて勝つようなチームで、ファンは冷え切っていた。それから4年足らずでCL優勝まで引き上げてくれた。クロップの最大の業績は、クラブを団結させたこと」と、ファンは紅潮した。

    「クロップのお蔭で、今は、チームはもちろん、オーナーからファンまで全員が同じ方向に向いて進んでいると確信できるようになった」。

    CL優勝チームの主将

    2017年4月、スタジアム・オブ・ライトでサンダーランド対マンチェスターユナイテッドの試合(試合結果は3-0でマンチェスターユナイテッドの勝利)から帰途に着く途中、メイン・スタンド前で、出てくる選手たちを見ようとサンダーランド・ファンが群れを成していた。5-10歳くらいの多数の少年たちが、お父さんの背中に肩車をして、正門を食い入るように見つめていた。家族連れが目立つファン層で、地元の少年たちは、こうしてお父さんに連れられて、地元のチームの熱心なファンになって行くのだろうと、20年前のジョーダン・ヘンダーソンを見たような気がしたものだった。

    そして2019年6月1日、マドリードで、トットナムを2-0と破ってCL優勝を達成したヘンダーソンは、スタンドの前に立っていたお父さんの胸に顔をうずめ、子供のように泣きじゃくった。

    「息子が12歳の時、CL決勝戦を見にマンチェスターまで連れて行った。イタリアのチーム同士の決勝だった(※2003年、オールド・トラッフォードで、ACミランが延長の末0-0、PK戦3-2でユベントスを破って優勝)。試合前にCL曲が流れた時に、『お父さん、僕はCL決勝に出るからね』と、息子は目を輝かせて言った」と、2013年にがんと診断されながら、病気に勝って、とうとう息子が16年前の「約束」を果たした雄姿を見ることが出来たお父さんは、BTスポーツのマイクの前で目を拭った。「今の私は世界一幸せな人間」。

    この一連の様子を見ていたLiverpoolファンは、「ヘンドはCL優勝チームの主将として、正式にLiverpoolのレジェンドになった」と、目を潤ませながら叫んだ。

    「ヘンドがお父さんの胸の中で涙を流した姿は、ヘンドがこれまでどれほど重たい責任を担いできたか、この優勝がヘンドにとってどれほど重要な意味を持っていたかを物語っていた。長いこと不当な批判を受けながら、歯を食いしばって全力を注いできたヘンドは、文字通り『模範的なプロ』だし、Liverpoolはヘンドがいてくれて本当に良かったと感謝すべき」。

    ヘンダーソンが長年に渡って耐えてきた「不当な批判」とは、例に事欠かなかった。例えば、LiverpoolがプレミアリーグとCLで勝ち続けていた時に、「ヘンダーソンが優勝杯を掲揚する姿を想像すると、プレミアリーグとCLはここまで落ちぶれたかと憂いを感じる」と吐くライバル・ファンは後を絶たなかった。「フィル(コウチーニョ)は、Liverpoolに来た時にはスティーブン・ジェラードとルイス・スアレスがいた。でも今は、ヘンダーソンがチームメートだと思うと、逃げ出したくなる気持ちは理解できる」などと、「Liverpoolファン」と名乗る人物が言うことすらあった。

    それらは氷山の一角だった。

    そのような言いがかりを受けながら、黙々とチームのために働きいてきたヘンダーソンを、ユルゲン・クロップは真っ先に称えた。「不当な批判をしてきた人々に言いたい。ヘンドはCL優勝チームの主将だ」。

    「この選手たちは、燃料が尽きても戦い続けた選手たちだ」。

    そして、CL優勝チームの主将としてインタビューを受けたヘンダーソンは、クロップの影響を語った。「監督がいなかったら絶対に達成できなかった。監督が来て、控室にスペシャルな団結心を植え付けた。優勝は監督のおかげ。僕は、このクラブの一員としてスペシャルな栄誉を実現できたことを光栄に思っている」。

    「僕自身は、辛い時期もあったが常に全力を尽くしてきた。でも、僕個人はどうでも良いこと。僕が主将として優勝杯を掲げたことは重要ではない。重要なのはこのクラブ」。

    この試合の実況放送にアナリストとして出演していたバーンリー監督のショーン・ダイシュは、「ヘンダーソンが縁の下の力持ちとして働いたからこそ、Liverpoolは優勝を達成できた」と断言した。

    「CL決勝戦の試合内容はさておき、素晴らしいシーズンをCL優勝で締めくくったLiverpoolは、その栄誉を取るにふさわしいチームだった。そして、そのLiverpoolの中で最も重要な役割を果たしたのはヘンダーソンだった。クオリティの高いチームメートに囲まれていることをしっかり理解しているヘンダーソンは、そのクオリティを結び付ける接着剤のような働きをした」。

    かくして、Liverpoolのクラブ史上に刻まれている、エムリン・ヒューズ(1977年、1978年)、フィル・トンプソン(1981年)、グレアム・スーネス(1984年)、スティーブン・ジェラード(2005年)に続く5人目のCL優勝主将となったヘンダーソンに対して、Liverpoolファンは、「永遠に語り継がれるべき歴代名主将リスト入りした」と、誰もが真顔で頷いた。

    「このクラブのために、ヘンドが常に意欲と熱意を注いできたことは誰も否定できない。ジェラードの陰から抜け出したヘンドは、CL優勝チームの主将としてふさわしい人物であることは間違いない」。

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR