FC2ブログ

    エル・クラシコとリーグカップ決勝

    2月24日のマンチェスターユナイテッド対Liverpoolは、勝てば3ポイント差の首位に返り咲くLiverpoolと、監督交代以来絶好調のマンチェスターユナイテッドの対決と、事前の注目はいつも以上の盛況だった。同日にウェンブリー・スタジアムでは今季最初のトロフィーとなるリーグカップ決勝戦があったが、両地元紙は「カップ決勝より注目度が高い必勝のリーグ戦」と豪語した。

    2つのビッグ・マッチの地元紙であるマンチェスター・イブニング・ニュース紙(のユナイテッド・ページ)は、「シティ対チェルシーのカップ決勝よりも、イングランドのトップを争う二大名門クラブの直接対決の方が重要」と、隣人に対する当てつけも含んでいたのに対して、リバプール・エコー紙は表現を変えながらも全く同趣旨の記事を掲げた。「両クラブ合計でリーグ優勝38回という伝統だけでなく、文字通りグローバル・ファン・ベースを誇る二大名門クラブの対決は、地球の裏側のファンが、早朝1時のキックオフの試合に熱い声援を送るほどの世界的なビッグ・マッチ」。

    ダビド・デヘアが、「この対戦はイングランド版'エル・クラシコ'」と、母国スペインの注目戦の呼称を引用したとほぼ同時に、ユルゲン・クロップも「エル・クラシコ」と表現した。

    ふたを開けると、その2つのビッグ・マッチは、どちらも大差ない程に見どころの少ない試合内容で、どちらも無得点に終わった。

    ただ、PK戦4-3でマンチェスターシティが優勝したリーグカップ決勝戦では、ピッチ上の話題の乏しさとは対照的に、ヘッドラインを独占する事件が起こった。

    PK戦が見えてきた試合終幕、チェルシーのGKケパ・アリサバラガが足を痛めて手当てを受けた時に、交代必須と判断したマウリツィオ・サリが、控えのウィルフレード・カバジェロを投入しようとしたのに対して、アリサバラガが交代を拒んだのだった。怒って一時的にトンネルの中に走って行ったサリが、結局方針転換してアリサバラガ続投となった。TV観衆も含めて数百万人が注目する中で起こった事件だった。

    試合後に、サリが「行き違いのため発生した出来事」と説明したが、世間の驚愕は収まらなかった。「サリは火消しのために『行き違い』と言ったが、あの現場を見た人は真相に気付いている。監督が交代を命じたのに、選手がそれを拒否するような異常事態は前代未聞。アリサバラガは直ちにクビになるべき」と、アナリストが一斉に紛糾し、第三者のファンも同意した。「アリサバラガは言語道断だが、チェルシーの選手が誰もアリサバラガを引きずって交代させようとしなかったことも驚いた」。

    チェルシーがこのところリーグで6戦3敗、その中にはボーンマスに4-0、マンチェスターシティにリーグで6-0と大敗を喫する成績不振に苦しむ中で、サリのクビいかんが注目を集めていた。少なくないメディアが、リーグカップ決勝で勝つ以外に続投はないだろうと憶測を書き立てていた。

    「そんな時だから、サリはどうせクビになるだろうとばかりに監督の権威をないがしろにしたのでは?昨年夏に£71mの大金を叩いて獲得した世界一高いGKを、クラブがそう簡単にクビにするとは思えないから、プレイヤー・パワーを振り回したように見える」と、中立のファンは批判の声を高めた。

    Liverpoolファンも例外ではなかった。特に、9月のスタンフォードブリッジでの1-1の引き分けの試合後に、サリがユルゲン・クロップと肩を抱き合って笑顔で挨拶し、「プレミアリーグでは素晴らしい監督とたくさん出会ったが、中でもユルゲン・クロップが最も息が合う」と語った姿が好印象を植え付けていただけに、Liverpoolファンの間では、サリに対する憂慮の声が飛んでいた。

    「良いフットボールを推進し、人格者でもある伝統的なサリが、簡単に監督のクビを取り換えるクラブの体質に潰されないことを祈っている」。

    その試合で、サリはタッチラインでのクロップの言葉を明かした。「同点ゴールが出る前に、自分のチームが負けているというのにクロップは『素晴らしい試合だ』と言った。その通り、両チームが良いプレイをしたと思う。結果は引き分けだったが、私は試合内容に満足している」。

    さて今回のエル・クラシコの方は、試合後の監督同士の挨拶で、クロップはオーレ・グンナー・スールシャールに「ひどい試合だったね」と、対照的な感想を語った。

    前半にユナイテッドが負傷のため3人の交代枠を使い切り、後半は「負けない戦略」に徹した中で、ロベルト・フィルミーノを負傷で失ったLiverpoolは攻撃のテンポを立て直せずに終わった。

    「クロップの言葉通り、Liverpoolの攻撃陣は今季最悪とも言えるほど不発に終わった」と、リバプール・エコー紙は冷静だった。「その『ひどい試合』の後で、アウェイ・スタンドのファンが、チーム一行を盛大な拍手で見送ったのは、ファンはクロップが『ひどい試合』の原因を突き止めており、その対処を確実に施すことを確信しているから。残り11試合のカギは自分たちが握っている。監督と選手、そしてファンが、お互いに信頼し合って力を合わせることが必要だと知っているから」。


    音楽的センスを持つブラジル人GK

    2月14日のLFC TV特別番組で、地元マージーサイド出身で熱烈なLiverpoolファンのミュージシャン、ジェイミー・ウェブスターがアリソンと共演し、二人でギターの弾き語りをした姿が放映され、ファンの話題を独占した。「アレ・アレ・アレ」など、最近スタンドの定番となった歌の作者でもあるジェイミーは、「ボス・ナイト」というタイトルで地元のコンサート・ホールで定期的にギグを行い、昨年はユルゲン・クロップがギグに飛び入りした程の有名人Liverpoolファンだった。

    いっぽう、アリソンは、プリシーズン合宿での新戦力のお披露目会で、ギター片手に「ドント・ルックバック・イン・アンガー(オアシス)」を披露し、Liverpoolファンの間で「音楽的センスを持つ選手」として、即座に尊敬を集めたものだった。

    そして、シーズンが進むにつれ、ファンのアリソン人気はピッチ内のパフォーマンスの比重が圧倒的に高くなって行った。アリソンのGKとしての実績は、1月末時点でセーブ率77.27%(51/66)と、プレミアリーグはもちろん、ヨーロッパのトップ・5リーグで首位と、統計でも裏付けされていた。26試合を終えた時点でクリーンシート14と、プレミアリーグのゴールデン・グラブ賞ランキングも独走していた。

    2月9日のボーンマス戦(試合結果は3-0でLiverpoolの勝利)では、コップ・スタンドにアリソンのバナーが新登場したことも、ファンのアリソン人気を物語っていた。

    そのファンのアリソンに対する熱烈な支持は、決して片思いではなかったことが、ジェイミーとの共演で明らかになった。

    ジェイミーと一緒に「アレ・アレ・アレ」を歌った後で、アリソンは、「Liverpoolのチームはもの凄いクオリティに満ちている。でも、素晴らしいのは12人目の選手」と、笑顔を浮かべて語った。

    「昨年、僕はCL準決勝でアンフィールドを経験した。僕は通常、アウェイの試合で相手チームのファンからヤジられる方が反撃精神が沸いて、やりやすいとすら思っていた。でも、アンフィールドは違った。サポーターの大声援は、想像を超えていた。スタンドのファンが試合を変えたと思った。信じられないくらいにすごかった」。

    そのLiverpoolから移籍の話が来た時に、決断の要因の一つがファンだったとアリソンは続けた。「我々選手たちは、ファンから応援してもらえるチームになりたいと強く願っている。今のチームは、素晴らしい監督がいて、そして世界一ビッグなファンが付いていてくれる」。

    ユルゲン・クロップも、日頃からLiverpoolファンに対する感謝と称賛を口にするが、スタンドの歌が次々に新登場する「独創的な」側面について、特に感心を表明したことがあった。昨季、フロント3がヨーロッパ中に名をとどろかせ、スタンドではモー・サラーとサディオ・マネの歌が常連となっていた時のことだった。

    「Liverpoolファンの素晴らしさの中で、特に感心させられるのは、選手の歌が次々に出てくること。でも、ボビー(フィルミーノ)の歌はまだ聞いたことがない」。ファンの間で、「ボビー・フィルミーノ」のチャントは毎試合何回も飛び交っていたが、サラーやマネのような歌はまだなかった。「ぜひ、作って欲しいとリクエストしてもいいですか?」と、クロップは笑った。

    それから半年後、今季の12月5日のターフ・ムーア(バーンリーのホームスタジアム)で、ボビーの歌(我々のNo.9)がデビューした(試合結果は3-1でLiverpoolの勝利)。リーベル・プレートのファンの定番歌をアレンジしたものだった。「Si senor/ Give the ball to Bobby and he will score(はい、そうだとも!ボールをボビーに出せば、必ず得点してくれるよ)」

    クロップのリクエストを受けて、ファンが創作したボビーの歌は、あっという間にスタンドの定番入りした。

    そして、ジェイミーが演奏するボビーの歌を、ギターのボディを叩きながら聞き入っていたアリソンに、「あなたの歌もきっと近いうちに登場しますよ!」と、ジェイミーは言った。

    それに対して、嬉しそうに頬を染めて、アリソンは答えた。「急がなくてもいいよ。時間はたっぷりある。僕の契約は長いのだから」。

    土曜日3時の試合

    2月9日、Liverpoolはアンフィールドで会心のプレイでボーンマスに3-0と快勝し、2試合続いた引き分けに終止符を打った。僅か2試合の「連続無勝」は、主力の負傷や急病という仕方ない事情があったものの、何に付けても過剰反応のイングランドのメディアは、「Liverpoolはタイトル争いのプレッシャーの前に自滅し始めた」と騒ぎ、特にスタンドのファンの声援が途絶えた状況をクローズアップした。

    ボーンマス戦では、チームもファンも、それら批判を一笑するようなパフォーマンスを披露した。前週のメディアの批判に反論し、ファン擁護の態度を強調したユルゲン・クロップも、ボーンマス戦の試合後には本音を漏らした。「ファンがいつもよりも早く、ウォームアップの時から既にスタンドを埋め始めた様子を見て、とても嬉しかった。チームが成功するためには、ファンと一緒に戦うことが必要。わがファンは素晴らしいということは誰もが知る通り。チームだけでなく、ファンは超一流。ファンのお蔭で65ポイント取れている」。

    この背景には、前2引き分けの、特にやり玉に上がったレスター戦(試合結果は1-1)の後で、ファンの間で自主的な議論が続行していた真相があった。それは、スパイオン・コップ1906というファン・グループを中心に、「スタンドのパフォーマンス向上」のために何をすべきか、活発な意見交換が行われたのだった。

    「ヨーロピアン・ナイトでできていることを、プレミアリーグでもやろうではないか」と、提案が出た。「ボーンマス戦では、いつもより少し早めにスタンドに入って、選手がウォームアップする時に大声援を飛ばして選手に気合を注入しよう」。

    アンフィールドの「ヨーロピアン・ナイト」は有名だが、それはいくつかの条件が集まって、スタンドに特有の空気をもたらしていた。もちろん、CLのチケットはシーズン・チケット・ホルダーを始め、普段から試合に行く回数が多い地元のファンに優先販売されるという規定もあった。

    加えて、夜の試合という要因があった。

    イングランドが2005年に法改正する前は、パブは11:00から23:00の間のみアルコール販売が許されていた(※現在は許可を得れば24時間可能)。そのため、ダービーなどの「ハイセキュリティ・マッチ」はランチタイム・キックオフに変更されることが多かった。現在はTV放送の都合で試合時間が決まるが、2005年以前は、「11:00からパブが開店なので、12:45キックオフの試合の前に酔っ払う程飲む心配がないから」という理由で、ファン同士のライバル意識が強いチームの対戦がランチタイム・キックオフに指定された。

    ヨーロピアン・ナイトは、同じ理由の裏返しだった。地元のファンが仕事を早々に切り上げてアンフィールドに行き、近辺のパブで仲間と再会する。適度のアルコールで会話が弾み、気持ちが盛り上がる中で、新しいチャントや歌の練習が始まる。それがスタンドで特有の雰囲気を作り出していた。

    いっぽう、伝統的な土曜日3時の試合では、若くて体力のある男性が主流を占めるコップが歌とチャントを披露し、残りのスタンドは大半が黙って座ってコップの歌を聞いていた90年代初めまでのアンフィールドのように、全スタンドが声を張り上げる「ヨーロピアン・ナイト」の領域に達することはなかった。

    「何のためにスタジアムに行くのか、原点に立って考えよう」と、スパイオン・コップ1906のメンバーが主張した。「チームをサポートするために行くのであって、選手のミスを見て黙り込んだり、ため息をついたり、批判したりするために行くのではない。サポートする気がない人は自宅でTVを見ていればよい。我々がサポートすれば、ピッチに伝わり、選手が反応するに違いない。29年分のプレッシャーを燃料にして、声援の声を一層高めようではないか」。

    多くのファンがその方針を実行に移したボーンマス戦の後で、ファン・グループの動向を事前にキャッチしていた地元紙リバプール・エコーの記者がメッセージを飛ばした。「スパイオン・コップ1906が主導して、土曜日3時の試合でアンフィールド要塞を実現したファンの勝利」。

    ボーンマス監督のエディ・ハウも、スタンドの貢献に脱帽した。「我がチームは良いスタートを切ったと思ったが、Liverpoolファンは素晴らしいサポートでチームを駆り立てた」。

    その夜のトークスポーツで、元ウィンブルドン(所属は1986–1989、1992–1998)のビニー・ジョーンズが、自らのアンフィールド経験を証言した。「初めてアンフィールドを訪れた試合で、コップの前でコーナーを得た時に、チームメートに作戦を伝えようと叫んだが、コップの大音量にかき消されてお手上げだった。ラッシュアワーの電車みたいな騒音でアンフィールドを仕切る、凄いファンだった。ボーンマス戦では、当時のコップを思い出させられた」。

    地元出身で、自らLiverpoolファンとして生まれ育ったトレント・アレクサンダー・アーノルドは、この日のスタンドの変化に気付いていた。「土曜日3時の試合で、アンフィールドがこんな凄かったのは初めて。今日のアンフィールドは違う、とヘンドに言った」。

    「スカーフ、旗、バナー。何もかもが、僕にとっては初めての経験だった。このサポートが今後も続いて欲しいと願っている。ファンからこんなサポートをしてもらったら、選手は最高のパフォーマンスをする以外にあり得ないと思う。それが、今の我々に必要」。

    29年分のプレッシャー

    1月30日、アンフィールドでLiverpoolがレスターに1-1と引き分けた試合の直後に、マンチェスターシティのカイル・ウォーカーが、ハリー・マグアイアのW杯大会中の写真に「7ポイント差になったと思っただろうに」というキャプチャを添えてTwitterにポストし、すぐに削除して世間の注目を集めた。

    これは、Liverpoolが先制しながら前半のインジャリータイムにミスから与えてしまったフリーキックで、マグアイアが同点ゴールを決めたことを、ウォーカーがイングランド代表のチームメートとして称賛し、「ライバルチームからポイントを奪ってくれてありがとう」と示唆したものだった。

    フォロワーが多いフットボーラーの発言は、削除する前にスクリーンショットを取る人が必ずいるもので、今回もウォーカーの削除したTweetがインターネット上を飛び交った。更に目ざといファンが「マグアイアがLikeした」真相を披露し、ライバル・ファンの爆笑を引き出した。

    このウォーカーの大人げないTwitterの話題がひと段落したところで、アナリストが異口同音に「Liverpoolはリーグ優勝のプレッシャーを感じ始めた」と唱えた。

    Liverpool陣営から、黄金時代に主将として数々の栄誉を勝ち取ったレジェンドであるグレアム・スーネスが、後輩たちのタイトル争いの行方を心配した。「クリスタルパレス戦(試合結果は4-3でLiverpoolが勝利)に続き、レスター戦では守りの不安が見られた。悪天候は攻撃にマイナスの影響を与えるものだが、Liverpoolの場合は逆に守りが揺れ始めたことが気になる。リーグ優勝を意識するのはまだまだ早い。これはタイトル争いのプレッシャーではなく、一時的なものであることを祈っている」。

    いっぽう、ポール・インスは、現役時代にはLiverpoolにも在籍したがマンチェスターユナイテッドで黄金時代を過ごした経歴に基づいて、Liverpoolの選手たちがプレッシャーに苦戦していると指摘した。「サー・アレックス・ファーガソンは、3月が勝負だといつも言っていた。リーグの行方を決めるのは3月だということ。でも今のLiverpoolは、まだまだ3月には程遠いのに既にプレッシャーに負けそうな気配がうかがえる」。

    中立の立場のアナリストに至っては、より断定的な表現で「Liverpoolは29年間リーグ優勝から離れている分、経験不足も手伝ってタイトル争いのプレッシャーに押し潰されるだろう」と、マンチェスターシティ有利説を主張した。

    そして、それらアナリストの「分析」を掲げる記事の多くが、プレッシャーの出所としてアンフィールドのスタンドを指した。「レスター戦の直後にLiverpoolの選手が『スタンドの緊張がピッチの上に伝わった』と証言したことからも明らかなように、チームの苦戦がファンの懸念を呼び起こし、タイトル争いのプレッシャーを増強している」。

    Liverpoolファンの間では、レスター戦のスタンドの反応に関する反省と同時に、メディアが大きな焦点を当てている「タイトル争いのプレッシャー」について議論が交わされた。

    「スタンドの緊張がピッチの上に伝わった、という発言は、選手が我々ファンの応援が足りないと批判する意図で出したものではなく、インタビュアーから誘導尋問されて正直に答えたものだった」と、ファンはメディアの曲解に当惑しながらも、本音を明かした。

    「我々ファンは29年間、今の選手たちの多くが生まれていなかった頃から、リーグ優勝を待ち続けている。その間、期待を抱き、砕かれて、それでも辛抱強く待ち続けている。29年分のプレッシャーを、我々ファンが感じるのは仕方ないこと。ただ、それは我々の心の中でのことであって、スタンドではチームを信じて応援し続けるべき」。

    そのファンの痛々しい声を聞いたかのように、ユルゲン・クロップが、29年分のプレッシャーについて語った。「29年間もの間待ち続けているという事実を、忘れることが出来たらどんなに良いだろうと思う」。

    「どんな人だってそんなに長く待っていればプレッシャーを感じる。それは、外部の人間が『プレッシャーを感じるのはやめなさい』と言っても無理なこと」。

    「私は、ファンの反応が問題だとか全く思わない。よくやってくれていると感謝している。チームももっと良いプレイをしなければいけない面があるし、ファンもたぶん、もっと大きな声援を出せると思う。それは、チームとファンが一緒に向上して行くべきこと」

    「ファンが助けてくれているからこそ、これまで61ポイントも取れているのだから」

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR