FC2ブログ

    ブライトン戦の後で

    8月25日、Liverpoolがアンフィールドでブライトンに苦戦を強いられ、1-0と勝った戦の後で、ブライトンの地元紙ブライトン・インディペンデントが、「アルビオンは、超一流GKアリソンの、投資額に見合うスーパーセーブがなければ、首位Liverpoolに同点ゴールという堂々たる試合をした」と、チームを絶賛する記事を掲げた。

    「昨季はアウェイでわずか11ポイントしか取れなかったが、アンフィールドで見せたようなプレイを続ければ、今季はその成績を飛躍的に向上させるだろう」と、同紙は誇らしげに結論した。

    実際に、Liverpoolは昨季ブライトンには12月のアウェイで5-1、5月のホームで4-0と楽勝だったが、ブライトン監督のクリス・ヒュートンは、ノリッジ時代(2012–2014)にも3試合で15失点と大差の連勝を記録していた。

    そして、昨季の初対戦で5-1と世間の予測を裏付けた試合後に、ヒュートンがユルゲン・クロップとの握手を拒否した事件がしばしヘッドラインを飾った。「クロップが必要以上に派手な喜び方をして、大敗を喫し続けているヒュートンに対して傷に塩を塗った」と、全国メディアはクロップ非難に沸いたものだった。

    ほとぼりが冷めた頃に、クロップは「ヒュートンの握手拒否事件」の真相を明かした。ファイナルホイッスルの直後にクロップがヒュートンに挨拶に行った時に、たまたま目の前をサディオ・マネが通ったので、クロップはマネを止めて肩を抱いた。するとヒュートンが、「相手チームの監督との握手を最初にやるべきなのに、これ見よがしに自分の選手と勝利を祝うとは失礼だ」と、怒って行ってしまったという。

    「私が悪かった。すぐにブライトンのアシスタントに事情を説明して、謝罪を伝えて欲しいとお願いした。最後は許してくれたと思う」と、クロップはしょんぼりした表情で語った。

    この話を読んで、Liverpoolファンは一斉に納得した。2016-17季にLiverpoolのプレイヤー・オブ・ザ・シーズンに輝いたマネは、サラーが来て右ウィングから左にポジションが変わった影響もあり、ややスタートに苦戦した。9月のマンチェスターシティ戦(試合結果は5-0でシティの勝利)で退場を食らって以来、調子が低下していた時のことだった。

    「全国メディアは、マネの不調の原因は『モー・サラーに人気を奪われたのでねたんでいる』などと悪意に満ちた憶測を書き立てている。そんな時に、ブライトン戦では試合に出られなかったことで気落ちしていたマネに対して、クロップは心配していたに違いない。相手監督に対する無礼を失念するくらい」。

    そして、マネの不調はその次のエバトン戦(試合結果は1-1)で、ゴール前でチームメートがフリーだったのに自分でシュートに行き、外したことでどん底を突いた。

    その後、レフトバックのアンディ・ロバートソンとの連携が徐々に磨きがかかり、1月のバーンリー戦(試合結果は2-1でLiverpoolの勝利)でマン・オブ・ザ・マッチの活躍を見せたマネは、一気に本来の調子を取り戻すに至った。

    「サディオとは何度か1対1で会話した」と、クロップは明かした。「エバトン戦では、パスを出さなかったことで世の中から相当批判が出た。パスすべきだったか?という点ではその通り。ただ、私はそれについては何も言わなかった。ハーフタイムのチーム・トークでも、試合後も。何故なら、サディオの目を見た瞬間に、本人の気持ちが分かったから」。

    「人間ならば必ずミスは犯す。ミスは何も悪いことではない。同じ間違いを20回も犯し続けない限りは。1つ2つ良くないことがあっても、他は全て『良い』のだから、良い面を伸ばせばいいプレイが出来るようになる」。

    今季のブライトン戦の前に、クロップは、すっかり自信を取り戻したマネについて語った。「サディオは安定して、常に良い動きをしている。自分でもこんなに素晴らしい選手だったのだ、と驚いているに違いないくらいに冴えているし、どんどん良くなっている」。

    しかし、その攻撃陣が後半はガス抜きしたかのように収束し、1-0で終わった試合の後で、ブライトン・インディペンデント紙は、Liverpoolの今季の予測で締めくくった。

    「ベストとは言えない内容の試合で3ポイントを確保するチームが、本当に『勝てるチーム』というのは真相。昨年のLiverpoolならば、恐らくアルビオンは1ポイントを奪取しただろう。つまり、Liverpoolは引き分けを勝利に変えるアップグレードに成功したということ。今季のプレミアリーグで、マンチェスターシティの独占を破る最有力候補としてLiverpoolを上げる人は多いが、その予測が的を得ていることは誰も否定できない」。

    カルト・ヒーローとして去った'ラッギー'

    プレミアリーグは、この夏の移籍ウィンドウを開幕前にクローズするという措置を採用した。それは、移籍交渉が続いている選手を抱えるクラブが「試合に集中できない」デメリットを訴え、賛成多数で決定したものだった。

    ふたを開けると、プレミアリーグは8月9日17:00に期限を迎えたが、ヨーロッパの他のリーグはまだオープンしていたため、「外国のクラブに選手を取られても、その代わりの戦力を補強できない」別のジレンマに陥ることになった。下位ディビジョンのクラブがローンで獲得する期限は今回の変更対象から外れたが、プレミアリーグに関しては、取る方に関してはローンも規制を受ける。

    そのため、来季は再び8月31日に戻すという案が浮上し、現時点では、昨年は開幕前のクローズに賛成だったうち2クラブが既に「元に戻す」派に鞍替えしたという。

    ともあれ、この夏の戦力移動の可能性はまだ残っているという状況は現実だった。

    Livepoolでは、8月17日のイタリア・リーグの移籍期限日にラグナル・クラバンのカリャリ入りが決定し、早速そのデメリットを受けることになった。

    昨季終幕の負傷者続出状況の記憶が生々しいファンは、一斉に頭を抱えた。しかし、この決定の背景には、クラバン本人が「試合に出られるクラブ」を求めて希望したものだったことが判明し、誰もが納得せざるを得なかった。

    「2016年夏に、£4.2mの移籍金でアウクスブルクから来たクラバンは、2年間の在籍中に53出場を記録した。比較的短い期間の滞在で、華々しい活躍の思い出をいくつも作ったとは言えないが、Livepoolファンにとってはガリー・マッカリスター(2000–2002)、ジミ・トラオレ(1999–2006)、イゴール・ビスチャン(2000–2005)らと並ぶ『カルト・ヒーロー』となった」という地元紙リバプール・エコーの記事に、圧倒的多数のファンが深く頷いた。

    ファンの間で'ラッギー'のニックネームで親しまれていたクラバンは、常に真っ先にチームシートに乗る存在とは言えなかったが、必要とされた時には必ず期待に応える堅実なベテラン選手だった。

    「試合に出られなくても文句ひとつ言わず、試合に出れば常に安定したプレイを見せてくれた模範的なプロ。ラッギーのような選手は貴重な存在。でも、確かにLiverpoolではレギュラーではないとしても、ベンチで出番を待つだけというのはもったいない実力と経験を持つ選手。32歳という年齢を考えると、試合に出られるクラブに行くという決断はもっともだと思う。残念だが、気持ちよく送り出したい。新天地での成功を祈っている」。

    ファンがクラバンについて語る時、必ず話題に出るのが、昨季のアウェイのバーンリー戦の94分の決勝ヘッダーだった(試合結果は2-1でLiverpoolの勝利)。それは、クラバンにとってLiverpoolでの唯一のゴールとなった。

    劇的な新年プレゼントでトラベリング・コップに絶叫をもたらしたクラバンは、試合後のインタビューで、ポツリと語った。「3ポイント取れたことは非常に重要だった。でも、僕はスポットライトを浴びるのは慣れてないので」。

    エコー紙の記事は、「ヒーローになった時でも、バックページを埋めるに十分なネタを与えてくれないような無口な選手だった」と、温かいジョークを込めて、クラバンの控えめな人柄を象徴するエピソードを続けた。「クラバンが最も流ちょうに喋った場面の一つが、Liverpool入りが決まった直後の母国メディアのインタビューだった」。

    「宝くじに当たったような気分」と、クラバンは頬を染めて語ったという。「僕は、生まれ故郷のビリャンディで、墓地でボールを蹴り始めた。そして、選手生活のファイナル・ステージに至って、フットボールの天国というべくクラブでプレイするチャンスを得た」。

    超スター選手が名を連ねるプレミアリーグでは、比較的目立たない移籍として入ってきたクラバンは、誰からも心からの感謝を込めた激励を受けて、胸を張って出て行くカルト・ヒーローになった。

    アレ、アレ、アレ

    8月10日に開幕したプレミアリーグは、昨季のトップ5(※)が揃って3ポイントを確保する順当なスタートを切った。
    ※マンチェスターシティがアーセナルに2-0、マンチェスターユナイテッドがレスターに2-1、トットナムがニューカッスルに2-1、Liverpoolがウエストハムに4-0、チェルシーがハダースフィールドに3-0と勝利。

    得失点差で首位に立ったLiverpoolは、多額の戦力補強投資でプリシーズン戦を好調に終えて、「マンチェスターシティにチャレンジする最有力候補」と騒がれる中で、そのプレッシャーを払いのけての快勝だった。

    さっそく母国ドイツのメディアから「£175mの戦力補強のプレッシャー」について問われたユルゲン・クロップは、「本音を言うと、私はそんな大金は使いたくなかった」と苦笑した。「しかし、1月にフィリペ・コウチーニョを取られた収益金(£146m)を、貯金として寝かせておくべきだったとは思わない。確かに、大金の移籍に関する私の考え方は変化した」。

    「私がやるべきことは、Liverpoolをより強いチームにすることだから」。

    クロップの言葉に、Liverpoolファンは誰もが深く頷いた。クロップが、マインツでもドルトムントでも、少ない予算で獲得したり育成した戦力を、最大限に生かして勝てるチームを作る監督だったことは誰もが知るところだった。しかし、今のプレミアリーグで、しかもクロップの就任時点で既に大きな差を付けられていたチームを追い抜くためには、それなりの投資は必要だった。

    「収益金を差し引いたネット支出では、まだまだマンチェスターの2クラブの足元にも及ばない。そして、クロップが見込んだ選手がクロップを慕って来てくれれば、£175mの投資は必ず実を結ぶ」。

    それは、アリソンが「レアルマドリードを蹴ってLiverpoolを選んだ理由」として、証言した言葉でも裏付けられていた。「監督やチームメートはもちろん、クラブ全体が僕を心から歓迎してくれて、頼りにしてくれていると確信できたから」。

    そして、ファンが今のチーム一行を、やさしい笑顔を浮かべながら見守る背景には、チーム内の良い雰囲気だけでなく、チームとファンとの近さがあった。

    アンフィールドでの唯一の試合となったプリシーズンの最終戦(対トリノ、試合結果は3-1でLiverpoolの勝利)を、「ファミリー・デイ」としてチーム一行とファンとの交流の場としたのは、クロップだった。その日は朝の10:00から市内各地で、試合前にはアンフィールドのファミリー・パークで、コンサートなど様々なイベントを催し、試合後には選手がスタンドのファンにサインや写真のサービスを実施した。2時間もの時間を割いて、ファンと対話を楽しんだ選手たちの姿があった。

    「我々チーム一行は、ファンが応援してくれるからこそ頑張れる。そのファンに対して、感謝を伝えてこれからも一緒にやってくださいとお願いするためのイベントにすることは、昨季のうちに既に計画し始めたこと」と、クロップは語った。

    「地元の人々が、チケットが入手できないなどの理由で試合に来れない、という話を読んだ。そのような人々に楽しんでもらえる場を作りたかった」。

    クロップのファンに対する「感謝」は、言葉だけではないことは誰もが知っていた。クロップが、昨季2月のCLラスト16(対ポルト、試合結果は5-0でLiverpoolの勝利)で生まれ、依頼スタンドの定番になったファンの「アレ、アレ、アレ」を、Youtubeで見るほどに気に入っていると、何度も話題にしていたことは周知の通りだった。

    そして、合衆国ツアーのマンチェスターユナイテッド戦(試合結果は4-1でLiverpoolの勝利)の前に、地元リバプール出身のミュージシャンであるジェイミー・ウェブスターが、現地のサポーターズクラブの集会で生演奏を披露していた時に、クロップが飛び入りして「アレ、アレ、アレ」を合唱した場面は、ファンの間でクロップ人気を更に高めた。

    「ジェイミーとは面識はなかったが、彼が『アレ、アレ、アレ』を歌うのをYoutubeで何度も見て知っていた。ライブをやっている時にいきなり入って行っては失礼じゃないかと心配したが」と、クロップは笑った。

    「私はあの歌が大好きだ。あの歌を演奏するジェイミーを、いつも感激して見ていた。本人が私を見て、あんな風に喜んでくれたことは、ひたすら嬉しい」。

    かくして、クロップがチームに明るく自信に満ちたプレイを引き出し、ファンと一緒に戦って初戦を勝利で飾った翌日に、スイスのメディアが、何の脈絡もなくジェルダン・シャチリの移籍の「裏話」を掲げた。

    「シャチリの違約金がわずか£13mと知って、他のビッグクラブが獲得に動いた。しかし、クロップの動きが早かったことに加えて、監督の『人間としてのマナー』が決め手となった」。

    典型的スカウサー

    プレミアリーグ開幕を1週間後に控えた8月5日、コミュニティシールドではチャンピオンのマンチェスターシティがFAカップ覇者チェルシーを2-0と破り、シーズンの幕を開けた。同じ週末に行われたプリシーズン戦では、Liverpoolがナポリに5-0と快勝した傍らで、バイエルンミュンヘンに1-0と破れたマンチェスターユナイテッドのジョゼ・モウリーニョは、またしても戦力補強を巡る自クラブへの不満と、「£170mの大金を費やして欲しい選手を取りまくっているLiverpool」に対する面当てを唱えた。

    それは、7月28日にLiverpoolに4-1と破れた試合後の記者会見で、選手層に関する不満をぶちまけてイングランド中の話題になった直後のことだった。その時のモウリーニョの議論は、戦力補強の遅れが原因で若手中心で臨まざるを得なかったもので、「これは私のチームではない」と言ったことから、アナリストの猛批判を引き出し、ライバル・ファンは「モウリーニョはクビになりたいのでは?」と眉をひそめた。

    若手を育てる伝統という面ではユナイテッドはイングランド随一言っても過言ではなかった。それは、1937年10月30日から80年以上に渡って、全ての公式戦のチームに最低1人はユナイテッドのアカデミー出身の選手を含めているという実績からも明らかだった。

    その伝統からすると、「若手にチャンスを与える機会」と胸を張るどころか、逆に若手のやる気をくじくような言い分を主張したモウリーニョに対して、「良いプレイをして監督に認められるべく頑張っている若手の夢を打ち砕くような言葉」と、ユナイテッド・ファンはショックを隠せなかった。

    Liverpoolファンは、「モウリーニョは、即戦力の、ピークにいる経験豊富な選手を大金で獲得し、今、勝つことしか考えず、若手を育てることをしない方針であることはこれまでの経歴からも明らか。ユナイテッドの伝統とは相容れないことは最初から分かっていたこと。ボビー・チャールトンがモウリーニョを監督にすることに反対していたことも有名な話だが、ユナイテッドのトップが方針を誤った」と、肩をすくめた。

    「それに比べてわがクラブは、と、ユルゲン・クロップが監督でいてくれる幸運を改めて感じる」。

    多額の資金を投入して主力を補強しているこの夏のプリシーズン戦でも、若手の活躍が目立つ状況は変わらず、Liverpoolファンの間では楽観的な会話が絶えなかった。アカデミーチームで育った若手がファーストチームに昇格することは、ファンや地元メディアにとっては常に明るい話題だが、地元出身の若手が出てきた時の興奮は特に大きなものだった。

    リバプール市内出身の生粋のスカウサーで、この夏にアカデミーチームからファーストチームに昇格させてもらった一人であるカーティス・ジョーンズは、「監督から言われることを真剣に聞いて、教えられた通りに動けるようにと頑張っている」と語った。

    「ミッドフィールダーとして、ナビ・ケイタやファビーニョという超一流選手と一緒にトレーニングできて、毎日彼らから学んでいる。ファーストチームのワールドクラスの先輩たちが、ちょくちょく来てくれて、僕の良いところを誉めてくれて、向上すべきところを教えてくれる。ものすごく恵まれた環境にいると思う」。

    17歳のジョーンズは、昨年は憧れのヒーローだったスティーブン・ジェラードが監督を勤めるLiverpoolのアンダー18チームで主力として活躍し、ユルゲン・クロップの目に止まった。昨季終盤には、ファーストチームの負傷者続出状況の中で、CLのチームに名を連ねるに至った。

    「カーティスは典型的スカウサー。アカデミーチームからファーストチームに入って来た若手は、通常は物おじして小さくなっているものだが、カーティスは違った。先輩たちに敬意を払いながらも、堂々と自分の意見を表現できる」と、クロップは目を細めた。

    「2人の選手が同じ能力を持っているとして、1人が標準語を喋り、もう1人はスカウス・アクセントで喋るとしたら、私は躊躇せずスカウサーの方を選ぶ」と、クロップはジョークっぽく笑いながら言った。

    「スティービー(ジェラード)とキャラ(ジェイミー・キャラガー)のように、アカデミーチームから育ったスカウサーが、Liverpoolのチームを引っ張るようになるのは素晴らしいことだ。1人だけでなく2人、3人と出て欲しい」。

    「カーティスはまだ17歳で、まだまだ道は長い。ただ、素質は明らかで、これからどうなるかはいろんな要素が絡んでいる。彼はスカウサーであるという、大きなプラスを持っている」。

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR