FC2ブログ

    「ノー・ブレイナー」の新戦力

    7月22日、メスト・エジルが代表引退を発表した。トルコ系ドイツ市民のエジルは、W杯開催直前にトルコ大統領のレジェップ・タイイップ・エルドアンと記念写真を撮ったことで、ドイツ国内で「代表チームに対する忠誠心」を問う批判が爆発した末に、W杯グループステージ敗退の後で、非難が増大していた時だった。

    2014年W杯優勝チームの主力だったエジルは、「育ったドイツに愛情を抱き、代表チームのためにプレイできることに生きがいを感じてきた。しかし、勝てばドイツ人と言われるが、負ければトルコ移民と言われ差別される中で、僕自身はもう、ドイツ代表チームのシャツを着ることに誇りを感じなくなった」と、ドイツFAに対する強烈な批判を表明したのだった。

    ドイツでは、歴史的にトルコ系移民の差別問題が大きな政治問題となっているだけに、エジルの代表引退はスポーツ界だけでなく、国際政治ニュースとして大きく取り上げられた。

    W杯の大会中に発生し、政治問題に発展したスイス代表のジェルダン・シャチリとグラニト・ジャカの、「コソボ支持表明」ジェスチャーに対して、FIFAが(最も重たい2試合出場禁止ではなく)罰金処分で留めた事件の記憶は生々しいものだった。

    これは、シャチリがセルビア戦(試合結果は2-1でスイスが勝ちラスト16進出決定)で、試合終幕に決勝ゴールを決めた時に、コソボの国旗をイメージするジェスチャーをしたことから、コソボの独立を阻止した「敵国」であるセルビアが、「政治的プロパガンダ」としてシャチリを紛糾したものだった。

    直後に、当時のシャチリの所属クラブだったストークシティの地元紙ストーク・センティネルが、「シャチリの生い立ち」の記事を掲載した。4歳の時に、ご両親に連れられて戦地コソボを出てスイスに移住したシャチリは、代表チームの試合に出る時に、左にスイスの国旗、右にコソボの国旗を縫い付けたブーツを履いたことを明かした。

    「生命に脅かされることない生活をさせてくれたスイスに感謝しているし、僕自身はスイス人としてのメンタリティを持っている。僕がスイス代表チームのシャツを着てプレイすることを、両親は心から誇りに感じている。ただ、コソボに行くたびに、自分のホームに来たと感じる。スイスとコソボの両方に対して同じような気持ちを抱いている」。

    「(セルビア戦でのジェスチャーは)政治ではなく、自分の感情だった」。

    この記事を読んだストーク・ファンが、悲しそうにつぶやいた。「もう1年留まって、ストークをプレミアリーグに復帰させて欲しいと悲願を抱いていたが、諦めるしかなさそうだ。シャチリが生き生きと感情を表現できる舞台で頑張る姿を見守ろうと覚悟を固めた」。

    そして、7月14日にシャチリのLiverpool入りが正式に発表された。違約金の£13m満額での移籍だった。

    「シャチリ程の能力の選手が、状況が重なって格安の移籍金で獲得可能となったのだから、動くのは当然。つまり、イングランド風の言い方をすれば『ノー・ブレイナー(※)』の新戦力」と、ユルゲン・クロップは笑顔で語った。
    ※ブレイン(頭脳)を持たない人でも分かる程に、至極当然のこと、という意味の表現。

    かくして、「ノー・ブレイナー」というキーワードがしばしメディアを飾った後で、シャチリが語った抱負が報道された。攻撃力には定評があるLiverpoolで、どのような意気込みでポジション争いに臨むかという質問に、シャチリは落ち着いて答えた。

    「内心は、自分に自信を持っている。ただ、重要なのはチームが勝つこと。トロフィーを取るためには、11人だけでなく、控えの選手も含めた全員が頑張ることが必要」。

    この言葉に、Liverpoolファンは一斉に拍手を送った。「降格したクラブから、格安の移籍金で獲得した選手が、主力として活躍する事例は事欠かない。シャチリはまさにその一人となる人材」と、両手を上げて歓迎した人々はもちろん、あまり乗り気でなかったファンも、「シャチリは、スターティング・ラインナップ入りしなければやる気をなくして出て行くような選手ではなく、ベンチにいてもチームの勝ちに貢献したいと意欲を見せている」と、期待を語った。

    更に、メディカルに来た時にシャチリが「夏休みを切り上げて、今すぐプリシーズンに合流したい」と、懇願した事実をクロップが明かした。「今のうちにゆっくり休みなさい、と追い返した」と、クロップは笑った。そして、7月24日に晴れてLiverpoolのチームに合流したシャチリは、わずか4日のトレーニングでマンチェスターユナイテッド戦に出場し、華麗なバイシクル・ゴールを決めて、その意気込みが言葉だけではなかったことを証明した(試合結果は4-1でLiverpoolの勝利)。

    「ストーク・ファンが、『昨季の降格を救えなかった、とシャチリを批判するアナリストがいるが、真相は逆。シャチリがいなかったら1月に降格決定していただろう』、と本音を漏らすのを聞いた。そんなシャチリは、まさに『ノー・ブレイナー』の新戦力」と、Liverpoolファンは笑顔で頷き合った。

    エージェント・ボビー

    7月19日の夜、GKとして史上最高金額の£66.8mで、ブラジル代表GKアリソンのLiverpool入りが正式に発表された。それまでのGKの最高金額が£34.7m(2017年にベンフィカからマンチェスターシティに移籍したエデルソン)と、記録を大幅に塗り替える大型移籍だっただけに、その日のスポーツニュースのヘッドラインを独占した。

    プレミアリーグのトップ6のライバル・チームがいずれも安定したGKを誇っていたのに対し、Liverpoolが常にGKの問題を抱えていたことは周知の通りで、その解決策として昨季の早い時期から既に、ユルゲン・クロップがアリソンに熱い視線を向けていたことは、誰もが知るところだった。そして、その障壁が破格の移籍金だったことも同様に明らかだった。25歳の若さと実績を考えると、「記録を塗り替える移籍金」は想像に難くなかったが、それに加えてローマは「2017年夏にモー・サラーを安く出し過ぎた(£36.9m)反省」から、アリソンに対しては、その分積んで£70mという「Liverpool価格」を計画しているという噂が流れた。

    1月の移籍ウィンドウで「Liverpoolがアリソン獲得に動く」という噂が出回った時に、地元紙リバプール・エコーは、「1月には動かない、と、Liverpoolがアリソンのエージェントに通告した」と、火消しに奔走した。

    Liverpoolファンは、「エコーが否定しているのだから無理だろう」と、冷静な頭では諦めていた傍ら、アリソンへの憧れは膨らむ一方だった。

    そんな時、ブラジル代表チームで合流したボビー・フィルミーノがSNSにポストした、アリソンと仲良く肩を並べる写真が、Liverpoolファンの想像力を刺激した。「エージェント・ボビーがアリソンをLiverpoolにスカウトしようと誘惑に動いている」というジョークがファンの間で流れ、「エージェント・ボビー」のニックネームはあっという間に定着した。

    5月末に、青天の霹靂のようにファビーニョ獲得が発表され、「ロベルト(フィルミーノ)から良い話ばかり聞かされた」と語った時、歓喜に沸くLiverpoolファンは、「エージェント・ボビーが、とうとうディフェンシブ・ミッドフィールダーを連れてきてくれた」と、一斉に叫んだものだった。

    そして、7月17日に、とあるLiverpoolファンがジョークでポストした、Liverpoolのシャツにアリソンの顔を合成したフォトショップを、アリソンのエージェントが「Like」した事実が発覚し、ファンの間で大騒ぎになった。最初は火消しの意図でその話を報道したエコー紙が、事態が急変したことを伝え、それから2日で移籍決定となった。

    驚きと感激で言葉を失っていたLiverpoolファンの前に、フットボール界のレジェンドであるペレの心温まるコメントが続いた。

    「アリソンへ。おめでとう!君がロベルト・フィルミーノの隣で輝くことを期待している。私は君を応援しているからね」。

    感激にむせるLiverpoolファンは、「エージェント・ボビー」に対する支持を更に深めた。

    「移籍が現実的になる前から、ロベルトとは話をしていた」と、アリソン本人が、ファンの「エージェント・ボビー」説を裏付けた。「正式に交渉が開始してからは、彼にいろいろアドバイスを貰った。Liverpoolのクラブや地元のこと全てに対して、良いことばかりだと教えてくれた」。

    「彼はファンの人気者で、チームメートからも信頼されている人材。そして、彼は僕に言った。『Liverpoolに来れば、君もきっとファンから応援してもらえるよ』と」。

    ファンがどれほど熱烈にアリソンを歓迎するか、という点では「エージェント・ボビー」の言葉は疑う余地はなかった。

    同時に、アリソンが単に実績だけでなく、その人格と選手としての態度がファンの支持に値することを、ユルゲン・クロップが裏付けた。

    「アリソンは、W杯後の夏休み中に、休み返上でメディカルに来てくれただけで私としては嬉しかった。でも、本人が夏休みを切り上げて、そのままメルウッドに残ってプリシーズン・トレーニングに合流したいと言い出した時には、今のうちにじっくり休んでおかないとプレミアリーグの長いシーズンを乗り切れないと言って追い返さざるを得なかった」と、クロップは微笑んだ。

    「一日も早く新しいチームメートと一緒にトレーニングしたいから、と真剣な表情でお願いされた」。

    結局、アリソンは「エージェント・ボビー」と一緒のタイミングでプリシーズン・トレーニングに合流することになったという。

    「CL準決勝で対戦して、Liverpoolの素晴らしさを実感したことはきっかけの一つであることは真相。しかし、それ以外の試合でもクロップのフットボールを見て、知っていた」と、アリソンはLiverpool入りの抱負を語った。

    「このような栄誉あるクラブのシャツを着ることは、まさに夢の実現。このクラブで、これから更に歴史を作るチームの一員として、その歴史に入る選手になりたい」。

    CL決勝へのジャーニーの出発点

    7月7日、イングランドはW杯準々決勝でスウェーデンを2-0と破り、通算わずか3度目のW杯準決勝進出を決めた。その28年ぶりの快挙を達成したスウェーデン戦で、先制ゴール・ヒーローとなったのは、現レスターシティのセンターバック、ハリー・マグワイアだった。歓喜に沸くイングランドでは、マグワイアの古巣であるハル・シティの地元紙ハル・デイリー・メールが、2014年夏にシェフィールドユナイテッドから£2.5mでハル・シティ入りしたマグワイアと、ほぼ同時にスコットランドから£2.85mで獲得したレフトバックのアンディ・ロバートソンが、肩を並べて笑顔を浮かべている写真を誇らしげに掲げた。

    「その夏には多額で攻撃面を補強したこともあり、二人のディフェンダーは大々的な脚光を浴びたとは言えなかった。それから4年が過ぎ、ハル・シティを出て1年経った時点で、1人はCL決勝戦、もう1人はW杯準決勝というひのき舞台に立ち、今のハル・シティの若手にとっての目標とも言えるスター選手になった」。

    折しも、ロバートソンの出身地グラスゴーの地元紙デイリー・レコードが、「ロバートソンは、CL決勝へのジャーニーの出発点となったルーツを決して忘れたことはなかった」というタイトルで、独占インタビューを掲げたところだった。

    「セルチックのアカデミーチームからダメ出しされ、ハムデン・パークのカスタマーセンターで働きながら、バーウィック・レンジャーズ、モントローズというチームと戦っていたロバートソンが、5年後にはCL決勝戦でレアルマドリードと対戦するに至ったジャーニーは、語られ尽くした話。しかし、それは本物のジャーニーの半分でしかないというのが真相」。

    それは、地元グラスゴー市のギフノック小学校で、フットボーラーを目指す少年たちをサポートしてきたことで、ロバートソンが、今年で15回目となるスコットランドの「草の根功労賞」を受賞した報道に始まっていた。4歳の時からお兄さんについてギフノック小学校でボールを蹴り始めたロバートソンは、後にボランティア・コーチになったお父さんを始め、多くの人に支えられてフットボーラーへの道を歩み始めた。

    かくしてロバートソンは、CL決勝へのジャーニーの出発点となったギフノック小学校とは、試合の度に少年たちに激励のメッセージを送ったり、時間が許す限り訪問するなど、今でも緊密な関係を保っていた。更に、少年たちが楽しみながらフットボールができるようにと、グラウンドを建造し、経験豊富なサイモン・ドネリー(元スコットランド代表)をコーチに迎えるなど、財政面と人的な支援を注いでいた。

    「地元ではみんなが僕のことを誇りに思ってくれていることは知っている」と、ロバートソンは笑顔で語った。「同時に、フットボーラーになるためにサポートしてくれた人々に対して、僕がどれほど感謝しているか、ということも理解してくれている」。

    デイリー・レコード紙は続けた。「世界的な有名監督であるユルゲン・クロップから絶対的な信頼を受け、CL決勝戦に出場する一流選手になった今も、いわゆる『スター選手』のごうまんさは微塵もないロバートソンは、まさに『草の根功労賞』にふさわしい人材」。

    その実例として、3月にLiverpoolの地元紙リバプール・エコーが報道して大きな話題となった、フードバンクに寄付した少年に、ロベルト・フィルミーノのサイン付きのゲームシャツをプレゼントした実話を引用した。

    「自分のではなく、Liverpoolファンの人気No.1で『格好いいブラジル人アタッカー』のシャツを選んだ理由として、『誰もレフトバックのシャツなど欲しくないだろうから』と説明を添えた謙虚さは、ロバートソンが、文字通り草の根を固めるために縁の下の力持ちとして働くことに労力を惜しまない人物であることを物語っている」。

    リバプール・エコー紙の記事に対するLiverpoolファンの反応は、しかし、ロバートソンの認識とは大きく異なっていた。「次にシャツを買うときは、26番にしようと思っていたが、ロバートソンの自分に対する過小評価を知らせるためにも、すぐに買いに行こうと思った」と、誰もが頷き合ったのだった。

    そして、既にサイン付きのスコットランド代表チームの3番のシャツを誇らしげに飾っているギフノック小学校では、Liverpoolの26番のシャツが欲しいというリクエストが殺到していた。

    「もちろん、応じる」と、ロバートソンは目を輝かせた。「街中で声をかけられて写真を頼まれたら、気持ち良く足を止める。ファンは、せっせと働いて稼いだお金を費やしてサポートしてくれているのだし、フットボーラーとしては、彼らに対して感謝を抱くのが当然。数分の会話で喜んでもらえるならば本望だし、彼らに認めてもらえることを光栄に思う」。

    イングランドのもう一人のリーダー

    W杯はノックアウト・ステージに入り、連日ドラマと番狂わせが繰り広げられている。その中で、イングランドは、スタジアム入りして応援するファンの数がこれまでの大会と比較すると遥かに少ないこともあり、メディアの過熱報道もいつもに比べてやや控えめな状況にある。その背景には、英国とロシアの政治的な緊迫のため(※)、王室や政治家の現地派遣を見合わせたことや、ヨーロッパのカップ戦でロシアのクラブの人種差別事件が絶えないなどのきな臭い事情があった。
    ※元ロシアのスパイ(セルゲイ・スキパル)とその娘が、今年3月に在住中の英国で毒殺未遂の被害者となった事件がきっかけで、両国は外交的な敵対関係にある。

    ふたを開けると、幸いピッチ外では殆ど事件もなく、ロシア代表チームの準々決勝進出もあって、明るく友好的な地元のファンの姿が大会に花を添えていた。

    そしてイングランドでは、スタジアムに応援に駆け付けるファンの少なさと並行して、代表チームに対する期待の低さが開幕前からファンの日常会話となっていた。

    「今のイングランド代表チームがもしプレミアリーグに入るとしたら、トップ6を目指すのが精いっぱいというチーム力」と、大多数のファンは肩をすくめた。「世界の強豪と肩を並べられそうなのは、唯一、ハリー・ケインだけ。欧州選手権やW杯のひのき舞台で、イングランドに失望させられることになれてしまったが、ここまで戦力的に見劣りする選手層は、記憶の限りでは最低かもしれない」。

    ところが、5月22日にケインがW杯のイングランド代表チームの主将として正式に発表された時には、ファンの間で賛否両論が飛び交った。賛成派の声も、「真っ先にチームシートに上がる選手、という意味では無難な選択」と、比較的冷めたものだった。そして、少なくないファンが「ケインが、クリスティアン・エリクセンのゴールを横取りした事件の後で、ライバルチームのファンからTwitterで嘲笑を浴び続けていると愚痴ったことで、FAがケインをなだめるために主将に抜擢したのでは?ケインに実力を発揮してもらわなければ、イングランドは勝ち目がないから」と、ジョークを言って笑った。

    そんな中で、マンチェスターの2クラブを始めとするニュートラルなファンの間で、多数派の意見は、「ジョーダン・ヘンダーソンが主将になるべき」という点で一致していた。「ケインの得点力がイングランド代表選手の中では随一だということは疑う余地はないが、チームをまとめる役割ではヘンダーソンの方が適任者だと思う」。

    ライバルチームのファンからも支持されながら、アームバンドを得られなかったヘンダーソンは、6月5日にイングランド代表チームに合流した時に、「監督から電話で説明された。その時は4日後にCL決勝戦を控えていて、決勝に集中していたから、イングランド代表チームのことは考える余裕はなかった」と、冷静に語った。

    「ハリーは素晴らしい選手。主将に選ばれて良かったと、心から祝福している。監督から、チームの中に複数のリーダーがいてチームをまとめる役割を果たすことを期待していると言われたし、僕自身は、主将かどうかに関わらず、自分の任務に全力を尽くすことは変わりない」。

    大会が開幕して、ヘンダーソンがその時の言葉を忠実に守っている様子は明らかだった。イングランドが2勝1敗と2位でグループ・ステージを勝ち抜いた時点で、イングランドのメディアは「イングランドのもう一人のリーダー」と題して、ヘンダーソンの貢献に焦点を当てた。

    「TVカメラに写らないところで、経験の少ない若手に指針を与え、適宜チームメートに声をかけるヘンダーソンのリーダーシップは顕著だ。ケインがゴールでチームを持ち上げる傍ら、ヘンダーソンが言動でチームをまとめる。2人の『主将』がイングランドの原動力になっている」と、タイムス紙は書いた。

    ガーディアン紙が続けた。「フリーキックを得た時に、ヘンダーソンが各人に指示を出すと、若手が食い入るように真剣な表情でヘンダーソンに集中していた。誰もが、ヘンダーソンの言葉は監督の指示だと考えて、じっと耳を傾ける。ケインも同様に」。

    「ファッショナブルな大スターではないかもしれない。美声でもなく、サンダーランド訛りが耳につくが(失礼!)、しかし、ヘンダーソンがリーダーシップ資質を発揮する『イングランドのもう一人のリーダー』であることを、認めない人はいない」。

    Liverpoolファンは、全国メディアの絶賛を冷静に受け止めていた。「ケインが主将に任命されたことについては全く異論はない。でも、ヘンドが真の主将だということは最初から分かっていた」。

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR