FC2ブログ

    リーダー資質

    このインターナショナル・ウィーク中の3月22日に、代表引退したアリエン・ロッベンの後任として、フィルジル・ファン・ダイクがオラン代表チーム主将に抜擢されたというニュースが、Liverpoolファンに歓迎と笑いを湧き起こした。それは、2月に代表監督に就任したロナルド・クーマンが、ファン・ダイクを選んだ理由として、「適齢だし、ビッグクラブでプレイしていることから、代表主将という大役の適任者だと判断した」と説明したことがウケたものだった。

    「元エバトン監督が、憎き『レッド〇〇』をビッグクラブと称賛したことで、激怒するエバトン・ファンの顔が浮かぶようだ」と、Liverpoolファンは腹を抱えて笑った。

    同時に、クーマンの「私はサウサンプトン時代からファン・ダイクを知っているから、必ず信頼に応えてくれると確信している」と語った言葉に、誰もが深く頷いた。

    折しも、3月13日にそのクーマンの2代後のサウサンプトン監督だった、マウリシオ・ペジェグリーノの解任が発表された余韻がまだ残っていたところだった。8試合を残した時点で17位と、残留争いが苦しくなっていたサウサンプトンが、最後の手段として賭けに出たことは誰の目にも明らかで、驚く人は殆どなかった。

    その時に、サウサンプトンのレジェンドであるマット・ル・ティシエが、「1月にファン・ダイクを出した後で、穴埋めの戦力を補強しなかったことよりも、ファン・ダイクを1月まで引き留めたことの方が傷を深くした」と語った言葉が痛々しかった。「クラブとしては、財政的な向上の中で、『毎年ベスト・プレイヤーを出す』慣習を断ち切ることでファンの悲願に応えようという意図だったが、結果的には内部のゴタゴタが尾を引いて、成績不振をもたらしてしまった」。

    それだけ大きな存在だったファン・ダイクが、1月にディフェンダーの移籍記録を塗り替える£75mでLiverpool入りした時に、Liverpoolファンは誰もが歓声を上げると同時に、「スーパースターとは言え、1人がディフェンスの全問題を解決すると期待するのはあまりにも酷」と、自重に努めた。

    しかし、それからプレミアリーグ7試合を終えた時点で、Liverpoolファンの間で、「以前は、相手チームがコーナーを得た時には心の中で祈ったものだったが、今では安心して見ていられるようになった」という会話が交わされるようになった。数字の上でも、ファン・ダイクが来てからは、失点が40%近く減っていた。

    「GKとレフトバックも交代し、両ポジションは明らかに向上した。だから、『1人がディフェンスの全問題を解決した』と言うのは語弊がある。ただ、ファン・ダイクは、空中戦を制するなど戦力面での増強もさることながら、常に声を出してバックフォーを絞めるリーダーとしての存在感が大きい。近年のLiverpoolのディフェンスに致命的に欠けていたものがリーダーシップだっただけに、結果的には『1人』が目に見える差異をもたらした」。

    Liverpoolファンのその印象は、クーマンより一足先に、ファン・ダイクのリーダー資質を見抜いた監督となった、ニール・レノンが裏付けた。3月6日のポルト戦(試合結果は0-0、通算5-0でLiverpoolが勝ち抜き)のプレビュー番組で、その前のニューカッスル戦(3月3日、試合結果は2-0でLiverpoolの勝利)でマン・オブ・ザ・マッチの活躍を見せたファン・ダイクについて語った言葉だった。

    「セルチックに来て、1週間トレーニングを見た後で、私はファン・ダイクに言った。『このクラブにいる間、楽しんでプレイしなさい。君はここには長くはいないだろうから』と」。

    その時のレノンの言葉通り、CL準々決勝進出の主役としてひのき舞台に立つスーパースターになったファン・ダイクは、自分を見込んでくれた監督への感謝と、Liverpoolでの決意を語った。

    「Liverpoolに来て、チームメートや監督コーチ陣を始めとする全ての人々のお蔭で、すぐにこのクラブに溶け込むことができた。ただ、負傷明けで完全でない状態で入って来たということもあり、向上し続けるために毎日全力で勤めている。まだまだ伸ばす面は多いと思っている」。

    「僕は、このクラブの全てが好きで、このクラブに来たいと思った。アウェイの試合で熱心に応援してくれるファンの姿も、そしてこの伝統と歴史の詰まったスタジアムとホーム・スタンドのファン。チームメートは一流選手揃いだし、気さくな人柄ばかりで明るい雰囲気に満ちている」。

    「そして、監督はもの凄く素晴らしい人。勝てるチームを作るための資質を備えている人。このクラブでプレイできることを心から誇りに思っている。そして、このクラブであらゆる栄誉を勝ち取るために全力を尽くす」。

    12分間の独占スピーチ

    3月16日の昼前にCL準々決勝組み合わせが発表となり、イングランドから勝ち残った2チームであるLiverpoolとマンチェスターシティの対戦が決まった。イングランドのメディアは、エティハド・スタジアムでの2戦目の前にプレミアリーグ優勝が決まっている可能性が高いシティが、今季唯一敗戦を喫したアンフィールドでの4-3の余韻を掘り起こし、「どちらが勝っても興奮ものの試合になることは確実」と持ち上げた。

    その数時間後に、ジョゼ・モウリーニョが、翌日のFAカップ戦(対ブライトン)の記者会見で爆弾発言を出した。BBCは「CL準々決勝組み合わせのビッグ・ニュースをわき役に追いやって、ヘッドラインを横取りすることができるのはモウリーニョしかいない」と、皮肉交じりの説明付きで、その驚愕の「12分間の独占スピーチ」を報道した。

    「こんにちは。私は生きてますよ」という挨拶で始まった「12分間の独占スピーチ」は、ブライトン戦の試合前の記者会見というよりは、3日前のセビーリャ戦(試合結果は1-2、通算2-1でセビーリャが勝ち抜き)の試合後の記者会見を再開したものだった。

    いわく、モウリーニョが監督に就任した2年前に『引き継いだ』ユナイテッドの戦力は、シティ監督が2年前に引き継いだ戦力と大きな差があったので、現在のチーム力の差は監督の仕事の差ではない。「私がユナイテッドを去った後で、後任監督はネマニャ・マティッチやロメル・ルカクを引き継ぐ」と、自分の業績を自慢した。

    ユナイテッドの現戦力に関しては、来季プレミアリーグ優勝するためには更に多額の投資が必須と断言し、「セビーリャの何人もの選手が私が自分のチームで使いたい選手」であり、現在のユナイテッドの選手は「もっと成長する必要がある」。つまり、セビーリャに負けたのは(前任監督から引き継いだ)ユナイテッドの戦力が劣っていたからであり、モウリーニョは何ら責めは負わない、ということだった。

    この「12分間の独占スピーチ」に、ユナイテッド・ファンは蜂の巣をつついたような騒ぎになった。「これまでは賛否両派に加えて、保留派が3分の1ずつくらいだったが、今回で保留派から否定側に回った人は多い。3年シンドローム(※直近のモウリーニョの実績から、2年目でリーグ優勝した翌シーズンに内紛を起こして3年でクビになる事象を指す)があっても、その前にリーグ優勝を奪還してくれればと、様々なネガティブな要素も我慢してきたが、もう限界だ」。

    ライバル・ファンの間でも、「モウリーニョの『3年目の破壊』が2年目に繰り上がった」という意見が飛び交った。「選手を公の場で個人攻撃し、ファンの声援が乏しいと不満を言い、先日はクラブの敗戦経歴を強調し、勝てない責任を自分以外の全てに擦り付けている。PSGから誘いが来ているという噂があるが、モウリーニョはPSGに行くためにユナイテッドをクビになろうとしているように見える」。

    Liverpoolファンも例外ではなかった。「すでに£300m近い戦力補強をした上に、勝てるチームにするにはあと£200m必要という言い分の背景には、モウリーニョは、ペップ・グアルディオーラやユルゲン・クロップのように『選手を育てて戦力を増強する』という信念がないから、即戦力を調達することしか考えない」。

    「クロップが監督でいてくれて、我々は恵まれているとしみじみ思う」。

    折しも、クロップからLiverpoolファンに対する感謝の言葉が出たところだった。3月17日のワトフォード戦(試合結果は5-0でLiverpoolの勝利)の試合前のインタビューで、地元紙リバプール・エコーに語ったものだった。「オールド・トラッフォードで、3000人のLiverpoolファンが、75,000人のホーム・スタンドのファンの10倍の音量で声援してくれた。試合前、試合中、そして最も重要なことに、試合後も(試合結果は2-1でユナイテッドの勝利)」。

    「チームが最も必要としていた時に、ファンが激励をくれた」。

    「負けた試合の後で、あのような声援をくれたファンの姿は、私が監督になって以来最大という程の印象を与えてくれた。このような人たちがサポートしてくれるクラブの監督を勤めれれる誇りと同時に、この人たちのためにも栄誉を勝ち取らなければいけないと、気を引き締めなおした」。

    クロップの言葉に、トラベリング・コップは笑顔を交わした。「クロップが、スタンドで我々がクロップの歌を歌うを嫌がることは承知だが、何とか我々の気持ちを伝えたい。シーズン最後のアンフィールドでクロップのモザイクを作るのはどうだろう?シーズン1回だけなら、クロップも受け取ってくれるのでは?」

    これに対して、別のファンが首を横に振った。「それは絶対NG。クロップは、自分よりチームが大切だから、あっさり却下されると思う。たぶん、クロップが去る時だけは許されるだろう。その時はNGとは言えないだろうから」。

    アカデミーチームの申し子

    3月10日のプレミアリーグは、ウエストハム対バーンリー(試合結果は0-3でバーンリーの勝利)で起こったファンのオーナーに対する抗議行動が、その日のヘッドラインをほぼ独占した。前半はウエストハムがやや優勢だった試合で、後半66分にバーンリーが先制ゴールを決めた直後に、最初のピッチ侵入が発生した。その動揺をついたかのようにバーンリーが追加点を入れたのを皮切りに、再びピッチ侵入、続いてディレクター・ボックス側のスタンドにいたファンが、アンチ・オーナーのスローガンを叫びながら、ピッチとスタンドの間(※陸上のトラックに当たる部分)を埋め尽くしたのだった。

    罵倒の矛先となっていたオーナー・グループがスタンドを去った後もトラックの混乱は続き、ピッチの上では戦意をそがれたウエストハムが失点を重ねた。試合後に、トラックから投げられたコインがオーナー・グループを直撃した事実が判明し、「まるで80年代(フーリガンがイングランドを覆っていた時代)に戻ったような衝撃的な光景」と、メディアは一斉に報道した。

    この事件の背景として、ウエストハムのファン・グループの一つがこの日にアンチ・オーナーのデモを計画していたものが、別のファン・グループにより取りやめとなったという説が流れた。スタンドにいた大多数のウエストハム・ファンから、「彼らはまるで、チームが失点した瞬間までデモ決行のタイミングを待っていたかのようだった」という非難の声が上がった。

    ファンの間では、伝統と歴史の詰まったアプトン・パーク(旧ホーム・スタジアム)を出て、フットボールには不適格な構造のオリンピック・スタジアムに移転したこと、それに際してオーナーが公約した「クラブの発展計画」が実現の気配もないまま、戦力補強投資も反故にされている現状に対する不満が蓄積していた。

    ウエストハムの状況は、他チームのファンの間でも折に付け話題になっていた。特にリバプールやマンチェスターなど北部の不況都市では、「ロンドンの中産階級のおぼっちゃま連中とは違い、生粋のコックニー(※ロンドン東部。広義ではトットナムやアーセナルの北ロンドンも含む)のウエストハム・ファンは、労働者階級の誇りと忠誠心がある」と、肯定的な見解が圧倒的だった。

    「ウエストハム程の歴史を持つクラブが、ここまで魂を奪われた上にファンがないがしろにされているのは前例がない」と、Liverpoolファンは深刻な表情でつぶやき合った。「その不満の表現の仕方は間違っているが」。

    ピッチに侵入したファンを取り押さえたウエストハムの主将マーク・ノーブルが、「僕はウエストハム・ファンとして、常にクラブを守ってきた」と、深刻な表情で語った。地元東ロンドンでウエストハム・ファンとして生まれ育ち、ウエストハムのアカデミーチームから上り詰めてきたノーブルにとって、クラブの現状は厳しいものだった。

    「新スタジアムに移転してから2年間、ずっとこのような状況が続いている。試合に負ける度に、ファンの怒りが響き渡っている。しかし、今日は特に顕著だった。今日の批判は僕らチームに対して向けられたものではなかったが、ただ、あの状態の中で試合だけに専念するのは無理」。

    さてLiverpoolは、同じ日に宿敵マンチェスターユナイテッドに2-1と破れ、4位に転落した。ウエストハムの事件のお蔭で注目度はやや低下したとはいえ、この試合で前半の2失点の原因となったライトバックのトレント・アレクサンダー・アーノルドが、ハイライト番組で軒並みつるし上げを食らった。「トレントは攻撃面では良いものを持っているが、守りでは弱点が目立つ。Liverpoolは、トップを目指すにはライトバックを補強すべき」という見解が乱れ飛んだ。

    これに対して、ユルゲン・クロップは大声で反論した。「あの失点はトレントは防ぐべきだった?もちろん、トレントは防ぐ実力を持っている。ただ、マーカス・ラッシュフォードの攻撃はスピードと威力があったので、抜かれてしまった。それをカバーできなかったチーム全体の責任」。

    圧倒的多数のLiverpoolファンが、クロップの言葉に大きく頷いた。「クロップが来季もトレントを使い続けることを祈っている。19歳のトレントに、毎試合100%の安定した活躍を期待するのはあり得ないし、先輩ディフェンダーがカバーできなければ、負けにつながることもあるのは仕方ないこと。でも、それを避けるためにトレントのチャンスを奪うならば、クラブはアカデミーチームを放棄するようなもの」。

    「スカウサーのトレントは、ミスから学んで一人前に育った暁には、忠誠心を尽くしてクラブを守るだろう」。

    ファンの期待を裏付けるかのように、トレント本人からメッセージが出た。「ファンの方々にお詫びします。そして、結果が得られなかったというのに、素晴らしい応援をくださったことを心から感謝しています。今日の敗戦を教訓に、次は勝てるように頑張ります」。

    外部に対する「怒り」を燃やし続ける

    3月3日の週末のプレミアリーグは、トップ6の中で勝ち組と負け組がきっぱりと分かれた。マンチェスターシティが1-0とチェルシーを破り、優勝決定までのカウントダウンを着実に進めた試合では、シュート数わずか3(オン・ターゲット0)のチェルシーが「残留争いのチームならさておき、チャンピオンがバスを停めてかかった」と猛批判を浴びた。

    そのシティにリーグカップ決勝(試合結果は3-0)、リーグ戦(試合結果は3-0)と大敗を食らった後で、ブライトンに2-1と連敗を喫したアーセナルは、「アーセン・ベンゲル引退論」に拍車をかけた。

    いっぽう、ニューカッスルに2-0と勝って、月曜日まで試合がないマンチェスターユナイテッドを一時的に抜いて2位に浮上したLiverpoolは、ハダースフィールドに2-0と勝って2ポイント差で4位に付くトットナムと並ぶ「勝ち組」だった。

    前週のウエストハム戦(試合結果は4-1でLiverpoolの勝利)の後で、「トップ4争いに有利になった」と誘導尋問を受けたユルゲン・クロップは、「集中力と強い意欲を維持して残り日程を乗り切ることが重要」と、真顔で宣言した。「今日は良いプレイができた、と喜ぶのではなく、外部に対して怒りを燃やし続けなければいけない」。

    ニューカッスル戦でマン・オブ・ザ・マッチに輝いたアレックス・オクスレイド・チェンバレンが、試合後のインタビューで「外部に対する怒り」について質問されて、「怒るのは主将のヘンドに任せている」と、笑った。

    「僕はいつも笑顔を浮かべている人間だから。サディオ(マネ)とモー(サラー)も同じく、いつも笑っている。でも、笑っていても怒っていても、やるべきことは何かということを皆同じく理解している」。

    実際に、オクスレイド・チェンバレンがいつも笑顔を浮かべている様子は様々な場面で見られた。Liverpoolのクリスマス時期のコミュニティ・サービスの一環で、フィリペ・コウチーニョとロベルト・フィルミーノと一緒に3人で地元小学校の子供たちを訪れた時も、オクスレイド・チェンバレンの明るい笑顔が光った。それは、3人が隠れていることを知らない子供たちに、LFC TVのスタッフが「Liverpoolの中で最も好きな選手は誰?」と質問して、正直な回答を引き出す、という企画だった。

    言うまでもなくブラジル人コンビは大人気で、ほぼ全員が2人の名を上げた。そして、「オクスレイド・チェンバレンは?」という質問に、ほぼ全員が首を横に振った。そこで3人が登場して子供たちを驚かすと、中にはオクスレイド・チェンバレンを見て、面と向かって「もっと頑張らないと好きになれないよ!」と言った子どもすらいた。

    番組の締めくくりで、オクスレイド・チェンバレンは(ジョークで)「ロンドンの子供たちは僕のことを好いてくれていたのに、リバプールの子供たちは冷たい」と泣くふりをして、3人が爆笑した。

    当時のオクスレイド・チェンバレンは、まだLiverpoolのフットボールに順応しつつある最中だった。子供たちからダメ出しされ、世間はまだ半信半疑だった中で、前向きだった。「Liverpoolに来て良かったとしみじみ感じている。監督から信頼されているということは心強いし、ファンとチームメートに支えられて、監督の信頼に答えようと意欲が沸く」。

    クロップを慕ってLiverpoolに来たことは、既に明かしていたことだった。「あんな風に監督から肩を抱かれて、毎日のトレーニングで厳しく指導してもらえたら、きっと自分はより成長できるだろうと思った」。

    そして、その時の言葉をピッチの上で実現できるようになったオクスレイド・チェンバレンに対して、世間の嘲笑は驚きに変わった。

    「クロップのところで半年修業した途端に『すごく良い選手』になったオクスレイド・チェンバレンを見ていると、ベンゲルは引退すべき段階に至ったと確信できる」とは、第三者であるはずのマンチェスターユナイテッド・ファンの言葉だった。

    「その背景には、いつも笑顔を浮かべているオクスレイド・チェンバレンが、内心で『外部に対する怒り』を燃やしているから」と、地元紙リバプール・エコー紙は明かした。

    それは、昨年夏に£35mでLiverpool入りした時に、アーセナルのレジェンドであるティエリ・アンリと、イングランド代表で共に働いた大先輩ガリー・ネビルが、異口同音に語ったネガティブな言葉だった。「オクスレイド・チェンバレンの良さがどこにあるのか、今だにわからない」と言ったアンリに追従して、ガリー・ネビルは「アーセナルにとっては非常に良い移籍」と冷笑した。

    「彼らの言ったことは、もちろん意識していた。尊敬する先輩から言われたと思うと、正直ショックだった」と、オクスレイド・チェンバレンは振り返った。

    「人はみな意見を持っているし、自分の意見を表明する権利がある。ただ、僕はLiverpoolに来て、僕を信頼してくれている監督の下で一生懸命に働くうちに、自分を信頼できるようになった。それが最も大きな進歩。外部の人が何と言おうと、自分に対する信頼は揺らがない」。


    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR