FC2ブログ

    ジェームズ・ミルナーの「たいくつ」コメント

    12月22日のアーセナル対Liverpoolのプレミアリーグ戦が、全国メディアの間で「マッチ・オブ・ザ・ウィーク」と絶賛を受けた。Liverpoolが2-0とリードした後で、アーセナルが53-58分の5分間に3ゴールで逆転、最後は71分の同点ゴールで3-3と引き分けた試合は、TVで見ていた第三者の目には興奮ものだった。

    ただ、内容的に優位に立ちながら、得点チャンスを逃しているうちにミスから失点し、2ポイントを逃したLiverpool陣営は、渋い顔が浮かんでいた。

    その時、スカイTVの試合後のインタビューで、ジェームズ・ミルナーが、「あれほど優勢に試合を進めていたのに決められなかった。我々はもっと『たいくつ(ボーリング)』になる必要がある」と、失望と反省を語った表現が、イングランド中のファンに大うけし、同じくらい大きなヘッドラインを飾ることになった。第三者に絶賛される面白い試合をして1ポイント取るよりも、「たいくつ(ボーリング)」でも良いから3ポイントを死守すべき、というミルナーの意図は誰の目にも明らかだった。

    しかし、例の「たいくつ(ボーリング)なジェームズ・ミルナー」というTwitterのパロディ・アカウントがあまりにも広まり過ぎたため、今回のミルナーの真面目なコメントが爆笑を買ったのだった。Liverpoolファンの間でも、「ミルナーの口から『たいくつ』という言葉が出たので、思わず吹き出してしまった」と、笑顔が浮かんだ。

    すっかりフットボール界に定着した「たいくつ(ボーリング)なジェームズ・ミルナー」は、地道にパロディのメッセージをポストし続けていた。

    その中に、昨2016-17季3月のマンチェスターシティ戦の直後のものがあった(試合結果は1-1)。「エムレ・ジャンが、なんでシティ・ファンが僕に対してブーイングを飛ばすのか?と質問したので、スタンドを見たところ、目に入ったのは空席だけだった」。

    その頃には明らかに耳に着くようになっていたシティ・ファンのミルナーに対するブーイングについては、少なくない全国メディアが、「シティ・ファンは、わずか2年前までミルナーが誇りを込めてシティのシャツを着て全力を尽くした実績を忘れてしまったようだ」と、批判を掲げた程だった。それを、ユナイテッド・ファンの枕詞である「エティハド・スタジアムの空席」ネタで軽いパロディに仕上げたものだった。

    シティ・ファンのミルナーに対するブーイングは、2016年3月のアンフィールドでのプレミアリーグ戦(試合結果は3-0でLiverpoolの勝利)がきっかけだった。Liverpoolは、その試合で3日前のリーグカップ決勝戦(試合結果は1-1、延長の末PK戦でシティが優勝)の雪辱を果たしたのだが、PKを決めたミルナーが、アウェイ・サポーター・スタンドの目の前で、右手で何かを振り回すようなしぐさでゴールを祝った、そのジェスチャーがシティ・ファンの反感をそそる結果になった。

    「選手が古巣との対戦で得点した時に、ゴールを祝わないことがファンに対する敬意だ、という説には特に賛成はしていない。だから、ミルナーが祝ったことを責める気はない。ただ、あれは、ヤヤ・トゥーレがリーグカップ決勝でPKを決めた時にシャツを脱いで振り回した、あのジェスチャーをパロッたもので、ミルナーはシティに対して反感を投げつけた」という動揺の声がシティ・ファンの間で上がった。

    ミルナーがあのジェスチャーをした理由は定かではないが、シティ・ファンのブーイングを招き、たいくつ(ボーリング)なジェームズ・ミルナー」のパロディにネタを提供することになった。

    それでもミルナーが、「誇りを込めてシティのシャツを着て全力を尽くした」5年間の経験は、今のLiverpoolの中でも大きなプラスに働いていることは、アンディ・ロバートソンの証言からも明らかだった。

    夏にハル・シティからLiverpoolに移籍したロバートソンは、当初の予定ではミルナーからレフトバックのポジションを引き継ぐはずだったが、アルベルト・モレノの復調の陰でチャンスが得られない日々を過ごした。そして、モレノの負傷をきっかけにチーム入りしたロバートソンは、安定したプレイでレギュラーの座を確保するようになっていた。

    「ミリー(ミルナー)は、あのパロディ・アカウントとは正反対の人物。控室で最もジョークを振りまく張本人」と、ロバートソンは笑顔で語った。「僕のような新入りの若手に対して、ものすごく面倒を見てくれる。ミリーのように長いことビッグ・クラブで活躍してきた先輩の、経験に基づく言葉は、若手にとっては貴重なアドバイス」。

    「僕にとっては、これが初めてのビッグ・クラブ。最初は学ぶことが多くて苦戦したが、その時にミリーが励ましてくれた言葉は心に響いた。お蔭で、僕は自信を保ちながら、チームに役に立てるよう頑張り続けることができた」。

    「何年もの長い契約の、僅か2-3か月経過したばかりで、何もかもこれからだ、たっぷり時間があるのだから、焦らず着実に成長しなさい、と教えてくれた」。

    リトル・マジシャンの長い「さようなら」

    2011年9月末のこと、母国スペインからプレミアリーグに来て間もなかったダビド・デヘアが、地元のテスコ(※英国の大手スーパーマーケット)でドーナツを「万引き」した事件が、イングランドのヘッドラインを飾った。「週給£70,000のスター選手が、£1.19のドーナツをつまみ食いしてお金を払わずに出ようとした」。結局警察には通報せず「示談」となったが、店の警備員に捕まってデヘアは顔を赤くして小さくなっていたという。当時20歳で世間知らずだったデヘアは、マンチェスターユナイテッドの正GKとして、スタートに躓いて苦戦していた頃のことだった。

    事件について、地元のファンが「プレミアリーグの、特にビッグ・クラブの選手は、お金を払って何かを買うということを知らない。衣類はスポンサーから『どうかもらってください』と頭を下げてプレゼントされるし、職場であるトレーニング・グラウンドには、レストラン並みの飲食物がクラブの経費で提供されているから、自分でお金を払うという行為は縁がないのだ」と、真顔で説明してくれた。

    今季開始間もない9月に、リバプール市内で雑貨店を経営しているLiverpoolファンが明かした実話も、通じるところがあった。「試合の前日の金曜日の朝、開店第一号の客が入ってきたと思ったところ、なんとフィリペ・コウチーニョだった。フェイスタオルが欲しいとのことで、£1.99だと価格を伝えると、フィルは『銀行に行ってお金をおろしてくる』と、真面目な顔で言った」。自分はLiverpoolファンだから、代金はいらないと言うと、コウチーニョは「本当にいいんですか?」と驚いたという。そして、ポケットをひっくり返して持っていた小銭を全て渡して、何度も何度も頭を下げて去ったとのことだった。「後から数えると、£1.63だった。週給£100,000のプレミアリーグのスター選手が、£1.99(約300円)のタオルを買う現金も持っていないとは」と、そのファンは苦笑した。

    £2そこそこのドーナツやタオルの買い方を知らないデヘアもコウチーニョも、プレミアリーグのビッグ・クラブの看板であり、ライバル・ファンから一目置かれている超一流選手だった。デヘアが2年前の夏に、自ら切望していたレアルマドリード入りが、ユナイテッドも(渋々)合意して成立したにも関わらず、期限内にFAXが届かなかったという事務的な手続きミスのために破断に終わった話は有名だった。隣人ネタのジョークに盛り上がるシティ・ファンですら、デヘアを「ドーナツ好き」と呼び、移籍の話題になると「FAX機は動くようになったか?」と笑いつつも、デヘアのスーパーセーブに真顔で拍手を送る。

    同様に、ピッチの上でマジックを披露するコウチーニョのプレイに魅了されるライバル・ファンが、「コウチーニョをバルセロナに取られたら、Liverpoolは戦力面で大きな打撃だろう」と、宿敵の弱体化を期待する半面で、「プレミアリーグでこの選手のプレイを見られなくなるのは寂しい」と、純粋にフットボール・ファンとしての声を上げていた。

    8月末には移籍リクエストを出してまでバルセロナ入りを強行しようとしたコウチーニョに対して、その時には「裏切られた」と嘆いたLiverpoolファンが、アンフィールドでのセビーリャ戦(試合結果は2-2)で今季初出場となったコウチーニョを盛大な拍手で迎えた、その心の底には、いずれは失うことになるコウチーニョのプレイを、今のうちに堪能しようという、痛みの伴う決意があった。

    12月6日のスパルタクモスクワ戦(試合結果は7-0でLiverpoolが勝ってCLラスト16に首位勝ち抜き)でハットトリックを決め、「ブラジル代表チームでは経験あったが、Liverpoolでは初めて。チームの重要な勝利に貢献できたので、僕にとっては最高のハットトリックになった」と、笑顔で語ったコウチーニョを拍手で見守りながら、Liverpoolファンは誰もが同じ気持ちを抱いていた。

    「リトル・マジシャンの長い『さようなら』は既に開始してる」と、地元紙リバプール・エコーがファンの気持ちを代弁した。折しも、1月の移籍ウィンドウに再びバルセロナが獲得に動くという噂がどんどん大きくなっていた。

    「夏にコウチーニョが移籍リクエストを出した時には、Liverpoolは代わりの選手を取る時間もないこともあり、押し切った。しかし今は、Liverpoolとしては代作を立てる時間が得られたし、ユルゲン・クロップが、出て行きたい選手をいつまでも無理に引き留めるとは考えにくい。そしてコウチーニョは、希望がかなえられなかったのに、文字通りLiverpoolで全力を尽くしている」。

    「Liverpoolで成長させてもらった恩を語り、クロップに対する感謝を公言し、それをピッチの上で実践しているコウチーニョを、行かせて上げるのが筋というもの。問題は、リトル・マジシャンの長い『さようなら』が、今季末まで続くのか、1月で終わるか」。

    壊された'ファブ・フォー'

    12月10日の通算229回目のマージーサイド・ダービーを控えた12月4日、年明け1月6日の週末に行われるFAカップ3回戦の組み合わせが発表され、初ラウンドでいきなり「FAカップ・ダービー」となったことで、地元の両陣営から大音量の反響が上がった。

    折しも、エバトンは「チームを降格から救う」実績を持つサム・アラダイスが新監督に就任し、リーグ2連勝で順位表の中頃まで上がってきたばかりだった。対するLiverpoolは、リーグ連勝に続き、12月6日のCL最終戦では「ファブ・フォー(※)」というニックネームが定着していた、サディオ・マネ、モー・サラー、ロベルト・フィルミーノ、フィリペ・コウチーニョの4人の攻撃が爆発し、スパルタクモスクワを7-0と破ってCLグループラウンド首位勝ち抜きを決めた時のことだった。

    ※オリジナルは、60-70年代に世界を一世風靡したビートルズを賞賛するニックネーム(The Fab Four)。リバプール市の4人組ということでメディアから授かった。

    すかさずジェイミー・キャラガーが、「気の毒なエバトン・ファン。クリスマスだけでなく、新年も頭痛で寝込ませられるとは」と、ジョークをSNSにポストして、世の中の笑いを買った。

    これに対して、リバプール市出身で筋金入りのエバトン・ファンで有名な、元WBC世界クルーザー級王者のプロボクサー、トニー・ベリューが「ダービーが近づくと頭痛がひどくなる」と告白し、地元のファンの気持ちを代弁した。

    「最後にアンフィールドで勝ったのは1999年のこと。以来、僕は3人の子供たちの父親になり、プロボクサーとして数えきれないほどのパンチを食らった」と、ベリューは悲痛な表情で語った。「子供の頃は、ダービーと言えば期待と興奮で胸を膨らませる行事だった。それが今は、不安をこらえながら試合に向かい、首をうなだれて帰途に着く、悪夢の代名詞になった」。

    リングでパンチを食らうのとダービーで負けるのとどちらがより痛いか?との質問に、ベリューは苦笑を浮かべた。「パンチを受ければ体が痛む。それに比べて、ダービーで負けた時の精神的苦痛は深く、長いこと消えない。エバトン・ファンにとってアンフィールドはストレスの住処」。

    ベリューの悲痛な言葉に、エバトン・ファンが一斉に頷いた横で、キャラがポツリと言った。「先日は、Liverpoolがエバトン・ファンを『クリスマスだけでなく、新年も頭痛で寝込ませる』と言ったが、しかし逆の結果になれば、僕自身がつるし上げを食らうことは覚悟している」。

    ふたを開けると、キャラの「覚悟」が現実となった。

    Liverpoolは過密日程のローテーションを貫き、スパルタクモスクワ戦から6人交代したチーム編成で臨み、ポゼッションで80%の優位に立ちながらも得点チャンスを逃しているうちに、77分のPKで1-1と引き分けに終わった。

    いっぽうエバトンは、週中のEL最終戦では既に敗退が決定していたこともあり、ダービーに備えて主力を全員休ませ、若手チームで臨んだ(対アポロン・リマソール、試合結果は0-3でエバトンの勝利)。その気迫が結果を呼んだ。

    「先制された後でも堅い守りを崩さなかったアラダイスの戦略がPK判定を呼んだ。結果は引き分けで、1999年以来無勝の残念な記録は破れなかった。でも、エバトンの最多パスがGKのジョーダン・ピックフォードという数字の通り、不利な展開を打開して得たこの1ポイントは、エバトン・ファンにとっては勝利のようなもの」と、地元紙リバプール・エコーの青いページが勝利宣言を掲げたのに対し、赤いページは「敗北のように感じた1ポイント」と沈んだ。

    Liverpoolの「敗因」については議論が分かれた。「ソフトなPK」と、レフリーの判定を非難する声と並行して、「ゴールに背を向けていた選手に触れた無謀な守りが自滅を呼んだ」という説が飛んだ。ダービーでローテーションを貫いたユルゲン・クロップに対する批判も少なくなかった。

    そんな中で、エコー紙(の赤いページ)が、「壊された'ファブ・フォー'」という見出しの記事を掲げた。

    「ユルゲン・クロップは、スパルタクモスクワ戦の後で、'ファブ・フォー'という表現に対して異論を唱えた。『良くやっているのは4人だけではないのだから、他の選手たちに対して失礼だ』と。2ポイントを落とした責任は自分にあると認めながらもクロップは、'ファブ・フォー'を壊したチーム編成を『正しかった』と主張した」。

    「アラダイスのエバトンが守り固めで来ることは誰もが予測したこと。1-0になった後で、'ファブ・フォー'の片割れの一人であるサディオ・マネが、絶好の追加点のチャンスを外した場面があった。右側にはドミニク・ソランケとアレックス・オクスレイド・チェンバレンがフリーだったのに」。

    「ローテーションがうまく回るには、'ファブ・フォー'が'他の選手たち'と協力して勝ちを得ることが必須。そのクロップの戦略を無にするような一瞬のミスが、2ポイントを吹き飛ばし、Liverpoolファンを頭痛で寝込ませた」。

    自分のチームのゴールを喜ぶ監督

    10月28日、ユルゲン・クロップが長年の親友であるデビッド・ワグナーとプレミアリーグで初対戦した時に、ワグナーが語った言葉がLiverpoolファンの間で大きな話題を呼んだ(試合結果は3-0でLiverpoolの勝利)。中でも最も大きな反響を集めたのは、「イングランドのメディア(の批判)はドイツに比べて遥かに大きい。特に、声を上げる人の数が多い」というものだった。

    折しも、ハダースフィールドがその時点で9戦3勝3分の12ポイントで11位と、プレミアリーグの「驚きのチーム」となっていたのと対照的に、9戦3勝4分でわずか1ポイント差の9位にに低迷していたLiverpoolが、批判の嵐の渦中にいた時のことだった。

    「フットボールは結果ビジネスだから、勝てなければ批判されるのは仕方ない」と肩をすくめながらも、一部のアンチのアナリストが「ユルゲン・クロップは今季の途中でクビになるだろう」という予測を掲げる姿に、Liverpoolファンは、「イングランドのメディアの過剰さに、クロップが嫌気を抱いて出て行くのではないか」と、心配する声すら出ていた。

    状況は変わり、以来6試合で5勝1分と調子を盛り返し、4位に浮上した12月2日のブライトン戦(試合結果は1-5でLiverpoolが勝利)の後で、戦績にもかかわらずイングランドのメディアのクロップ批判が沸き起こる事態になった。

    それは、試合後にブライトンのクリス・ヒュートンがクロップとの握手を拒んだらしき場面がTVカメラに映ったことから、その夜のマッチ・オブ・ザ・デイでクローズアップされたものだった。レギュラー・アナリストのイアン・ライトが、「4点も5点も取った時に、監督がいちいちタッチラインで飛び上がってガッツポーズを見せれば、負けた側の監督が神経を逆なでされるような気持ちになるのも当然。おそらくヒュートンだけでなく、他の監督も同じように感じ始めているのではないかと思う」と、クロップ批判の口火を切った。

    その音韻が続いていた2日後に、BBCの別の人気ハイライト番組で、レギュラー・アナリストのガレス・クロックスが、毎週選出しているプレミアリーグのチーム・オブ・ザ・ウィークのコメントの中で「クロップ批判」に拍車をかけた。それは、ロベルト・フィルミーノの選出理由の説明の3分の2のスペースを割り当てて、「CL決勝なら話はわかる。でも、これはブライトン戦。勝利は重要だが、ゴールの度にこぶしを振り回して大げさに喜ぶ必要があるのだろうか」と指摘したものだった。

    「不必要なまでに大げさな喜び方のために、試合が終わった時には両監督が握手してお互いをねぎらう伝統が守られなくなってしまった。勝利とお金が至上となってしまい、フットボールの良さが失われつつある。監督として適切な行動ができないような人物は、他の職業を探すべき」。

    これに対して、「『勝利とお金』?勝てない時に批判されるのはさておき、勝つのがダメなの?それも、ボビー(フィルミーノ)を称賛すべき記事ので、えんえんとクロップ非難を並べた末に、クロップに監督をやめろとは何事?」と、Liverpoolファンの間で反論が飛んだ。

    かくして、ライトとクロックスの「クロップ批判」は、しばしイングランド中のフットボール・ファンの話題を独占することになった。

    そして、チームを問わず圧倒的多数のファンが、クロップ擁護の意見を表明した。宿敵であるマンチェスターユナイテッド・ファンも例外ではなく、「自分のチームのゴールに、飛び上がってガッツポーズする監督に対して非難の指をさすようなアナリストこそ、他の職業を探すべき」と、肩をすくめた。

    地元紙リバプール・エコーが、「ユルゲン・クロップは欠点がない完璧な監督だとは言わないが、ゴールを喜ぶことはその一つではない」という記事でファンの意見を代弁した。

    「クロップがタッチラインで感情を素直に表現する監督である真相は、プレミアリーグに来る前から有名だったし、イングランドでのクロップ人気の一因でもあった。それが、CL決勝ならいいがブライトン戦では喜ぶべきではない、と言うのは、ブライトンに対する侮辱。クロップはブライトンに敬意を抱いているからこそ、全身でゴールを喜んだ」。

    「試合後の記者会見で、ヒュートンは『Liverpoolは今季これまで対戦した中で最も強いチーム』と絶賛した。その口調からは、クロップに対して根に持つような感情を抱いている、という印象は全く受けなかった。そもそも、4点も5点も取られて負けることそのものが、やられた監督にとっては神経を逆なでされるはず」。

    「つまり、クロップが他の監督から嫌がられる状況が、今後頻繁に起こることを祈るべき」。

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR