FC2ブログ

    翌朝クビになる

    11月20日、WBAが監督トニー・ピュリスの解任を発表した。2017-18季が12試合消化という時点で、プレミアリーグでは5人目となった。ホームでチェルシーに0-4と大敗を喫し、連敗を4と伸ばした試合中に、ホーム・サポーター・スタンドから「翌朝クビになる」チャントが飛んだ様子は、WBAの地元紙バーミンガム・メールが「このところスタンドの風物詩になっていた」と称した通り、誰も驚かなくなっていた。その通り、その翌日に決断が下ったのだった。

    降格と昇格を繰り返す、いわゆる「ヨーヨー・クラブ」として分類されるWBAは、ピュリスが2015年1月に監督に就任して以来、そのシーズンに14位、翌季は10位とプレミアリーグの常連としての地位を固めつつあった傍ら、魅力的なフットボールとは対極にある戦術を貫くピュリスは、「ファンの支持を一度も得られずに終わった」とは、バーミンガム・メール紙の見解だった。

    「近年のプレミアリーグでは、10、11月に監督がクビになる傾向が顕著となっている。最下位でクリスマスを通過したチームが残留を達成するのは異例と言える程に困難な上に、新監督が1月の移籍ウィンドウに戦力補強計画を立てるための時間が取れる最終タイミングでもあるため」と、全国メディアはピュリス解任を冷静に分析した。

    「それにしても、ピュリスのクビを求めるWBAファンの声は、あまりにも大きくなり過ぎてオーナーは最終決断を下さざるを得なくなった」。

    バーミンガム・メール紙は、「ファンの判定」を更に裏付けた。「アシスタントのガリー・メグソンが暫定監督としてトットナム戦に臨んだ、そのアウェイ・スタンドでは、明るい笑顔に戻った2,400人のWBAファンが、試合開始4分の先制ゴールに飛び上がって歓声を上げた。『翌朝クビになる』チャントはすっかり影を潜め、74分に同点ゴールを食らった後も、最後まで元気に飛び跳ね続けた(試合結果は1-1)」。

    バーミンガム市内のアストンビラとバーミンガムシティに加えて、近郊都市でありWBAにとっての「隣人」に当たるウルブス(ウルバーハンプトン)が揃って2部に低迷しているため、WBAは地元で唯一のプレミアリーグのチームとなっていた。そして、今季はウルブスが好調に首位を走っていた。

    「ウルブスがリーズに4-1と快勝した試合中に、ウルブス・ファンが『WBAよ、来季はダービーができるね!』とチャンとして話題になった。そしてWBAファンは、ウェンブリーのアウェイ・スタンドから『ウルブスへ。待ってるからね!』チャントで返した」と、バーミンガム・メール紙は明るい文面で締めくくった。

    いっぽうマージーサイドでは、10月24日にロナルド・クーマンを解任して以来、監督なし状況が5週間となったエバトンの深刻な状況が、Liverpoolファンの間でも話題になっていた。WBAのピュリス同様に、クーマンがファンからそっぽを向かれた末に解任となった後で、クラブの歴代スター選手であるデビッド・アンズワースの代理監督効果は殆どないまま、7戦1勝2分5敗で16位と低迷を続けていた。

    「本来は最悪でも10位以内には入るチーム力のエバトンは、今は自信喪失で低迷しているが、経験豊富な監督が正式に就任が決まって安定すれば、成績は伴うだろう。ただ、若くて能力はあるが不明要素が大きい監督を選べば、一歩間違えばどん底に行く危険性も秘めている」とは、元エバトンのアナリストの多数派の意見だった。その言葉の横で、監督が決まらない時期が長引くにつれて、落ち着かない空気が濃厚になっていた。

    後任監督候補として、最近ではワトフォードのマルコ・シルバが最有力と言われている傍らで、その決定権を握るオーナーとチェアマンの意見の対立が原因で、監督決定が遅れている、という説が流れていた。「ファンの声を受けてクーマン解任を決定した」オーナーは、シルバを支持しており、ビル・ケンライトはショーン・ダイシュを推しているが、結局はオーナーが強行するだろうということだった。

    Liverpoolファンの間では、「果たして来季はダービーがあるのか?」という議題が、次第に「来年の今頃は、翌季はダービーが復活するだろうか?という議論で沸いているような気がしてきた」と、苦笑を浮かべるようになった。「同僚のエバトン・ファンが、最近はフットボール談話になると泣きそうな顔になる」と、隣人の苦境を複雑な心境で見守るLiverpoolファンは、自分たちも決して手放しの状況ではないことは認識していた。

    11月21日のセビーリャ戦で3-0のリードを放棄して3-3と引き分けて、CL最終戦を必勝のプレッシャーで迎えることになった直後のチェルシー戦で、先制しながら85分の同点ゴールで1-1と引き分けた。

    そんな中でも、Liverpoolファンは、幸い「翌朝クビになる」チャントとは縁がないことを認識し、全力で監督とチームを応援し続ける決意を再確認していた。

    Liverpoolのベスト・センターバック

    11月18日のアンフィールドでのサウサンプトン戦に先駆けて、イングランドのメディアは予想通り、夏の移籍ウィンドウ最大のソープオペラの一つだったフィルジル・ファン・ダイクに焦点を当てた。試合前の定例記者会見の場で、「1月にLiverpoolは再度ファン・ダイク獲得に出るか?」という質問に、ユルゲン・クロップは「その質問に私が答えるとでも思ってた?」と爆笑したのに対して、マウリシオ・ペジェグリーノが「将来のことはわからない」と真面目に答えてしまったものだから、喜んだメディアが更に火のない所に煙を立てる騒ぎになった。

    折しも、Liverpoolのジョー・ゴメスが対ドイツの親善試合(試合結果は0-0)でセンターバックとしてイングランド・フル代表デビューを飾り、続くブラジル戦(試合結果は0-0)ではマン・オブ・ザ・マッチの活躍を見せたことで、全国メディアの過剰反応に油を注いだ。

    更には、スカイTVでティム・シャーウッドが「代表監督はクラブの監督より選手を知っている」と断言するに至った。それは、イングランド・アンダー21代表チーム時代からゴメスを見てきた現フル代表監督のガレス・サウスゲートが、Liverpoolでは今季ライトバックで出場しているゴメスの、適材適所を見抜いている、という議論だった。

    「例えば、Liverpoolのベスト・センターバックは誰?ジョー・ゴメスだ。でも実際には、別の選手がセンターバックのポジションを占めていて、ゴメスが能力を発揮する場を奪っている」。

    ジョーク半分に、「1月以降のLiverpoolの3人センターバックは、ジョエル・マティプ、ファン・ダイク、ゴメスで決まり」と叫んでいたLiverpoolファンも、真顔になってシャーウッドの説に反論した。「イングランドの5人DF体制に比べて、攻撃主体のLiverpoolのディフェンスは難易度が高い。ゴメスの将来はセンターバックにあることは疑いないが、若手はまだ不安定なことが多く、プレッシャーをかけ過ぎるのは酷。加えて、今はナサニエル・クラインの負傷のため、18歳のトレント・アレクサンダー・アーノルドをカバーするためにも、ゴメスがライトバックに入ることは必須」。

    期せずしてセンターバックが脚光を浴び中で行われたサウサンプトン戦は、ファン・ダイクが単独で話題をそそるような場面もなく、ベンチで試合を見ていたゴメスに代わり、先輩センターバックがサウサンプトンの得点チャンスをシャットアウトした(試合結果は3-0でLiverpoolの勝利)。

    「ジョー(ゴメス)はこれから15年間、Liverpoolの選手として活躍すべき選手」と、無責任なアナリストの雑音で、不必要なまでに注目を浴びていたゴメスをいたわるかのように、試合後のインタビューでユルゲン・クロップは語った。「イングランド代表チームで素晴らしい活躍をしたことについては、私は心から喜んでいる。もちろん、ジョーはクラブでも重要な戦力。でも、2試合連続出場した僅か4日後に、しかも過密日程の皮切りであるこの試合で、無理をさせるのはリスクが大きいを判断した。負傷に苦しんだ記憶がつい最近のことだけに、尚のこと」。

    それは、今回のイングランド・フル代表チーム初選出に際して語った本人の言葉とも同期を取っていた。

    「最初の負傷から回復して、直後に2度目の負傷に見舞われた時には、運に見放されたかと目の前が真っ暗になったこともあった」。ユルゲン・クロップがLiverpool監督に就任が決まった2015年10月にイングランド・アンダー21代表チームの試合中にじん帯を負傷し、その後、回復直後の2016-17季のプリシーズン中にアキレス腱を負傷してしまった苦悩について、ゴメスは振り返った。

    2015年の夏に、生まれ故郷ロンドンの地元のクラブであるチャールトンから£3.5mの移籍金でLiverpool入りした時には、熱心なチャールトン・ファンから「Liverpoolは史上最大のバーゲン移籍を実現した」と、感傷的な激励を受けたものだった。その時の特約が発効し、今回のイングランド・フル代表キャップ獲得で、Liverpoolはチャールトンに追加で£250,000を支払うことになった。

    メルウッドに向かう道中にイングランド・フル代表選出の連絡を受けたゴメスは、文字通りの速報をクロップに報告した。

    「監督とは、単に監督と選手という関係を超えた、人間的な繋がりを実感している。一人の人間として対話してくれる。じっと話を聞いてくれて、心から言葉をかけてくれる」。

    通算15か月の負傷欠場の後で、昨季後半には試合に復帰したものの、本来の調子を取り戻すのに時間がかかったゴメスは、自分がLiverpoolの戦力として将来はあるかと迷ったという。クロップとの会話で踏ん切りがついたゴメスは、順調に復調の道を歩み、地元のクラブであるチャールトンに追加収入をもたらした。

    「監督がいなかったら、今の自分はなかった」。

    ウェンブリーのミニ優勝パレード

    プレミアリーグの試合がないインターナショナル・ウィーク中は、あちこちで様々な総まとめ特集記事が出没する。その一環で、デイリー・メール紙が「チェルシーの余剰戦力ベスト・イレブン」と題して、ケビン・デ・ブルイネ、ロメル・ルカク、モハメド・サラー、ダニエル・スタリッジらスター選手を集めて強豪チームを編成した。

    笑いながら見ていたLiverpoolファンは、「アンダー20W杯チャンピオンで最優秀選手のドミニク・ソランケと、アンダー17W杯チャンピオンで得点王のリヤン・ブルースターが、数年後にこのリスト入りするだろう」と頷きあった。

    ブルースターの準々決勝、準決勝での連続ハットトリックで決勝進出したイングランドが、5-2とスペインを破ってアンダー17W杯に輝き、全国メディアはお祝いムードで大騒ぎしていた時のことだった。

    しかし、全国メディアのバンドワゴンに先駆けて、Liverpoolファンの間でブルースターの成長が頻繁に話題に上がるようになったのは、昨季後半のことだった。ユルゲン・クロップの若手育成方針の一環で、ファーストチームのトレーニングに定期的に合流するようになったブルースターは、16歳で既に、年齢層をスキップしてアンダー23チームに定着しつつあった。

    「アンダー23でも全く見劣りせず、堂々とプレイしている。ブルースターは、順調に育てば、来季はファーストチームでカップ戦のベンチ要員に入るだろう」と、時間が許す限りユース・チームの試合も見に行く地元の熱心なファンの間で、頻繁に名前が上がる存在になった。

    そしてブルースターは、17歳になったばかりの昨季4月のクリスタルパレス戦で、プレミアリーグのベンチに入ることになった。ファーストチームの負傷者続出という状況の中で、Liverpoolは苦戦の末に1-2とパレスに敗れ、若手に経験を積ませる余裕がないまま終わったが、しばらく前からブルースターの成長を楽しみにしていたファンにとっては嬉しい誤算だった。

    それがブルースターにとって大きなステップとなったことは、9月にイングランド・アンダー17代表チームでW杯に出かける前に、LFC TVのインタビューで語った言葉からも明らかだった。

    「フットボール生活で最高の出来事は?」という質問に、「パレス戦でベンチ入りできたこと」と、ブルースターは大きな笑顔を浮かべた。「あの場に到達するまでには、僕はまだまだ成長しなければならない面がたくさんある。でも、プロのスター選手に交じって、プレミアリーグの試合でベンチ入りできたことは、僕にとっては超現実的な経験だった」。

    2014年に、14歳でチェルシーのアカデミーチームからLiverpoolに来たきっかけは、コーチのマイクル・ビールの転職だった。その時にお父さんが、ブルースターの成長のためにLiverpool入りを決めたのだった。「それは正しい決断だった」と、お父さんは振り返った。「Liverpoolに入ってからというもの、リヤンは毎日笑顔を絶やさない。リヤンはLiverpoolが大好きで、Liverpoolもリヤンを大切にしてくれている」。

    そのお父さんの言葉は、ブルースターに「超現実的な経験」を与えた時のユルゲン・クロップの説明でも裏付けられていた。Liverpool監督に就任して2日目に、アカデミーチームの親善試合を見学していた時に、クロップはブルースターと初対面した。

    当時15歳だったブルースターが、アンダー16チームの試合を50分で引き上げて、アンダー18の試合に出るようコーチから命じられた。小走りにクロップ一行の前を通り過ぎたブルースターは、ふと立ち止まり、おもむろに戻ってきて、クロップに自己紹介して握手を求めたという。

    クロップは「ものすごく気に入った!」と叫び、以来、ブルースターの成長を注目するようになったという。

    そして、ブルースターのW杯優勝達成に際して、クロップを始め、ファーストチームの先輩から次々とお祝いが飛んだ。トレーニングでよく面倒を見ているジニ・ワイナルドゥムは、「初めてファーストチームのトレーニングに来た若手は、普通は物おじして小さくなっているが、リヤンは違った。先輩に対する敬意を保ちながら、堂々と自分を表現した。見込みがあるなとピンときた」と、口をほころばせた。

    ファンや、ファーストチームの監督と先輩の熱い期待に応えてW杯優勝という偉業を達成し、マージーサイドに戻って来たブルースターは、11月10日、Liverpoolアンダー23チームのカップ戦に出場した(対ニューカッスル・アンダー23、試合結果は2-1でLiverpoolの勝利)。同じ頃、ウェンブリー・スタジアムでは、イングランド対ドイツの親善試合に先駆けて、イングランド・アンダー17代表チーム一行がW杯優勝披露式典に招待されていた。

    ブルースターは、9万人の観客の拍手を浴びるチャンスを辞退して、雨のマージーサイドで381人の観客の前で試合に出る方を選んだのだった。

    「リヤンは、ウェンブリーのミニ優勝パレードよりも自分のクラブの試合を優先した」と、Liverpoolアンダー23コーチのニール・クリッチュリーは目を輝かせた。「試合に出て、成長することが自分のやるべきことだと知っているから。W杯優勝の前と後とで態度の違いは微塵もない。優勝で自信を付けたことが唯一の変化」。

    国を統一させたエジプトのキング

    11月1日、CLマリボル戦(試合結果は3-0でLiverpoolの勝利)でゴールを決めたモー・サラーが、同日に発表されたアフリカ・フットボーラー・オブ・ジ・イヤーの候補者入りし、Liverpool陣営は二重の拍手で沸いた。直後にローマのオフィシャル・アカウントがポストした、「2018年1月のアフリカ・フットボーラー・オブ・ジ・イヤー受賞おめでとう、モー・サラー!」というジョーク交じりのお祝いメッセージが、笑いを掻き立てた。

    これに対して、リバプール・エコー紙が解説した。「ローマが気の早いお祝いをポストしたアフリカ・フットボーラー・オブ・ジ・イヤーは、正式には2018年1月4日に発表される。しかし、エジプトのファンの絶対的人気を誇るモー・サラーが受賞することは間違いないという、ローマ時代の事例に基づく『気の早さ』。それは、サラーがLiverpoolの8月と9月のプレイヤー・オブ・ザ・マンスとゴール・オブ・ザ・マンスを連続受賞している事実から、Liverpool陣営でも実感し始めた現象」。

    10月のインターナショナル・ウィーク中に、サラーが95分のPKを含める2ゴールで、エジプトがコンゴに2-1と勝って、1990年以来のW杯予選勝ち抜きを決めたことで、もともとエジプトでは群を抜くNo.1だったサラー人気に更に拍車がかかった。

    サラーの故郷(Nagrig)の村長が、「サラーはこの村を世界地図に載せた」と、熱く語った。「それだけ凄い選手になった今も、自分の故郷に愛情を注ぎ、学校や病院の設備購入資金を出してくれるなど、この村の発展のために多大な貢献をしてくれている」。そして村長は、サラーの出身校を「モハメド・サラー工業高校」と改名したと語った。

    エジプトの富豪の実業家が、W杯出場の「お礼に」、サラーにお屋敷をプレゼントしたいと話を持ち掛けた時に、サラーは「ありがとうございます。それを、僕にではなく、地元のチャリティに寄贈していただけますか?」と言ったエピソードは、まさにサラーの人柄を表していた、と「モハメド・サラー工業高校」の教員が語った。「有名人になってからも折につけ故郷の村を訪問し、地元の人々と気さくに会話するサラーは、国全体の子供たちのお手本になっている」。

    エジプトでのサラー人気の背景について、エジプトのジャーナリストが「サラーは早いうちからヨーロッパに行き、国内リーグの二大勢力であるアル・アハリとアル・ザマレクのどちらにも所属していなかったことから、誰もが何のためらいもなく支持できる選手になった」と説明した。「つまり、サラーは国を統一させたエジプトのキング」。

    かくして、ファン投票で決まる様々な賞で、サラー人気がプラスに働く原理がローマの「気の早いお祝い」となった。そして、サラーの受賞が人気の成果だけではないことは、誰もが知っていた。

    11月4日のウエストハム戦(試合結果は1-4でLiverpoolの勝利)での2ゴールで、Liverpoolでの17出場で12ゴールと、昨季の得点王にわずか2差となったサラーに対する評価は、「この夏のプレミアリーグの新戦力の中で、圧倒的なトップ」と、全国メディアでも上昇する一方だった。「ルイス・スアレス以来の掘り出し物」という声すら出た。

    そして、Liverpoolファンの間で着実に高まるサラー人気が、ファン層の分布図でもエジプトだけの現象ではないことを物語っていた。「ローマから来たこの選手が、ウィングを走り、ゴールを出すと、コップは歌う。サラララララー」というサラーの歌は、あっという間にスタンドの定番になった。

    「サラーとサディオ・マネの俊足コンビは、プレミアリーグのディフェンダーの悪夢。しかも、サラーはマネと同じく人好きのするいい感じ選手。ますます応援に熱が入る」と、Liverpoolファンの絶賛が飛び交った。

    全国メディアがスアレスと比較しているのに対して、70年代を生で見てきたベテランのLiverpoolファンは、もう一人の歴代スター選手を引き合いに出してサラーを絶賛した。「全盛期のケビン・キーガンを思わせる走り。サラーは、キーガンと同じように、走り続けてゴールを決める」。

    ウエストハム戦の試合後のインタビューでサラーは、チームメートのゴールを喜ぶ「人好きのする性格」で、Liverpoolファンの人気を更に刺激した。「前半の早い時間に得点できたことで、その後の展開が有利になった。良いプレイで勝てた。アレックス(オクスレイド・チェンバレン)がプレミアリーグで初ゴールを出せたことは、とても嬉しかった。チーム全体がいい雰囲気になっていて、全員がお互いのために頑張っている。それが、僕はとても嬉しい」。

    「今日の試合は勝てたし、良かった。でも、これからも勝ち続けることが大切」。

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR