FC2ブログ

    RIP 'バグシー'・モーラン

    3月25日、アンフィールドで、Liverpoolレジェンド対レアルマドリード・レジェンドのチャリティ・マッチが行われた。これは、両クラブが各々主催のチャリティをプロモーションする目的で計画されたシリーズで、2015年6月のサンティアゴ・ベルナベルでの1戦目は4-2でマドリード・レジェンドが勝ち、今回の方はLiverpoolレジェンドが4-3と雪辱を果たした。

    この試合でマン・オブ・ザ・マッチに輝いたスティーブン・ジェラードが、「この勝利を、真のレジェンドだったロニー・モーランに捧げる」と宣言し、53,000人のファンから盛大な拍手を受けた。その3日前の3月22日に、短い病棟生活の末に亡くなったモーランは、ジェラードを始め、この試合に参加していた、Liverpoolレジェンド殆ど全員のキャリアを支えた人だった。

    Liverpoolのベテラン・中堅ファンや、古株選手の間では'バグシー'というニックネームで知られていたモーランは、ビル・シャンクリー、ボブ・ペイズリー、ジョー・フェーガンらと共にブート・ルームを創立し、Liverpoolの元主将として、コーチとして、1998年に引退するまで、通算49年間をLiverpoolFCに捧げた。地元マージーサイド出身のモーランは、引退後も、毎日のようにメルウッドに通い、軽いトレーニングで自らの健康維持に励むと同時に、後輩選手・コーチたちに、その深い知識と経験を伝えることで、クラブに貢献するのが日課だった。

    そのような次第で、多くの現役選手たちとも面識があったモーランの訃報は、文字通り、LiverpoolFC全体を悲しみで覆った。その時には既に合宿トレーニングのためにテネリフェ入りしていた現チーム一行は、モーランを偲ぶ1分間の黙とうをささげた。

    そして、ユースチーム時代からモーランを見て来たジェイミー・キャラガーの言葉は、多くの人々の気持ちを代弁していた。「LiverpoolFCには、レジェンドと言われている人物がたくさんいる。その中で、このクラブの代名詞でもある成功と歴史という観点で、ロニー・モーランほど『レジェンド』という言葉がマッチしている人はいない」。

    現役時代、特にコーチとしてのモーランは、とにかく勝つことに固執し、そのために厳しくなれる人として、様々な伝説があった。リーグ優勝したシーズンの終わりに、メダルを選手たちに手渡しながら、モーランがにっこり笑って、「夏休みはゆっくり楽しみなさい」と言った話は、その一つだった。「来季はもっと厳しいトレーニングが待っているから」。

    マイクル・オーウェンが、「キャラは筋金入りのエバトン・ファンだった」エピソードを披露した時にも、モーランが登場してきた。「ファーストチームでデビューしてからも、暫くはエバトン・ファンを続けただけでなく、Liverpoolのチームの中でも隠すことすらしなかった。ある日、アウェイの試合から帰るチーム・バスの中で、エバトンが勝ったという試合結果がラジオから流れた時に、キャラは大声で歓声を上げた。即座にロニー・モーランから叱られたが」。

    キャラは、かくして若手時代によく叱られて、頭が上がらなかったモーランを、「僕のキャリアを開いてくれた人だった」と、感謝を込めて振り返った。

    それは、キャラがミッドフィールダーとしてプレイしていた、ユース・チーム時代のことだった。ユース・カップの試合で、ベンチにはディフェンダーが一人もいなかった時に、センターバックが退場となった。誰を投入するかと監督・コーチ陣が頭を悩ませていた時に、モーランが、「彼は将来、Liverpoolのセンターバックとして名を上げる選手だ」と、キャラを指さしたという。

    「モーランの言葉だから間違いない、と、誰もが素直に信じた。そのような偉大な存在だった」と、キャラは断言した。「そして、僕のキャリアに関しても、モーランの見解は常に正しいということが証明された。僕は、ファーストチームに昇格できたばかりの頃に、モーランの言葉を聞くのが楽しみだった。選手に対して話しかけるやり方や、話の内容、全てがとても勉強になった」。

    引退してからの「メルウッド通い」について、キャラの証言は続いた。「Liverpoolのレジェンドとして、メルウッドに入って来て、大きい顔をして好きなように振る舞うのが当たり前と言える程の人物なのに、全く違った。モーランは、メルウッドに来ると必ず、まずは監督にOKを取り付けた。ジェラル・ウリエ、ラファ・ベニテス、そしてブレンダン・ロジャーズの時代まで。それは、LiverpoolFCとブート・ルームを支えた精神の象徴」。

    シャンクリーがTVのキャラクター(バグシー・モーラン)から付けたニックネームについて、「もっと悪いニックネームで呼ばれたこともあるから、全く気にしていない」と笑ったモーランは、黄金時代のLiverpoolの強さの秘訣について問われて、ブート・ルーム創立時の写真を指差した。「この人たちは、勝利にこだわった。それがフットボールでは最も大切なこと」。

    「良い選手を揃えること。絶対に勝ちたいと思っている選手を。そうすれば、勝てるチームになる」。

    フットボールのだいご味を全て出し切った試合

    3月19日のエティハド・スタジアムで、マンチェスターシティがLiverpoolと1-1と引き分けた試合の後で、ペップ・グアルディオーラが「私の監督としてのキャリアの中で、最高だった」と唱えて、その場に居合わせたジャーナリスト一同を絶句させた。これまで監督として、バルセロナとバイエルンミュンヘンで21のメジャーなトロフィーを誇るグアルディオーラが、ホームでリーグ戦引き分けた試合を「最高」と表現したことで、誰もが意表を突かれたのだった。

    「最高だった」理由を問われて、「モナコ(CLラスト16の2戦目で3-1と敗れ、通算6-6、アウェイ・ゴールで敗退)の後で、失意のあまり、ろくに会話もなかった日々の後で、打って変わって精神力を発揮したから」と、グアルディオーラは答えた。「Liverpoolは強豪。良い選手がたくさんいる上に、前週のプレミアリーグ戦からまる1週間あった。でも、わが選手たちは闘士をむき出しにして、あわや勝利という試合をした。それが、私は嬉しかった」。

    ユルゲン・クロップは、試合終幕に絶好のチャンスを逃したアダム・ララーナが、試合後に謝ったという話を、記者会見で明かした。「アダムは、開口一番に『すみませんでした』と言った。私は、何を謝っているのだ?と一笑した。相手キーパーはスーパーセーブを連発させていたから、あの瞬間に迷いが出たのだろう。そもそも、アダムは今日の試合でも会心のプレイをした。謝る必要など全くない」。

    「セルヒオ・アグエロも絶好の得点チャンスを逃したし、両チームともにPK?という場面もあった。我がチームが勝ってもおかしくなかったが、負けても文句は言えなかった。引き分けは正当な結果。アウェイでシティに引き分けるというのは決して悪い結果とは言えないし、選手たちは良くやった」。

    その日のマッチ・オブ・ザ・デイでは、アナリストが異口同音に、「シティ対Liverpoolは、ゴール・チャンスあり、ミスあり、議論のネタになる判定もあり、そして両チームが勝ちを目指して攻撃し続けた。フットボールのだいご味を全て出し切った試合」と絶賛した。「世界のトップ・クラスの監督が率いる両チームは、両監督の有能ぶりを実現して、クラシックと言える試合にした」。

    ファンの反応も、「議論のネタになる判定」に対する文句と、トップ4争いへのマイナスはあったものの、引き分けは正当な結果だったという意見では一致していた。

    そして、ライバルの2チームが揃って2ポイント落としたことを喜んだユナイテッド・ファンも、「それにしても、この対戦は、いつも面白い試合になる」と、素直な感想を漏らした。

    この試合に先駆けて、Liverpoolファンがマンチェスターに向かう高速道路(M62)の降り口に、シティ・ファンが掲げたバナーが、両ファンの絆を象徴していた。それは、先日Liverpoolのクラブが発表した、アンフィールドとメルウッドで開催する記者会見から、サン紙を締め出すという措置に対して、シティ・ファンのグループが同調して、「サン紙は絶滅すべき」というスローガンをバナーにしたものだった。

    「シティとLiverpoolは、アンチ・ユナイテッドで固く結ばれている」とユナイテッド・ファンがジョークを言う程に、両者は仲が良い。プレミアリーグを取り巻く環境が大きく変わっている近年は、その関係も異なってきてはいるが、大多数の良識あるファンの間では、伝統が守られていた。

    12月のアンフィールドでの両者の対決(試合結果は1-0でLiverpoolの勝利)に際して、マンチェスター・イブニング・ニュース紙が「マンチェスター対マージーサイドの都市間ライバル意識」と題して、ユナイテッドとLiverpoolに代表される、フットボール界での都市間争いの歴史を説いた。

    それは、19世紀まで遡る。産業革命の発祥地となったマンチェスター(当時はランカシャー)の綿織物工場は、貿易港だったリバプール市に物流を依存していたが、その費用を巡って両都市が決別するに至った。港を自前で持つために、マンチェスター市内に運河が建設され始めたのが1894年のことで、「その頃から都市間ライバル意識が激烈になってきた」と、同紙は説明した。

    「僅か35マイル(約57キロ)の近距離にあり、歴史的に労働者階級の町だった両都市は、あまりにも共通点があるからこそ、逆にライバル意識が激化した。その都市を代表する2大クラブ(ユナイテッドとLiverpool)が、通算して45年間もの間、イングランドのフットボール界を独占してきたことが、都市間ライバル意識を一手に背負うことになった」。

    同記事は、「シティがユナイテッドを凌駕して、名実ともにマンチェスターを代表するクラブになったら、シティとLiverpoolとの関係が変わるかもしれない」という問いかけで終わっていた。

    今回の引き分けの後で、笑顔で肩を抱き合うグアルディオーラとクロップの映像の横で、マッチ・オブ・ザ・デイのアナリストが締めくくった。「素晴らしい試合を展開し、ポイントを分かち合った両者は、今季のプレミアリーグ優勝の可能性を失ったことは意識していただろう。この試合の勝者は、チェルシーと、たぶん、ユナイテッド」。

    「ただ、この2つのクラブは、クラシックな対決の代名詞としてイングランドのフットボール界に名を刻んだことは間違いない」。

    「醜い勝利」を見守る目

    3月12日のアンフィールドで、Liverpoolは今季アウェイで僅か2ポイントしか取っていないバーンリーに、先制されながら、2-1と逆転勝利を得た。シュート数が11対10とバーンリーが優った記録の通り、誰もが祈る気持ちでファイナル・ホイッスルを待った、苦しい3ポイントだった。

    試合後の記者会見で、ユルゲン・クロップは、「バーンリーの方が良いプレイをした。ボールは常に空中にあり、セカンド・ボール争奪戦はことごとくバーンリーが勝っていた。明らかに、劣勢だった方のチームが得たという、醜い勝利」と、正直に語った。

    試合内容に関する見解は、バーンリーのショーン・ダイシュも同じだった。「今季の我がチームは、アウェイで1勝も上げていないが、その理由を問われた時に、私は『勝てる内容のプレイができてないから』と言った。ただ、最近はアウェイでも次第に調子を上げてきている。特に今日のわがチームは、会心のプレイが出来た。試合後に、センターバックの2人が、首をうなだれて戻って来たのを見て、心から気の毒になった。あれほど頑張って良く守ったのに、勝てなかったのだから」。

    「逆に言うと、この難しいスタジアムで、あのようなプレイが出来たのだから、この調子を維持すれば、必ず勝てる日が来る、と前向きな気持ちになっている」。 

    Liverpool陣営も、ダイシュの効果的な戦略と、それを忠実に実践したバーンリーの選手に対する拍手と、気力で逆転を勝ち取ったLiverpoolの選手に対する賞賛が続いた。地元紙リバプール・エコーは、「この醜い勝利は、今季これからの『美しい結末』の土台」と、複雑なレビューを掲げた。

    しかし、おそらく最も複雑な気持ちでこの試合を見ていたのは、アンフィールドのスタンドにいた、ジョン・フラナガンだろう。

    昨年夏に、20か月の負傷から回復した後で、調整を兼ねて徐々に復帰し、バーンリーで試合を経験する目的で、今季いっぱいのローンに出たフラノは、雇主であるLiverpoolとの対戦には出られない契約になっていた。そのため、この日はアンフィールドのスタンドで、現在のチームメートが自分のクラブと対戦する試合を、複雑な気持ちで見守ることになった。

    エコー紙のインタビューで、フラノは、「今季の僕のミッションは、バーンリーの目標(プレミアリーグ残留)を達成すること。そして、生まれつきのLiverpoolファンである僕にとって、どちらも勝たねばならない試合だという状況を痛感している」と語った。

    そのフラノにとって、バーンリーで試合を経験して、調子を取り戻してLiverpoolに戻ってくるという目標の方は、暗礁に乗り上げていることは周知の通りだった。

    「12月になって、やっと調子を取り戻したと思っていた時に、打撲で欠場するという不運に見舞われた。その頃からチームが調子を上げてきて、ポジションを取り戻すのが困難になった。ショーン・ダイシュは選手に対する忠誠の強い監督。頑張っている選手を外すようなことはしない。今のチームは好調で、まとまっているから、その中に割って入るのは難しい。じっとこらえてチャンスを待っている」。

    しかし、フラノは、試合に出られない現状をネガティブに捉えることなしに、「12月のマイナーな打撲の時を除くと、一日もトレーニングを休んでいない。ここ数年で、最も体調が良いと感じている。順調に、本来の自分に戻りつつあるという感触。チャンスが来た時には絶対に良いプレイをするのだ、と気合は満々」と、明るく宣言した。

    フラノがLiverpoolで開花した2013-14季に、スティーブン・ジェラードが、「精神力が非常に強いフラノは、監督が真っ先にチームシートに乗せる選手」と、同郷の後輩を絶賛した。それは、ルイス・スアレスの「新ジェイミー・キャラガー」と言った表現とも同期をとっていた。

    バーンリーでのポジション争いに苦戦しながらも、常に前向きな態度を貫くフラノは、「Liverpoolでのキャリアを諦める、などということは全く考えたことがない。僕の目標は、Liverpoolで戦力になること。それは変わっていない」と、2人のスーパースターの信頼を裏付けた。

    「Liverpoolのようなビッグ・クラブでは、ポジション争いは非常に激しいのは当然のこと。しかし、僕は既に、その激戦を縫って第一戦でプレイした経験を持つのだから、頑張ればできるのだ、という自信はずっと維持している」。

    「自分の将来がLiverpoolにあることを、ひと時も疑ったことはない」。

    長期計画

    2月27日、レスターに7試合ぶりの勝利を与えた(3-1)試合の後で、Liverpool陣営は一斉に沈んだ。トットナム戦の快勝で(試合結果は2-0)、やっと立ち直りに向かったかと思ったところで、またしても、残留争いのチームに惨敗という、お馴染みの落とし穴にはまったのだった。

    Liverpoolが今季これまで「トップ6」との対戦で無敗を保っていたことは周知のことで、次の対戦相手はアーセナルと、記録上は強みがあったものの、レスター戦の後でへこんでいたファンの間では、「対トップ6無敗?記録は破られるためにある」と、悲観的な言葉すら出た。

    地元紙リバプール・エコーも、ファンの失意を上塗りするかのように、3年前の痛い出来事を蒸し返した。「Liverpoolは、トップ6の中で唯一、絶対的な得点源というストライカーがいない。そんな時に、アーセナルの看板を背負うアレクシス・サンチェスがアンフィールドを訪れて、Liverpoolに『逃した魚の大きさ』を見せつける、という構図は気が重い」。

    2014年の夏には、バルセロナに行ってしまったルイス・スアレスの代わりの戦力として、Liverpoolが大金を積んでサンチェス獲得に出たことは、あまりにも有名な話だった。移籍金も給料も、Liverpoolの方がアーセナルよりも条件が良く、バルセロナは乗り気だった。「奥さんがロンドンを希望しているから」という、でっち上げがLiverpool陣営から(?)出たものの、説得力はなく、「ワールドクラスのストライカーは、Liverpoolには来てくれないのでは?」という、悲観的な見解が飛ぶに至った。

    そんな中で迎えたアーセナル戦は、そのサンチェスがベンチで試合開始という、意外な事態となった。翌朝のメディアによると、「トレーニング中に、チームメートといさかいを起こしたことが原因」とのことだった。ただ、試合前はそのような事情は知らなかったため、暫く前からクラブとの昇給交渉が難航していることが原因?という憶測が飛び、アウェイ・スタンドのアーセナル・ファンは絶句した。

    結局、試合はLiverpoolが早々に優位に立ち、3-1と快勝した。Liverpoolにとっては、1999/2000季以来の対アーセナルのリーグ・ダブル、トップ6無敗を9(5勝4分)と伸ばした。

    リバプール・エコーは180度転向して、アーセン・ベンゲルへの同情を掲げた。「21年間の在任中、一貫して、Liverpoolのファンとクラブの伝統に敬意を表明してきたベンゲルは、つい先日も『最も好きなスタジアム』と賞賛した、アンフィールドでの試合は、これが最後となるかもしれない」。

    戦績面や戦力補強に関して、不満を蓄積させているアーセナル・ファンが、Liverpool戦を皮切に、ベンゲルの退陣を求めるデモを計画していたことを引用して、「1888/89季のリーグ創立年に、プレストンが達成して以来の、無敗の優勝(2003-04季)という偉業を成し遂げた監督が、このようなプレッシャーに晒されるのは遺憾」と、同紙は締めくくった。

    Liverpoolファンの間でも、ベンゲルに対する評価は高かった。「スタジアム移転費用捻出のため、移籍資金を大幅に制限されながら、1度の例外もなくCL出場をもたらしているベンゲルは、アーセナルのオーナーにとっては神様のような監督。クビはあり得ない。ただ、ここまでネガティブな空気が定着してしまった以上、ベンゲルが自ら去る決意をする可能性は否定できない」。

    「アンチのデモをやっているファンは、ベンゲルを失ってから初めて、その穴の大きさを痛感するだろう」と、Liverpoolファンは複雑な表情だった。

    終幕を迎えているベンゲルとは対照的に、ユルゲン・クロップは、Liverpoolでの長期計画を開始したばかりの段階にあった。初のフル・シーズンである今季は、後半に差し掛かったと同時に、負傷などで戦力の薄さが露呈し、調子の波に苦戦しているが、どんな時にも笑顔を絶やさず、オーナーや選手たちに対する信頼を語り、「長期計画」を強調するクロップは、Liverpoolファンに希望を与えていた。

    「勝ったから万歳、負けたら夏には選手総入替、というのは極端。実質的には、常にその中間にある。選手たちは、能力はあるが、毎試合でフルに発揮できているとは言えないのは真相。マンチェスターシティに良い内容で1-0と勝った。次のサンダーランドに2-2と引き分けた。実際は、サンダーランドのような試合の方が圧倒的に多い。それは改善しなければならない」と、アーセナル戦の後で、クロップは語った。

    「今週は、始まりがレスターで、誰もが怒りと失望で沈んでいた。そして、アーセナル戦では良いプレイが出来てホッと一息...付く間もなくすぐに、次はバーンリーだ、と頭を抱える。明るい気持ちになる余裕がなく、トップ6以外には勝てないという、重たい空気がよどんでいる」。

    「私の仕事は、みんなが期待に胸をときめくような環境を作ること。勝てなかった試合の後では、痛烈に責任を感じる。勝って、みんながハッピーになれるよう、頑張らねばならない」。


    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR