FC2ブログ

    「汚れたリネンを公の場で洗う」選手

    8月6日に、バスティアン・シュバインシュタイガーがマンチェスターユナイテッドのアンダー23チームに格下げされた、という話がイングランドのヘッドラインを飾った。監督が変わった時に、前監督下で主力として働いていたビッグ・ネームの選手が、余剰戦力として干されることは珍しいことではない。

    ただ、シュバインシュタイガーの場合は、ファーストチームから外されただけでなく、更衣室もアンダー23に移動させられたことで、古巣バイエルンミュンヘンがジョゼ・モウリーニョに対して「屈辱的な扱い」と紛糾したのに続き、国際プロ選手協会(FIFPro)から「パワハラだ」という非難が飛んだ。

    その喧騒の中で、シュバインシュタイガー本人は、モウリーニョに対しても、ユナイテッドのクラブに対しても、敬意を保持し続けた。

    ユナイテッド・ファンの間では、「戦術面で、モウリーニョのチームには不適合であることは事実」という結論が圧倒的だったが、文句も言わず、「汚れたリネンは公の場で洗わない」方針を貫いているシュバインシュタイガーの、まさに世界チャンピオンにふさわしい、威厳に満ちた態度に対しては、誰もが心から拍手を送った。

    いっぽう、隣のマンチェスターシティでは、CLの登録から外れたことで、ヤヤ・トゥーレのエージェントがペップ・グアルディオーラを公の場で批判する事件が発生した。これに対して、グアルディオーラが「謝罪するまでヤヤを試合に出さない」と宣言し、翌日にヤヤのエージェントが、「ヤヤは、マンチェスターシティが無名で、ワールドクラスの選手は誰も行きたがらなかった時に、敢えてシティに入って、今のチームにした選手。シティがビッグ・クラブになってから入って来て、大金を使って選手を買い集めているグアルディオーラが、何の権利があってヤヤを粗末にするのか」と畳みかけ、「公の場での喧嘩」はエスカレートした。

    それに対する、シティ・ファンの立場は明らかだった。「ヤヤは、2012年に44年ぶりのリーグ優勝を達成した時のヒーローの一人。しかし、33歳になってますますスピードが落ちたヤヤが、ペップの戦略から外れていることは否定できない。隣のシュバインシュタイガーのように、何も言わずに新天地を探せば、レジェンドとして永遠に我々ファンの心に住み続けるのに、何故、公然と監督批判して自分の立場を悪くするのか?」

    「ペップがファンに絶大な人気を誇っていて、しかも、チームが10連勝と絶好調の今、ペップと喧嘩すれば、ファンをも敵に回すことは火を見るよりも明らか」。

    そして、9月24日の早朝には、「汚れたリネンを公の場で洗う」事件がLiverpoolに飛び火した。ママドゥ・サコーが、「僕はもう3週間前から普通にトレーニングしているのに、試合に出してもらえない。試合に出られないのは仕方ないと思っているが、僕の状況について、嘘の説明がまかり通っていることについては受け入れられない。僕をずっとサポートしてくれているファンには真相を知ってもらいたい」というメッセージをSNSにポストしたのだった。

    地元紙リバプール・エコー紙は、「ユルゲン・クロップを嘘つき呼ばわりしたことで、サコーは自らのLiverpoolでの立場を、復旧の余地がないところまで追い込んだ」と厳しい文面だったのに加えて、Liverpoolファンの反応は怒りが籠っていた。「チームの行方を決める重要な試合の日に、何故?」。

    それは、ハル戦(試合結果は5-1でLiverpoolの勝利)の試合後の記者会見で、事件に関する説明を求められたクロップの回答とも同期を取っていた。「その話は、今朝、読んだ。でも、その時点では今日のこの試合に神経が集中していたので、他のことは考えることは出来なかった。今、やっとその余裕が出来たので、これから検討する。ただ、あまり良くない事態であることは確か」。

    クロップの言葉に、ファンは一斉に、深くうなずいた。「サコーに対しては、プレイ面で賛否両論ある中で、僕は一貫して支持し続けた。その僕ですら、もはやサコーが出て行くことは必然だと思うようになった。サコーに対して根強い支持を掲げてきたファンは多いが、同時にクロップのことも熱烈に支持している。残念なのは、サコーが監督との喧嘩にファンを巻き込んだこと」。

    開幕戦にエミレーツ・スタジアムでアーセナルに4-3と勝って、「爆発的な攻撃力」が話題を呼んだ翌週に、昇格チームのバーンリーに2-0と自滅したLiverpoolは、「ビッグ・クラブとの対戦では強いのに、守り一辺倒でかかってくるチームには勝てない。今までと何ら変わらない」という批判を背に、チームが一丸となって、ハル戦ではそのジンクスを吹き飛ばした。

    「クロップが常に言っているのは、『みんなで一緒にやる』ということ。今のチームは、それをまさに実現している。それが出来ない選手は、チームにはマイナスの存在」。

    一足先に、ユナイテッドが3連敗の悪運を払って、チャンピオンのレスターに4-1と快勝した試合後に、シュバインシュタイガーが「よくやった!」と、明るいメッセージをポストした姿が印象的だった。

    古巣のファンの祈り

    レスター・シティがプレミアリーグ優勝を決定した昨季終幕、マッチ・オブ・ザ・ディの司会者ガリー・リネカーが12月の時点で番組中で宣言した、「もしレスターが優勝したら、私はパンツ一丁でこの場に出る」という約束を、果たして守るか?と、イングランド中が湧いた。レスターのおとぎ話が実現することを、誰も予想していなかった時期の大胆な言葉は、レスター市で生まれ育ち、レスター・シティのユース・チームで名を上げたリネカーの、レスター・ファンとしての本音が出たものだった。

    国旗を背負う放送局BBCの人気番組ということで、本当にやってもいいのか?と本人が疑問を投げ、周囲が「逃がさないぞ」と爆笑した議論は、とうとう国会での質疑に発展した。

    レスターの議員が、レスター・シティのスカーフを着て壇上に立ち、当時首相のデビッド・キャメロンに「首相がひいきにしているアストンビラの惨状について、心から同情を申し上げます」と、笑顔で語りかけた。「世界のトップ・チームであるレスター・シティFCのレジェンド、ガリー・リネカーが12月に約束した、『パンツ一丁でマッチ・オブ・ザ・ディに出演する』ことを、是非とも実現させたく、首相の許可をお願いいたします」。

    これに対して、爆笑の中で、キャメロンは即答した。「ミスター・リネカーが約束を果たせることを、私が保証いたします」。かくして、リネカーの「パンツ一丁で司会」は、2016-17季の第一回目の番組で遂行された。

    レスターで名を上げ(在籍は1978–1985)、当時イングランドのチャンピオンだったエバトンに引き抜かれ、1986年W杯で得点王に輝いて、バルセロナ入りを果たしたリネカーは、このレスターの国会議員がいみじくも語った通り、レスター・ファンにとっては、「出世して故郷に錦を飾ったスター」であり、永遠のレジェンドだった。

    2000年に、同じくレスター出身でレスター・シティから多額の移籍金でLiverpoolに入ったエミル・ヘスキーに対して、レスター・ファンは、リネカーと同じような道を歩むことを期待して、熱い声援を送った。

    しかし、4年後には、夢破れてバーミンガム・シティへと去っていったヘスキーに、レスター・ファンは変わらぬ思いを抱き続けたものの、「ビッグ・クラブで成功することが出来なかった」失意に、心を痛めた。

    いっぽう、サンダーランド・ファンの熱い期待に後押しされて、2011年にLiverpool入りしたジョーダン・ヘンダーソンが、紆余曲折の末にLiverpoolのキーマンの一人となり、2014年にLiverpoolの副主将に抜擢された時、地元紙サンダーランド・エコーは、興奮を隠せなかった。「イングランドのレジェント、スティーブン・ジェラードの後任を目指すほどの存在になったヘンダーソンは、サンダーランドの少年が目標とすべきヒーロー」。

    ところが翌2014-15季、ヘンダーソンは負傷に見舞われ、Liverpoolのチーム全体が不調に陥った中で、メディアの批判に晒されることになった。18か月の低迷の末に、2016年夏には、元Liverpoolのアナリストや少なくないファンから、「主将だからといって毎試合スタートする権利はない」と、失敗の烙印を押されるに至った。

    ヘンダーソンが、ピッチの上でそれら批判に応えることが出来ずに苦しんでいた9月初旬に、サンダーランド・エコー紙が掲載した記事は哀愁に満ちていた。「今のサンダーランドは、ジョーダン・ピックフォードやダンカン・ワトフォードら、ヘンダーソンをしのぐ可能性を秘めた若手が登場してきた。彼らには、サンダーランドに留まってプレミアリーグのスターを目指して欲しい。ヘンダーソンのようにLiverpoolに行かないように!」。

    それは、Liverpoolに対するあて付けではなく、「自分たちの選手が、ビッグ・クラブでのチャレンジに失敗する姿を、これ以上見たくない」という、ファンの悲哀が込められていた。

    その頃から復調の兆しが見えてきたヘンダーソンが、9月16日のチェルシー戦で、25ヤードの「ワンダーゴール」を決め、18か月間の批判にカウンターを食らわせた(試合結果はLiverpoolが2-1で勝利)。

    ライバルチームのファンや、アンチのメディアが一斉に、「ゴール・オブ・ザ・シーズン候補」と絶賛する中で、スカイTVの人気アナリストであり、元イングランド代表アシスタントとしてヘンダーソンを見てきたガリー・ネビルが、静かに語った。

    「ヘンダーソンは、毎日、トレーニングが終わった後に50本のシュートを打つ練習を続けた。5日×50本、単純計算で週250本だ。この18ヶ月間、世の中の批判を受けながら黙々と努力した。あのワンダーゴールはその成果だった」。

    先日のサンダーランド・エコー紙の痛々しい記事に、サンダーランド・ファンの間で「もういいから、帰って来なさい。ヘンドが心の中で常にサンダーランドを思い続けていることは誰もが知っている」という叫びが渦巻いた。ヘンダーソンの18か月の不調に、「ビッグ・クラブの壁は高すぎた」と、サンダーランド・ファンは夢破れる思いで見つめていたのだった。

    歯を食いしばって頑張り続けるヘンダーソンは、サンダーランド・ファンにとって、リネカーになれるか、それともヘスキーで終わるか、まだ結論は出ない。

    マジック・アンフィールド

    9月10日、今季初のアンフィールドで、チャンピオンのレスターに4-1と圧勝した試合について、多くのメディアが異口同音に、「新メイン・スタンドのファンもチームも万全の出来だった」と絶賛した。夏の間に改築工事を完成させたメインスタンドは、8,500増の20,500席となり、収容人数54,000となったアンフィールドは、この日、1977年5月以来の入場数を記録した。

    試合後に、アダム・ララーナは、「ピッチが大きくなったかのような錯覚すら感じた。スタンドの声援はこれまで以上に大きかった。この音量増大は、選手にとっては勇気倍増」と語った。

    住宅が密接した地区にあるアンフィールドは、各スタンドの増改築工事を重ねた末に、1990年代には既に「これ以上の拡張工事は不可能。収容人数を増やすためには、スタジアム移転が必須」という状態に達した。世界中にファンがいるLiverpoolは、チケットの需要は常に溢れ、ほぼ全試合で満員御礼になる状況の中で、マンチェスターユナイテッド、アーセナル、高額なコーポレート席が多いチェルシーなどのライバルチームに、戦力補強資金に直結する収入面で大きな差を付けられたまま、月日が過ぎた。

    新スタジアムの必要性が叫ばれる中で、Liverpoolファンで地元の名士だった前オーナーのデビッド・モーレスは、2007年に、「愛するLiverpoolを発展させるために」、新スタジアム建造を公約に掲げるトム・ヒックス&ジョージ・ジレットにクラブを売却した。それが2010年には、借金地獄のため倒産寸前のところまで行き、現オーナーFSGに救われたのだった。

    そしてFSGは、スタジアムの稼働を止めずに大々的な改装工事を達成した実績をして、アンフィールドの拡張という決断を下した。かつては不可能と思えた隣接する住宅の買収は、世代交替も手伝って、難航しながらも前進し続けた。

    総額£115mを費やして2016年9月に新装開店したアンフィールドは、プレミアリーグでは、マンチェスターユナイテッド(76,000)、アーセナル(60,400)、ウエストハム(60,000)、マンチェスターシティ(56,000)に次ぐ5番目の収容人数を誇るスタジアムとなった。Liverpoolファンにとっては、1990年代からずっと待ち続けた末に、やっと、この日が来たのだった。

    その間、ウエストハムが、2012年のロンドン・オリンピックのスタジアムを、99年リースで年額£2mの家賃で、6万人収容の新スタジアムを得ることが決まった。2002年のコモンウェルス・オリンピックのスタジアムを250年リースで借り受け、2004年に移転したマンチェスターシティと類似の、多くのチームのファンにとっては喉から手が出る程に羨ましい優遇措置だった。

    僅か£15mの資金で改築工事を完了し、2016-17季からウエストハムの新ホーム・スタジアムとしてお披露目することになったロンドン・スタジアムは、既にシーズン・チケット52,000枚を完売したと発表された。「10年後には、マンチェスターシティと同じところまで到達することが目標」と、ウエストハムのチェアマン(2010年~)であるカレン・ブレイディは胸を張った。

    一方で、ロンドン・スタジアムのお披露目となった8月7日のプリシーズン戦(対ユベントス、試合結果は2-3でユベントスの勝利)を控えて、スラベン・ビリッチは複雑な表情だった。「素晴らしいスタジアムだと思う。でも、これが我がチームのホーム・スタジアムだという実感が、今いち湧かない」。選手としての時期(1996-1997)も含め、クラブの歴史が詰まっているアプトン・パークで様々な思い出を作ってきたビリッチにとって、「魂のホーム」は永遠にアプトン・パークだった。

    それは、マンチェスターシティが44年ぶりのリーグ優勝を達成した2012年5月、幸福の絶頂にいたはずのシティ・ファンが、「魂のホーム」である旧ホーム・スタジアム、メイン・ロードがあった場所の、変わり果てた現在の写真を見て、言葉を失った姿と通じるものがあった。

    Liverpoolファンは、長いこと待たされた、その日々は本当に険しかったが、しかし、「魂のホーム」を失う心配はなかった。

    レスター戦の試合後の記者会見で、「アンフィールドに留まれることの価値は、計り知れない程大きい。アンフィールドは我々にとってホームなのだから」と、ユルゲン・クロップがファンの気持ちを代弁した。

    「アンフィールドで様々なマジックが繰り広げられたことは、フットボール界では誰でも知っている。私も例外ではない。Liverpoolの監督になる前からずっと知っていたし、幸運なことに、このスタジアムを訪れる機会もあった。でも、実際にこのクラブに来て初めて、アンフィールドの真の価値を実感した」。

    「アンフィールドは新しくなった。でも、マジック・アンフィールドであることには変わりない」。

    スタンドの声が選手に届く時

    インターナショナル・ウィーク明け、9月10日の週末のプレミアリーグでは、3戦3勝同士の直接対決でもあるマンチェスター・ダービーが、早々にヘッドラインを飾った。2大優勝候補であり、この夏最も有効な戦力補強を行ったトップ2、という評価あり、いわく付の監督対決、などの話題に加えて、セルヒオ・アグエロが前週のウェストハム戦で(試合結果は3-1でシティの勝利)、相手ウィンストン・リードにひじ打ちを食らわせた件で、FAから事後処分を受けたことが意外な事件に発展したのだった。

    問題の「ひじ打ち」は、レフリーの目の前で行われたが、試合ではお咎めなしで終わった。「レフリーが問題の行為を見たが、処分しなかった」場合は、FAの事後処分は原則として適用されない。つまり、アグエロの反則は、レフリーが、目の前にいながら「見ていなかった」と報告したことになる。

    その決定の直後に、元レフリーのマーク・ヘルシー(2013年に引退)が、「自分は見ていたのに、事後処分を適用するために『見ていなかった』と報告させられた」という証言を、SNSで流したのだった。更に、その信ぴょう性を問われたヘルシーは、先の発言を確認した上で、「偽証を強要したのはFAではなく、レフリー協会だった」と付け加えたことから、大騒ぎになった。

    結果的には、アグエロの3試合出場停止処分は決定され、9月10日のダービーには出られないことになったが、早速、両ファンの間で活発なやり取りを触発した。

    ちなみに、シティ・ファンにとってアグエロは絶対的な人気No.1で、スタンドで定番になっている「アグエロの歌」は複数あった。その中で最も頻繁に歌われるのが、'This is how it feels to be City, This is how it feels to be small, You sign Phil Jones we sign Kun Aguero'(シティであることを実感する時。スモール・クラブであることを実感する時。君たちはフィル・ジョーンズを獲得した時に、我々はクン・アグエロを獲得した)というもので、つまり、大好きな選手を讃える歌の中でも隣人ユナイテッドを言及しているのだった。

    対するユナイテッド・ファンは、事あるごとに、「我々の最大のライバルはLiverpool。シティは単なる『騒がしい隣人』」と言いつつ、スタンドではシティのことを歌っていた。

    昨季のFAカップ決勝で、延長の末2-1とクリスタルパレスを破って優勝に輝いた試合の後で、ユナイテッドの選手たちがウェンブリー・スタジアムの控室で、ユナイテッド・ファンのスタンドでの定番である「ユナイテッドは我がチーム」を合唱してお祝いした動画がインターネット上に流れて、イングランド中の話題を呼んだ。

    その歌というのが、'U-N-I T-E-D. United are the team for me. Why don't City f*** off home'(ユナイテッドは我がチーム。シティは出てけ)という、いわゆる「シティの歌」だった。

    これを見て、度胆を抜かれたシティ・ファンは、「優勝した瞬間に、我々のことを歌うとは。ユナイテッドはファンだけでなく、選手も、我々のことを妬んでいるということが証明された」と、悪態を尽きながらも、心の中でニンマリ笑った。

    「3部に落ちた時には、雨の中でヨークまで0-0の試合に駆けつけて、泥まみれになって帰る道中、ユナイテッドが負けることを真剣に祈った。月曜日に会社に行って、同僚のユナイテッド・ファンにまた笑われるのかと辛い思いで過ごした日々が忘れられない」と、スモール・クラブぶりを語るシティ・ファンは、今やユナイテッドが自分たちを対等なライバルとして見ている事実について、感慨深い思いを抱いていた。

    Liverpoolファンは、ユナイテッドの選手たちの「FAカップ優勝祝いの歌」に笑いながら、選手がいかにスタンドのファンの歌を聞いているか、という側面に、認識を改めた。

    マンチェスター・ダービーの派手な話題性とは異なるものの、インターナショナル・ウィーク明けは、Liverpoolにとって今季初のホームの試合という、非常に重要な週末を迎えていた。それは、メイン・スタンドの大改修工事を終えて、アンフィールドが54,000人収容のスタジアムとして新装開店するものだった。

    Liverpoolが、スタジアムの工事のためにシーズン開幕にアウェイ戦が続いたのは、1987年まで遡る(※コップ・スタンドの下水管工事のため)。毎シーズン、リーグ優勝が期待されていた黄金時代とは様相は異なるかもしれないが、待ちに待った初ホーム戦であることは変わらなかった。

    そして、アンフィールドでの初戦を待ち焦がれているのは、ファンだけではなかった。「Liverpoolと言えば、アンフィールドのスタンドの熱い声援が有名」と、ジョエル・マティプが語った。

    「プリシーズンの時からずっと、この日を待っていた。アンフィールドのピッチに立って、スタンドのファンが歌うYou’ll Never Walk Aloneを聞くことを想像すると、全身が震える程に気合いが湧いている」。

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR