FC2ブログ

    健全なポジション争い

    7月21日、Liverpoolのチーム一行はイングランドでのプリシーズン4試合を終えて、アメリカ合衆国入りした。週末のうちに、ユーロに出場していたファーストチームの選手も現地集合し、2016-17季の開幕を迎えるチームが勢ぞろいして、7月28日のチェルシー戦を皮切に、31日のACミラン、8月2日のローマと、強豪チームとのウォームアップ戦を迎える。

    遠征前の最終戦となった7月20日のハダースフィールド戦(試合結果は2-0でLiverpoolの勝利)では、下位ディビジョンのチームとの4試合で4勝無失点という成績もさることながら、地元のファンに有望若手や新戦力を披露する場にもなった。中でも、最もファンに大きな笑顔をもたらしたのは、ハダースフィールド戦の67分にサブで出場した、地元出身でアカデミーチームから育ってきたアンダー18チームのゴールキーパー、シャマル・ジョージだった。

    ファーストチームの控えのGKだったアダム・ボグダンが、ローンでウィガン行きが決まったため、代わってベンチ入りした18歳のシャマルが、デビューを飾ることになったのは、不運なハプニングが原因だった。61分にルーカスが足を痛めて外れた時には、後半開始時点でベンチのアウトフィールドの選手が全員出場していたため、Liverpoolは残り30分余りを10人で戦わざるをえなくなった。そこで、一人だけベンチに残っていたシャマルが、ルーカスに代わって出ることになった。

    その時点で1-0と勝っていたLiverpoolは、10人で僅差のリードを守る体制に入り、背番号なしのアウトフィールドのシャツを着て急きょ加わったシャマルは、一人フォワードに入ることになった。最初は困惑していたに違いないシャマルが、惜しくもオフサイドとなったがゴール・チャンスを作った場面に、スタンドのファンは大喜びで、笑顔を浮かべながら盛大な拍手を送った。そして、90分にPKを得た時には、スタンドからシャマル・チャントが出たほどだった。

    かくして、すっかりファンの人気者となったシャマルの堂々たるデビューについて、試合後のインタビューで感想を求められたロリス・カリウスは、「デビュー戦で、しかも慣れないポジションだったのに、良くやったと思う」と、さわやかな笑顔で答えた。

    この夏の新戦力となったカリウスが、若きシャマルとは別の意味で注目を集めたのは、その前のウィガン戦だった(試合結果は2-0でLiverpoolの勝利)。0-0だった前半に、同じく新戦力のジョエル・マティプのバックパスを取り損なって、あわや失点という派手なミスを犯したのだった。

    プリシーズン戦で、対戦相手が下位ディビジョンのチームだったこともあり、それまでオン・ターゲットのシュート無しで、いわゆる「キーパーとしての実力」を見せるチャンスがないまま、いきなりミスという場面に、ファンは面食らった。

    しかし、ファンの杞憂を振り払ったのが、試合後のカリウスの反応だった。SNSに「チームが勝ったことが最も重要。でも、この試合の話題を僕が独占してしまったようで、申し訳なく思ってます。次は、もっと目立たないように気を付けます」とポストしたカリウスのユーモア・センスに、ファンは笑うと同時に、期待を膨らませた。

    「自分のミスを素直に謝る態度も及第点だが、何より、サッパリしていて、良い意味で自分に自信を持ち続ける選手のようだ。犯したミスについて考え過ぎれば、自分で自分にプレッシャーを課すだけでなく、前にいるディフェンダーにも不安を広げることになる」。

    Liverpoolが「バック5(ディフェンダー4人とGK)」に問題を抱えてきたことは、今に始まったことではなかった。「Liverpoolが、ボックス内を仕切るリーダー格のGKを誇っていたのは、レイ・クレメンス(在籍は1967–1981)まで遡る」とは、多くのファンが指摘していた。

    「ゴール・キックは完璧とは言えないが、ショット・ストッパーとしては一流」という評判を持って、2013年にLiverpoolに来たシモン・ミニョレは、超スーパーセーブも多いが致命的なミスも少なくなかった。Liverpoolファンの間では、「真面目な性格で、良い人に違いないミニョレは、自信喪失時の不安定さが顕著。ミスをジョークにしてしまうカリウスの精神力があれば、良いキーパーになるだろう」という声が上がった。

    当初はオリンピック出場のためシーズン開幕を欠場する予定だったカリウスが、プリシーズン開始早々に、オリンピックを断念した。「控えのキーパーになるためにLiverpoolに入ったのではない。公式戦でもゴールを守らせてもらえるよう、全力を尽くす」。

    それに対して、ミニョレは「チーム内で健全なポジション争いがあるということは良いこと。選手全員が、力を合わせて向上できて、結果的にチーム力が上がる」と、歓迎を語った。

    ハダースフィールド戦でストライカーとしてデビューを飾った若きシャマルは将来の戦力として、2016-17季のLiverpoolのゴールを守るのは誰か、今後の展開が期待される。

    アンダー16から6週間でファーストチーム入り

    7月8日のトランメアを皮切に、Liverpoolのプリシーズン・ツアーが始まった。来週7月26日には、ユーロに出ていたファーストチームの10名が合流し、2016-17季のチームが揃ってアメリカ合衆国に出発する。その前に、リバプール市の隣町にあるノンリーグのトランメア(試合結果は1-0でLiverpoolの勝利)、60キロ北に位置する3部のフリートウッド(試合結果は5-0でLiverpoolの勝利)、リバプール市とマンチェスター市の中間にある2部のウィガン(試合結果は2-0でLiverpoolの勝利)と、近場での3試合に加えて、ユルゲン・クロップの友人デビッド・ワグナーが監督を勤める2部のハダースフィールドの4試合が、国内のプリシーズン戦として計画されていた。

    対戦相手は、ノンリーグから3部、2部と徐々にレベルが上がって行くことで、シーズン開幕に向けて、自信を付けながら調整を図るもので、昨季の途中でLiverpool監督に就任したクロップが、折につけ「プリシーズンの重要性」を口にしていた通り、綿密な計画に沿って立てられた日程だった。

    同時に、アンフィールドの工事の関係でプリシーズン戦は全てアウェイとなるため、近場の試合を組むことで、アカデミーチームの選手も含むチーム編成で、クロップの「若手にチャンスを与える」方針も実現されていた。

    そして、3戦3勝となった7月17日のウィガン戦を終えて、「最も印象的なのは、監督に認められるために必至になっている若手選手たち」とは、誰もが一致する見解だった。

    その中で、18歳のオビ・エジャリア、17歳のトレント・アレクサンダー・アーノルド、16歳のベン・ウッドバーンというティーンエージャー3人が、特に注目を集めていた。

    中でも、フリートウッド戦に続いてウィガン戦でもゴールを決めた最年少のウッドバーンは、隣町チェスター出身で、8歳の時にLiverpoolのアカデミーチーム入りした経歴も手伝って、早速、ファンの間で「マイクル・オーウェンを彷彿させる」という期待が湧き起こった。

    地元紙リバプール・エコーは、「アンダー16から6週間でファーストチーム入り」という見出しで特集記事を掲載した。「ウッドバーンが、GCSE(※大学入試の査定にもなる英国の学校の共通試験)を終えて、学校の制服を着てLiverpoolのアンダー16チームのトレーニングに現れたのは6週間前のことだった。それが今は、ファーストチームのプリシーズン戦で得点し、ユルゲン・クロップに『若手の有望さに気付かないのは不可能』と言わせる存在になった」。

    リバプール・エコー紙が、初めてウッドバーンの記事を掲げたのは、2016年1月27日、FAユース・カップのカーディフ戦で、パスを胸で受けてシュートを決めたソロ・ゴールだった(試合結果は3-0でLiverpoolの勝利)。2015年秋に、15歳でLiverpoolのアンダー18チームに引き抜かれたウッドバーンは、2016年に入ってから3試合で4得点と好調だった。

    「スピードあり、テクニックあり、体力も優れている上にフィニッシュも正確なウッドバーンは、攻撃的なあらゆるポジションもこなす。アンダー16レベルでは群を抜いているので、アンダー18チームに昇格させざるを得なかった」と、Liverpoolのアカデミー・コーチが目を細めた。

    ウェールズ人のウッドバーンは、その時点で既にウェールズ・アンダー17代表チームの主将を勤めた経歴を持ち、「ウェールズ代表チームのアーロン・ラムゼイの後継者。数年後にはフル代表入りすべき有望若手」と、高く評価されていた。

    その後、通学の都合でアンダー16チームに戻ることになった時に、「全く変わらぬ態度で、ひたすらトレーニングに励んだ。昇格した途端にうぬぼれる若手が少なくない中で、驚くほど真面目で謙虚な少年」と、コーチの賞賛は続いた。「学業の方も熱心で、学校の成績も良いウッドバーンは、このまま成長すればきっと、一流のプロになるだろう」。

    ウィガン戦のゴールの後で、ウッドバーンの才能に感心する声は急激に広がった。

    そのLiverpool陣営の過熱に水を差したのは、クロップだった。リバプール・エコー紙のインタビューで、「ユーロ帰りの主力選手たちが戻ってきた後でも、このところの活躍が目立つティーンエージャーを外すのは難しいのでは?」と質問されたクロップは、「彼らはまだ学校に通っている年齢の若者なのだから、あまり騒がないで欲しい」と、冷静に答えた。

    「アカデミーチームの若手は、合衆国ツアーには連れて行くつもりはない。例えばベン(ウッドバーン)はまだ16歳。今は夏休みとはいえ、学校の勉強や友達との付き合いなど、フットボール以外にも重要なことがある。16歳の若者がやるべきことを優先させたい」。

    「私は、彼らの才能を実感しているし、それは決して忘れない。彼らが成長できる場を考え、彼らの成長をずっと見守る。数年後に、成長した彼らが次のステップに進んだ時に、活躍の場を考えるのも私の仕事」。

    契約はPKのようなもの

    7月10日、決勝でポルトガルが開催国フランスに延長の末1-0と勝って、ユーロ2016が幕を下ろした。試合前に、リバプール・エコー紙が掲載した小さな記事は、「第三者の決勝戦」となっていたLiverpoolファンの心に響いた。それは、ママドゥ・サコーが母国代表チームを訪問して、チームメートを激励したという実話で、同紙の文面は「サコーは、本当は自分が激励される側に立っていた筈」と、感傷的だった。

    その2日前にサコーの無罪放免という結論が出た「ドーピング事件」は、サコーが摂取していたファット・バーナーに含まれていた薬物はUEFAのリストには載っていたが、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)のリストにはなかったもので、同紙は「UEFAのミスのために、サコーはLiverpoolのシーズン終幕8試合と、フランス代表チームのユーロの全試合を棒に振った。その中には、ELとユーロの2つの決勝戦が含まれていた。選手にとって、これほど厳しい『処分』はめったにないもの。何より、母国で開かれるユーロの決勝戦は、サコーにとっては一生に一度のチャンスだったことは間違いない」と、UEFAを強烈に批判した。

    4月22日にUEFAが公式に通達したこの事件(3月17日、Liverpoolがマンチェスターユナイテッドに1-1と引き分けてELラスト16勝ち抜きを決めた試合後の検査で、陽性と判定された事件)は、あくまで選手個人に対する容疑であり、所属クラブであるLiverpoolは関与できなかったため、サコーは単独で「UEFAのミス」と闘うことになった。

    Liverpoolはサコーとの合意の上で、事件が決着するまでサコーを「試合に出さない」決断を下した。続いて4月28日には、UEFAが正式に30日間の出場停止を課した。その間に、サコーの弁護団がUEFAのリストの正当性に対して疑問を唱え、調査の結果、今回の「無罪」判定となった。

    「UEFAがミスを犯さず、サコーが出場していたならば...と、後ろを振り返っても仕方ないこと。ひとつ明らかなのは、Liverpoolは貴重な戦力を長期出場停止で失うことなく、2016-17季を迎えることが出来る」と、リバプール・エコー紙は締めくくった。

    それは、ユルゲン・クロップの第一声も裏付けていた。「ママ(サコー)にとって苦悩の日々がやっと終わった」。

    折しも、Liverpoolのプリシーズンが7月2日に開始し、クロップがLiverpoolでの契約延長にサインした直後のことだった。「監督として実績があるクロップが来てくれて、早速チームに変革をもたらし、ファンの絶対的な支持を受けることになった。クロップには、長期に渡って勝てるチームを作るプロジェクトを推進して欲しい」と、オーナーが2022年までの契約延長を提示したのだった。

    これに対してクロップは、「正直、驚いた。私の元の契約はまだまだ期間が残っていたので、何故、今、延長の話をする必要があるのか?と。しかし、断る理由がなかったからサインした」と、笑顔で語った。「逆に、断れば、変な噂が流れるだろうと思った。そもそも、サインしないメリットは、このクラブを出て他に行くこと以外にはあり得ない。でも、私は心からLiverpoolが好きだし、どこにも行きたいとは思っていない。だから、全く悩まなかった」。

    「もちろん、フットボール界では、契約は何の保証にはならないことは知っている」と、クロップは真顔になった。「契約延長にサインするということは、PKのようなもの。得た瞬間には喜ぶが、しかしPKを成功しなければゼロで終わる」。

    そして、サコーがドルトムント戦(試合結果は4-3でLiverpoolの勝利)の後に言った表現を引用した。「ママが言ったように、『リバプール国』で、共に頑張り、共に苦しみ、共に祝いたい」。


    ジョー・アレンに敬意を捧げる日

    ユーロ2016のグループラウンドが終了し、ラスト16が出揃った6月28日に、ウェールズとLiverpoolファンの間で、ジョーク交じりの「ディーン・ソーンダーズの駐車料金の罰金を助けるカンパ」が始まった。現役時代にLiverpool(在籍1991–1992)、アストンビラ(在籍1992–1995)などで活躍し、BBCの実況解説者としてフランス入りした元ウェールズ代表のソーンダーズが、バーミンガム空港に短期駐車したものが、期限超過で罰金が発生してしまった、ということだった。

    英国のメディアやアナリストの事前予測では、1958年W杯以来のメジャーな大会で、ユーロ初出場のウェールズが、ラスト16に残る見込みは極めて低かった。ふたを開ければ準決勝進出の大金星となり、ソーンダーズの車は1日£100超の罰金が追加され続けることになったという。しかし、ファンのカンパがインターネットを賑わしたことで、バーミンガム空港の担当者が話を聞きつけ、ソーンダーズに対して、「ウェールズが決勝進出すれば、お祝いとして罰金はゼロにしましょう」と申し出るに至った。

    かくして、英国に明るい笑顔をもたらせているウェールズのおとぎ話は、他の議題でもウェールズ・ファンとLiverpoolファンが結託して、全国メディアを賑わした。

    その一つが、「大会のベスト・イレブン候補」と高い評価を受ける大活躍を見せている、「ジョー・アレンに敬意を捧げる日」キャンペーンだった。アレンが2羽のにわとりをペットにしていることは有名で、4月には英国の雑誌「にわとりと卵」の表紙を飾ったことで話題になった。

    「ジョー・アレンは、にわとりと卵のどちらが先か知っている、この世の唯一の人物。だから今日は、ジョー・アレンに敬意を捧げる日」と、LiverpoolファンがSNSにポストすると、ウェールズ・ファンが「ノー・アレン、ノー・パーティ(※アレンがいなければパーティは始まらない、という感じの意味)」と書いたバナーを掲げた。

    この「ジョー・アレンに敬意を捧げる日」というフレーズは、大会前にウェールズ代表主将のアシュリー・ウィリアムズが、インタビューで明かしたものだった。

    「ウェールズ代表選手たちの間でWhatsAppのグループを作り、日々コミュニケーションを交わしている。その中で、チームの人気No.1のジョー・アレンに対して、皆で敬意を捧げる日が週一回はある。ミッドフィールドの要を固めるジョーは、いい奴で、真面目で努力家。ピッチの上だけでなく、控え室でも、不可欠の存在」。

    そのウィリアムズの証言は、圧倒的多数のLiverpoolファンの合意を引き出した。折しも、ユルゲン・クロップが就任して以来、飛躍的に向上した選手の一人として、アレンが、Liverpoolファンの支持を着実に増やしていた時のことだった。

    「レギュラーとしては無理でも、試合に出れれない状況について文句ひとつ言うことなく、必要な場面でサブで出れば必ず期待に応えるアレンは、尊敬すべきプロで、貴重な戦力」。

    ウェールズ代表チームではもともと主力だったアレンは、ユーロでは、Liverpoolでの2015-16季後半を更に凌ぐ活躍を見せていた。特に、ロシアに3-0と快勝してグループ首位で勝ち抜きを達成した試合の後で、ウェールズ・ファンとLiverpoolファンの「ジョー・アレンに敬意を捧げる日」はピークに達した。それに対して、ガレス・ベイルが「毎日がジョー・アレンに敬意を捧げる日」と付け加え、ファンの笑顔を増幅した。

    「この日のことは、僕は一生忘れられないと思う。我がチームは最初から最後まで、フル回転だった。このような勝ち方が出来たことは、ウェールズ・フットボール界にとって特別なもの」と、アレンは母国代表チームに対する誇りを語った。

    アレンがユーロで活躍すれば活躍する程、英国のメディアは、アレンのLiverpoolでの行方に関する予測を書き立てた。2012年夏にスウォンジーからLiverpool入りしたアレンの契約は、残り1年となった今、Liverpoolからの契約更新の動きはなく、おそらくは、この夏に移籍することになるだろう、というのが一般的な見解だった。

    Liverpoolの地元紙リバプール・エコーも、「Liverpoolは、試合を変えることが出来る貴重な戦力としてアレンを必要としている。しかし、現在26歳のアレンにとって、レギュラーとして試合に出られる環境を希望するのは当然のことだろう」と、同意した。

    「Liverpool入りして、まずまずのスタートを切ったアレンについて、ブレンダン・ロジャーズが言った『ウェールズ版シャビ』という表現は、アレンにとてつもない重荷を課した。ライバル・ファンに嘲笑ネタを与え、Liverpoolファンに不当な期待を与えた。そんな中で、愚痴も言わず、黙々と努力を重ねたアレンは、今ではLiverpoolファンの大多数が引き留めを願う程の支持を勝ち取った」と、同紙は締めくくった。

    ウィリアムズのインタビューでも話題に出た、髭が似ていることで「ウェールズ版ピルロ」というニックネームを授かったことについて、「ウェールズ版シャビ」とどっちが嫌か?と問われたアレンは、静かに笑って答えた。「髭の方はさておき、『ウェールズ版シャビ』と言われて、嬉しいと思ったことは一度もない」。

    アレンがLiverpoolに留まるとしても、レギュラーの座を求めて出て行くとしても、ファンは、「ジョー・アレンに敬意を捧げる日」を祝うことは間違いない。

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR