FC2ブログ

    相対的な成功

    5月21日のFAカップ決勝戦は、マンチェスターユナイテッドがクリスタルパレスを2-1と破って、イングランドの2015-16季を締めくくった。延長に入ってクリス・スモーリングが退場となり、10人に減ったユナイテッドが、110分の決勝ゴールで通算12回目の優勝を達成したという劇的な試合で、感動で湧いていたはずのユナイテッドのおひざ元から出た、監督交代の速報が、試合結果を凌いでヘッドラインを独占したのだった。

    これに対して、驚いた人は誰もいなかった。というのも、ユナイテッドの地元紙、マンチェスター・イブニング・ニュースが、「ファンハールが今季末で解任され、来季からジョゼ・モウリーニョがユナイテッドの監督に就任することが内定した」という記事を、モウリーニョのエージェントと密接なやり取りをする中で得た「インサイダー情報」として、12月から現在に至るまで、日々刻々と掲載し続けたことからも明らかだった。

    それが、ファンハールがユナイテッドの選手と一緒にFAカップを掲揚したかしないか、という時点で流れたのは、メディアのアンチぶりを象徴していた。

    ユナイテッドから正式に、ファンハール解任発表が出た5月23日には、全国メディアやニュートラルなアナリストからも、「必然的だった」という反応が飛び交った。

    元Liverpool選手(1983-89)で、現在はスカイの解説者として活躍しているジム・ベグリンは、「ユナイテッドの試合を見るより、ファンハールの記者会見を見ていた方が遥かにエンターテインメント度が高かった」と語り、イングランド中の爆笑を買った。

    この、「つまらないフットボール」説は、ファンハール批判の最大要素だった。今季のユナイテッドがリーグ戦で通算でわずか49得点、オン・ターゲットは1試合平均2点台と低調だったことは、全国メディアが頻繁にジョークのネタとして取り上げた。ユナイテッド・ファンの間でも、(最終日のボーンマス戦で19点差で勝てば、ユナイテッドは得失点差でシティを抜いて4位になった、その試合前に)「アウェイ・チームの控室に外から鍵を掛ければ、良いところまで行くかもしれない。でも、バックパスを回しているうちにあっという間に90分が過ぎて、結局、涙を飲むだろう」などと、自嘲的なジョークが飛び交った(試合結果は3-1でユナイテッドの勝利)。

    マンチェスター・イブニング・ニュース紙は「ファンハールは、オールド・トラッフォードの異名『夢の劇場』を、『あくびの劇場』に変えた」と痛烈だった。

    ファンハールの「記者会見でのエンタテイメント」の一つには、ウエストハム戦(試合結果は3-2でウエストハムの勝利)の前に、「勝てばトップ4に王手」の質問と、アプトン・パークでの最後の公式戦という記念すべき試合に関する感想を問われて、「この半年で初めて、今日は私のクビに関する質問が出なかった」と答えたものがあった。

    「ファンハールが、記者会見で人気があったことは事実だし、実際に、選手が家庭の事情などで休みが必要になった時には暖かい言葉を掛けるなど、人柄に関しては定評があった。しかし、試合に勝つための監督としての面では、役不足だったことが致命的。そもそも、ファンハールは12月に既に控室を失った(※選手からそっぽを向かれるようになった)」と、マンチェスター・イブニング・ニュース紙は畳みかけた。

    「トレーニングの内容が古い、など、選手の間で不満が出て、主将のウェイン・ルーニーと副主将のマイクル・キャリックが2人でファンハールに『お願い』に行ったことに対して、ファンハールは門前払いした。ダービーの日のチーム・トークを(当時負傷欠場中だった)ルーニーに依頼したのは、選手がもはやファンハールの言うことを聞かなくなったから(試合結果は1-0でユナイテッドの勝利)」。

    FAカップは、ユナイテッドにとっては3年ぶり、サー・アレックス・ファーガソンが引退して以来初のメジャーなトロフィーだった。しかし、「ユナイテッドが取るべきトロフィーは違うものだった」と、同紙は締めくくった。

    つまり、ユナイテッドにとって、FAカップは「成功」ではなかった。

    ファンハールを含めると、プレミアリーグの全20チーム中で、2015-16季に監督が交代/離任したチームは10となった。世間の圧倒的な評価は、殆どが「仕方ない結末」というものだった。

    その中で、最終週に解任が発表されたワトフォードのキケ・サンチェス・フローレスに関しては、イングランド中から吊し上げられた。「プレミアリーグ残留が最大の目標の昇格チームを、13位に導き、FAカップ準決勝進出を達成した監督を、何の根拠で解任?」というメディアの批判を背に、ワトフォード・ファンが「ありがとう、キケ」のバナーを掲げる姿が印象的だった。

    対照的に、降格した2チームのおひざ元では、1年後のプレミアリーグ復帰に向けて、地元紙もファンも気合いに満ちていた。

    残り10試合の時点でニューカッスル監督に就任したラファエル・ベニテスは、残留という目標は達成できなかったものの、選手の意欲と自信を復元させ、3勝4分と、戦績だけでなく内容も向上させたことは、誰の目にも明らかだった。「降格したら離任する」特約付きで就任したラファは、選手やファンから熱烈な引き留めに合い、再検討に至ったという。

    プレミアリーグ在籍1年で終わったノリッジは、1年前にチームを昇格させたアレックス・ニールが、来季も続投することがほぼ確実となった。「降格の原因は、プレミアリーグで通用する戦力を補強できなかったから」と、ノリッジ・ファンの70%がニールに対する強い支持を掲げ、来季の巻き返しに期待を膨らませている。

    Liverpoolは、5月18日の「全てかゼロか」のEL決勝戦で玉砕し、リーグ8位、トロフィーなし、来季のヨーロッパなしの「ゼロ」でシーズンを終えた。

    前半1-0とリードしながら3-1で逆転負けした内容は、ファンにとっては辛い敗戦となった。更に、世間は「ユルゲン・クロップは監督として通算6度のカップ決勝で5敗。決勝で負けるジンクスがあるのでは?」と、Liverpool陣営の失意を増長させる記事を掲げた。

    しかし、Liverpoolファンは、クラブにとっての「成功」とは、相対的なものであることを知っていた。

    「クロップの、カップ戦のジンクスが今後の運命を決めるとしたら、同じ原理で、リーグ優勝も決まっているということ。リーグ優勝できるなら、カップ決勝は負け続けても良い」と笑った。「EL決勝で負けたことは、辛い。でも、決勝に出たくても出られないチームのファンがいかに多いか、と考えるまでもない。決勝進出そのものが、十分に大きい」。

    負けた試合の後で、クロップがLiverpoolの選手を集めて、「これから皆で一緒に迎える決勝戦で、今日の悔しい経験を活かそう」と語った、というエピソードが流れた。

    「リーグ順位は嘘をつかない。今季のLiverpoolは、リーグ8位のチーム力。そのチームをEL決勝に導いたクロップが、自分の選手を加えて強化するチームが、どこまで行けるかと考えると、明るい希望が湧いてくる」。

    ユルゲン・クロップの心の中

    5月15日のプレミアリーグ最終日に、Liverpoolは、前のチェルシー戦(試合結果は1-1)から11人変更した若手中心のチームで臨み、WBAに1-1と引き分けて、60ポイントの8位で終わった。

    地元紙リバプール・エコーは、「リーグ順位でのEL出場権はなくなった。5月18日のバーゼルは、文字通り『全てかゼロか』の試合となった」という見出しで、ビル・シャンクリーがLiverpoolをイングランド1部に昇格させた1962年からの半世紀余りで、最低線の8位とタイという成績で終わった、失意の2015-16季を振り返った。

    「昨季(62ポイントで6位)よりも若干下回る数字は、誰もが遺憾に感じて当然。しかし、昨季の最終戦では、ストークシティに6-1と屈辱的な大敗を喫しながら、答えを持っていなかったLiverpoolに対して、ファンは希望を失った。しかし、今回のWBA戦では、64分にサブで登場したダニー・イングスに対して、トラベリング・コップは名前をチャントして大歓迎を表明した。長期負傷から復帰しつつある選手や、プレミアリーグの経験を積んでどんどん成長している若手の姿に、ファンは、8位という成績よりも、今後のチームの発展を夢見て、期待に胸を膨らませている」。

    5月12日に発表された、Liverpoolの2015-16季の優秀賞は、最優秀若手選手賞(エムレ・シャン)を除き、最優秀選手賞、選手が選ぶ最優秀選手賞、パフォーマンス・オブ・ザ・シーズン(アウェイのマンチェスターシティ戦、試合結果は4-1でLiverpoolが勝利)、ゴール・オブ・ザ・シーズン(ELアウェイのマンチェスターユナイテッド戦、試合結果は1-1)の4部門をフィリペ・コウチーニョが独占した。

    同じくコウチーニョが独占した昨季は、ファンの反応は「競争相手がいなかったから、当然の選出」という、冷めたものだった。着実に存在感を増しているコウチーニョに対して、嬉しいという気持ちを抱くと同時に、「このままでは、一人でチームを背負い続けた末に、トロフィーが取れないLiverpoolに愛想をつかして、コウチーニョに出て行かれる日が来るだろう。そうなっても非難は出来ない」という危惧が拭えなかった。

    しかし今季は、コウチーニョと並んで、ディボック・オリジ、ダニエル・スタリッジ、クリスティアン・ベンテケ、ロベルト・フィルミーノの5人が、カップ戦との合計で通算得点2桁を達成したという、数字からも明らかなように、ファンの意見は分かれていた。そして、「パフォーマンス・オブ・ザ・シーズンのシティ戦は、どちらかと言えばボブ(ロベルト・フィルミーノ)の方がフィル(コウチーニョ)よりも良かったと思う」という声や、「ドルトムント戦(試合結果は4-3でLiverpoolの勝利)のヒーローでもある、今季は飛躍的に向上したデヤン・ロブレンに取らせてあげたかった」など、熱い議論を交わすファンは、誰もが笑顔を浮かべていた。

    そんな中で、ファンの間で一致した意見は、「今季だけでなく、FSGがオーナーになってからの5年間で、ベスト・サインはユルゲン・クロップ」というものだった。

    そのLiverpoolファンの声を聞いたかのように、5月13日に、NBCで「ユルゲン・クロップの心の中」というタイトルのドキュメンタリーが放映された。

    「あなたが監督に就任してから、デヤン・ロブレン、アダム・ララーナ、ディボック・オリジ、ジョー・アレンを筆頭に、多くの選手が飛躍的な向上を遂げた。その秘密は何ですか?」という質問に、クロップは笑いながら首を横に振った。

    「私は、サウサンプトン時代のララーナとロブレン、スウォンジーのアレン、そして17歳でベルギー代表チームで名を上げたオリジを知っていた。私が彼らを変身させたのではない。彼らはみな、元々実力のある選手たちだった」。

    Liverpool監督の話を受けた2015年10月には、クロップは、本当はもう少しフットボールから離れている予定だったが、「Liverpoolだったから」、あえて計画を覆して、早期復帰を決意した、という話は有名だった。その時の決意について、今振り返って後悔していないか、と問われて、クロップは熱く語った。

    「Liverpoolは、ドイツでは良く話題に上がるチームだし、私もずっと前から知っていた。そして、2014年夏に、プリシーズンでアンフィールドを訪問した時、期待通りだと思った。いつか、チャンスが来ればこのクラブの監督になりたいと思った。そして、ここに来た途端に、地元の人々の熱情に触れて、一気に好きになった」。

    「成功は、皆で力を合わせて頑張ることで達成できる。それには時間が必要。数日なのか数カ月なのか、あるいは2年かかるか。ただ、信じて一緒に戦ってほしい。私がこれまで監督を勤めた2つのクラブであるマインツとドルトムントも、Liverpoolと同じくYou'll Never Walk Aloneをクラブ歌としていた。それは、偶然かもしれないし、運命かもしれない。私は、決して一人で歩くつもりはないから」。

    勝ち組と負け組

    イングランドでは、シーズン中毎週、各メディアが「今週の勝ち組、負け組」を選出する。基本的には、その週末のリーグ戦の試合結果を中心に、順位争いやカップ戦の状況などを総合的に判定して「勝ち組」と「負け組」を決めるため、通常はメディアによって微妙に異なるものだが、5月7,8日の週末に関しては、イングランド中で判で押したように同じ結果となった。

    勝ち組のトップは言うまでもなく、イングランドのフットボール史上ベストを争う「おとぎ話的優勝」を決めたレスターシティだった。5月2日に、トッテナムがチェルシーに2-2と引き分けたため優勝が決定し、その週のイングランドの話題を独占したレスターが、もう勝つ必要がなくなった5月7日のホームでの最終戦で、イングランド中のフットボール・ファンから盛大な祝福を受け、地元のファンのお祭りムードの中で、エバトンに3-1と勝って花を添えた。

    シーズン中ずっと、アナリストから「そのうち力尽きて、ビッグ・クラブに優勝をさらわれるだろう」と言われ続けたレスターが、「優勝するためには、大金はたいてスター選手を買い集めることが必須」という定説を打ち破って達成した偉業は、メデイアやアナリストを脱帽させ、ニュートラルなファンから盛大な拍手を勝ち取ったのだった。

    いっぽう、負け組の筆頭は、それら「大金はたいてスター選手を買い集めながら、レスターにかなわなかった」ビッグ・クラブの代表格でもあり、今季開始時点の優勝候補の一つであるマンチェスターシティだった。5月8日には、ホームでアーセナルに2-2と引き分けて、トップ4入りすら他力本願となってしまった(※その時点では、2ポイント少ないマンチェスターユナイテッドは、残り2試合に勝てばトップ4入りとなる)。

    シティが「負け組」として批判を集めることになったのは、その前戦である5月4日のCL敗退だった(試合結果は1-0、通算1-0でレアルマドリードが決勝進出)。5月1日のサウサンプトン戦では、CL準決勝を控えているから土曜日に前倒しして欲しいと申請したものの、テレビ放送を理由にプレミアリーグに却下されたことから、マヌエル・ペジェグリーニが「CLでイングランドの国旗を持って戦っているチームに対して、リーグは全く協力してくれない」と怒り、リザーブチームで臨んだ末に、サウサンプトンに4-2と玉砕したのだった。

    かくして、トップ4争いを犠牲にしてまで「賭けていた」はずのレアルマドリード戦で、シティは、殆ど気力が見られない戦い方で自滅してしまった。

    そして、ダメ押しが5月8日のアーセナル戦だった。しかもその試合はシーズン最後のホーム戦で、試合後にはペジェグリーニへのお別れを兼ねたラップ・オブ・オナーが予定されていた。

    「リーグ優勝1回、リーグ・カップ2回、そしてクラブ史上初のCL準決勝進出という業績を作ったペジェグリーニの輝かしい3年間の在任期間は、最後にむごい形でフェイドアウトしてしまった」と、翌日の地元紙マンチェスター・イブニング・ニュースは、悲哀に満ちた記事を掲げた。

    「この試合に勝てなかったのは非常に残念。絶対に勝ちたかった。来季のCL出場権を確保してシーズンを締めくくりたかった」と、試合後のインタビューで無念を語ったペジェグリーニは、ラップ・オブ・オナーで、スタンドに残った1万人そこそこのファンに向かってお別れの挨拶を告げた。

    「私にとっては、この素晴らしい3年間は永遠に忘れられないと思います。ファンの方々には、心から感謝を捧げます。ありがとう。そして、ずっと変わらずにいてください。チームはあなた方を必要としています。来季はきっと良いシーズンになると信じています。だから、これからも変わらずに応援してあげてください。さようなら。また会いましょう」。

    さて、シティがヨーロッパのカップ戦から抜けて、イングランドから唯一の決勝進出チームとなったLiverpoolは、この週の「勝ち組」No.2だった。

    4月28日の1戦目で、92分のゴールで1-0と勝ったビヤレアルが、「決勝戦に足を一歩突っ込んだ」と強気になった試合の後で、「まだ勝ったと思うのは早い。彼らはアンフィールドに来なければならないのだから」と、ユルゲン・クロップは自信を見せた。

    「アンフィールドでは、ファンが手伝ってくれるから、絶対に勝てると自信がある」と、デヤン・ロブレンが目を輝かせた。並行して、地元のファンは、ホームでのEL戦ですっかり定番になった、アンフィールド・ロードの「ガード・オブ・オナー」(※1時間少し前にスタジアム入りするチーム・バスを、ファンが道端に立って歌と大声援で激励する、試合前の儀式)の計画を着々と進めていた。

    チームとファンの連携プレイが冴えて、5月5日にビヤレアルを3-0(通算3-1)と破ってEL決勝進出を決めた後の、5月8日のリーグ戦(対ワトフォード、試合結果は2-0でLiverpoolの勝利)で、ゲストとしてアンフィールドを訪問したジャージー・ドゥーデクは、2005年のイスタンブールの記憶を背景に、今のLiverpoolの「勝ち組」ぶりについて語った。

    「スタンドのファンの応援は、間違いなく試合に影響を与える。選手はファンの声援で気合いを得る。そして、ピッチの上のプレイが、ファンの声援に影響すると思う。両方が影響し合って高まれば、必ず勝てる」。
    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR