FC2ブログ

    FAカップの格下げ?

    2月21日、スタンフォードブリッジでのFAカップ5回戦で、マンチェスターシティが「リザーブチーム」で臨み、チェルシーに5-1と大敗を食らった試合がイングランド中の注目を集めた。組み合わせが決まって、BBCのTV放映戦に選ばれたこの試合が日曜日に変更された時点で、直後にCL戦を控えているシティは、土曜日に戻すようリクエストしたものの、FAがTV放送の都合を優先して却下したという背景があった。

    「FAはCLに出場しているチームに対して、援助するどころか足を引っ張っている」と激怒したマヌエル・ペジェグリーニが、早々に「チェルシー戦はリザーブチームで臨む」と宣言していた。その言葉通り、この試合がファーストチーム・デビューとなる若手5人を含むチーム編成で、ほぼフル・メンバーのチェルシーにボロ負けしたのだった。更に、試合後に「我がチームは、FAの代わりに、イングランドのためになる措置を取った」と強気を通したペジェグリーニに、非難が集中した。

    中立のメディアの中には、近年のイングランドのチームのヨーロッパのカップ戦での不振を指摘し、「現時点の戦績が続けば2017-18季からイタリアに逆転され、CL出場枠が3になってしまう。FAとプレミアリーグは、ヨーロッパのカップ戦に備えるチームに対して、日程面で便宜を図るべき」と唱える声もあったものの、圧倒的多数が、猛烈な批判を投げかけた。

    「マンチェスターシティは、イングランドで最も選手層が厚い。CLに加えて2月28日にはリーグカップ決勝も控えて、過密日程に直面していることは事実だが、だからと言ってデビューの若手を5人も出さねばならない程の危機的な状況とは到底思えない。要は、他の試合を優先してFAカップを捨てたものであり、FAカップを格下させる行為」。

    これに対して、マンチェスターシティの地元紙であるマンチェスター・イブニング・ニュースや、シティ・ファンは、「若手は良くやった。むしろ、5-1という大差は、経験のある選手のミスが原因」と反撃し、「特に良いプレイをした2人の若手がCL戦のベンチ入りという報酬を得た」と、明るい面を強調したものの、世間の批判にかき消されてしまった。

    Liverpoolファンの間では、「我々も基本的には同じことをしたのだから、シティを批判する資格はない」と肩をすくめながら、同時に、「FAカップの格下」現象に関する議論が飛び交った。

    世界最古の国内カップ戦であり、ノンリーグも含めて700超のチームが激突するFAカップは、その地位は揺るぎないものだった。しかし、ヨーロッパのカップ戦に出場する財政的な利益の増大に伴って、結果としての報酬という面では、実質的な「格下げ」現象は続いていた。

    FAカップの優勝チーム(または、優勝チームがCL出場権を得た場合は、代わって準優勝チーム)だけに出場資格が与えられたカップ・ウィナーズ・カップは1999年を最後に廃止され、UEFAカップ(ELの前身)に吸収された。更に、準優勝チームに資格が移転する措置も2015年から廃止されたため、優勝チームだけがEL出場権を得るという点では、リーグ・カップと同等になってしまった。

    2003年のリーグカップ決勝で、マンチェスターユナイテッドがLiverpoolに2-0と敗れた1か月後に、リーグ戦で4-0と雪辱を果たした時に、サー・アレックス・ファーガソンが、「リーグ戦で勝つ方が、ミッキーマウス・カップに優勝するよりも重要」と勝利宣言をした話は有名だ。以来、Liverpoolファンの間では、ジョーク交じりに「ミッキーマウス・カップ」と称されるようになったリーグカップは、FAカップの「格下げ」に伴って、トロフィーとしての意味合いが変化したきらいもあった。

    そもそも、ファーガソンにとっては「ミッキーマウス・カップ」だったかもしれないが、通算優勝回数8でカップ史上最多を独走するLiverpoolにとって、このリーグカップとはユニークな関係を持っていた。1961年に創立され、4部に渡るリーグ所属チームだけが参加できるこのカップ戦は、1971年に優勝チームにUEFAカップ出場権を与えるようになる前までは、自由参加だった。参戦が義務になるまでは見合わせていたLiverpoolは、なじみが薄いこのカップ戦で勝てるようになるまで苦戦を続けた。そして、黄金時代の1981年に初優勝を遂げてから、4連覇も含めて、間もなく常連となった。

    それは、その時代のLiverpoolの土台を作ったビル・シャンクリーの言葉が象徴していた。「Liverpool FCは、トロフィーを取るために存在する」。

    「FAカップが格下げ」されたため、リーグカップの優先度が上がったわけではない。FAカップは、報酬がどうあれ、歴史と伝統は持続されるし、ノンリーグのチームやファンにとっては「マジック」であり続ける。

    しかし、「ミッキーマウス・カップ」であろうと何であろうと、トロフィーを取るチャンスである以上は、やるべきことは明らかだった。

    夢は義務より良い

    レスター・シティのホーム・スタジアム、フィルバート・ストリートを初めて訪れたのは2001-02季のことだった。Liverpoolの試合が日曜日だったため(対アーセナル、試合結果は1-2でアーセナルの勝利)、土曜日に滞在先のリバプール市からレスターまで日帰りで試合を見に行ったのだった(対ウエストハム、試合結果は1-1)。

    その時、試合までの時間を利用して市内観光でもしようとツーリスト・インフォメーション・センターに行ったところ、ラッキーなことに1時間の無料ガイド・ツアーに参加できて、ガイドさんから直々に市内を案内してもらった。イングランドの目玉観光地とは違って、静かな住宅地に隠れたように立っている大聖堂やらミュージアムを回りながら、市民がこの町唯一のフットボール・クラブを大切にしている様子も、じっくり聞かせてもらった。

    そのような背景から、すっかりレスターという町が好きになってしまった私は、翌シーズンもLiverpoolの試合が月曜日になったため(対ニューカッスル、試合結果は2-2)、2年連続レスターに行った程だった。

    残念なことに、レスターは2001-02季は最下位で降格してしまい、新装開店のウォーカーズ・スタジアム(現在のキング・パワー・スタジアム)では、2部の試合が行われた(対ジリンガム、試合結果は2-0でレスターの勝利)。しかし、ディビジョンは関係ないとばかりに、スタンドは満員で「チームを信じて応援する(Keep Faith)」というTシャツを着たファンの熱気が湧いていた。心の中で、レスターに対する好感度が更に増したことは言うまでもなかった。

    それから13年後の2014-15季、13試合を残した時点でプレミアリーグ最下位、僅か18ポイントという成績だったレスターが、あの時の轍を踏むことになるだろうとため息をついたのは、地元のファンも同じだっただろう。しかし、シーズン終幕の快進撃がミラクルを呼び、レスターは38ポイントでプレミアリーグ残留を達成したのだった。

    再びファンに悲しい思いをさせずに済んだレスターは、1年後には、13試合を残した時点で2位に2ポイント差の首位という、全く正反対の状況で、ファンに「チームを信じて応援する」Tシャツを着る機会を提供したのだった。

    イングランドでは、ごく一部の皮肉好きのメディアやアナリストが、「来季のレスターは、ジェイミー・バーディやリヤド・マーレスというスター選手をビッグ・クラブに取られた上に、ヨーロッパのカップ戦の過密日程に直面して、降格する苦戦を強いられるだろう」と唱えて顰蹙を買っていたが、しかし、大多数は、「レスターは、破格の資金を投入してワールドクラスのスター選手を買い集めなくても、プレミアリーグ優勝を争うチームにすることが可能だという、夢のような話を実現している」と、一斉に賞賛した。

    首位攻防戦を控えた2月12日、BBCのフットボール・フォーカスで、インタビューに登場したレスターのリヤド・マーレスが、「昨季の残留争いのプレッシャーと、今の優勝争いのプレッシャーを比べて、どちらがより重たい?」という質問に、笑って答えた言葉が印象的だった。

    「昨季の我々にとっては、残留は義務だった。ビッグ・クラブにとって優勝が義務というのと同じように。今の我々は、プレッシャーなどない。優勝は義務ではなく、夢だから」。

    ファンの間では、チームを問わす、圧倒的にレスターの優勝を祈る声が鳴り響いていた。それは、「大金で優勝を買うビッグ・クラブ」に対する反感というよりは、レスターはイングランド中のファンにとって「夢」の象徴だった。

    「レスターを見ていると、我がチームもいつか、夢を叶えてくれる日が来るかもしれないと、希望が湧いてくる」。

    2月14日のビラ・パークで、Liverpoolに0-6と大敗を食らったアストンビラは、13試合を残した時点でプレミアリーグ最下位、僅か16ポイントという成績で、降格の可能性がますます現実的になった。

    試合後のインタビューで、その日の得点者の一人となったジェームス・ミルナーは、2008–2010年に在籍した古巣ビラの現状について、表情を硬くして「非常に厳しい」と語った。「でも、昨季のこの時期のレスターを考えると、同じことが起きるかもしれない、と希望が湧く」。

    レスターは、ファンだけでなく、選手にも夢をもたらしている。

    アンフィールドの77分退出抗議デモ

    2月6日のアンフィールドでのサンダーランド戦で、最大の注目を集めたのが、Liverpoolファンの「77分退出抗議デモ」だった。これは、2月4日にファン・グループ「スパイオン・コップ1906」が計画を公表し、その試合に行くLiverpoolファンに対してSNS上で呼びかけたことから、全国メディアを始め、対戦相手のサンダーランドは勿論、イングランド中の地方紙が報道し、全国的な話題となったものだった。

    この77分退出抗議デモは、Liverpoolのクラブが、増築中のメインスタンドの新座席を含む、2016-17季のチケット価格を発表したことがきっかけとなった。現在は、対戦相手ごとに価格帯をAからCの3段階に分けて、各カテゴリごとに、最も高いチケットは£59だが、来季はそれが£77に大幅な値上げとなる。価格帯はコップとそれ以外の2種別から、幅を増やして、最安値のチケットは若干値下げする措置も含んでいたものの、シーズンチケットは最安値が£685から£1,029と上がるなど、結果的に、総額で£2mの値上げという内容だった。

    折しも、2月4日にLiverpoolのオーナー企業のFSGが、オフィシャル・サイトで「ファンをカスタマー(顧客)に変えた成功事例」として、Liverpool FCの経営を説明する記事を掲載したことから、イングランドのフットボール界に爆弾を落としたばかりだった。

    「ファンはカスタマーではない」というスローガンを掲げて、各チームのファン・グループが、プレミアリーグ本部事務所の前などで合同のデモを定例的に行っていることは有名な話だ。中でも、不況に苦しむマージーサイドとマンチェスターの4チーム(Liverpool、エバトン、マンチェスターユナイテッド、シティ)のファン・グループは、その中心となって、国の財政事情を無視して高騰し続けるチケット価格に対する批判を表明していた。

    イングランドのメディアやファンの反響に、FSGは即座にタイトルを「カスタマーをファンに変えた」に変更した。

    それにしても、「何があっても最後までチームを応援する」伝統で知られているLiverpoolファンが、試合中に退出する、というデモは、124年の歴史の中でこれが初めてだった。

    その前代未聞のデモは、例外なく全てのメディアが一斉にLiverpoolファンに賛意を示し、Liverpoolのクラブに対する批判を掲げた。「そもそも、プレミアリーグは2016/17季から破格のTVライセンス契約が開始し、3年間で合計£8.3bの増益が見込まれている。各クラブは、その収益を、既に高騰しているチケット価格を値下げする資金に回すことで、毎試合応援に駆け付ける地元のファンに、これまでの忠誠の恩返しをすべき。なのに、逆に値上げとは、論外」。

    かくして、イングランド中の注目の元で行われた試合は、Liverpoolが2-0とリードし優位に立っている時に77分を迎えた。一足先にYou'll Never Walk Aloneを合唱し、「これ以上、クラブの暴利の犠牲にはなりたくない」というチャントとともに、コップ・スタンドを中心に1万人近いファンが「退出デモ」を実行した。その直後の82分に守りのミスから失点し、89分に同点ゴールを食らったLiverpoolは、2-2と引き分けて終わった。

    「Liverpoolのディフェンスは、ファンの抗議デモに賛意を示して77分に退出した」というジョークを言いながら、ライバル・チームのファンは一斉に、真面目な表情で「良くやった」とLiverpoolファンに拍手を送った。

    そんな中で、この77分退出抗議デモに対して疑問を唱える声があった。それは、主として試合をテレビ観戦していたLiverpoolファンの中から出たものだった。「クラブにとっては、結局はチケットの売り上げが減ったわけではないので、痛みはない。不買運動でなければ効果はない。ましてや、試合中に退出するという行為は、ピッチの上の選手に影響を与える危険性がある。実際に、デモの直後に2失点を食らって2ポイントを逃した」。

    このような声は、少数派だったものの、ファンの間に「毎試合、応援に駆け付ける地元のファンと、めったに試合に行かない外国のアームチェア・ファン」の亀裂に繋がるものだった。実際に、Liverpoolのシーズンチケット待ち行列には25,000人が名を連ねており、チケット代が捻出できないからという理由でシーズンチケットを断念するファンが出るのを待っている人もいた。「要は、需要と供給の関係で、クラブはチケット代をいくら高くしても必ず完売できるという計算の上で値上げするのだ。ファンの側に勝ち目はない。デモなどやるだけ無駄だ」という声すら、出ていた。

    そのような声にカウンターを与えるかのように、隣のマンチェスターで、ユナイテッド・ファンが、「77分に出て行ったLiverpoolファンは素晴らしい。我々も同じ状況に直面している。彼らを見習わねばならない」と叫んだ。

    その夜のマッチ・オブ・ザ・デイで、アラン・シーラーが、ユナイテッド・ファンや、地元のLiverpoolファンに賛成を表明した。「Liverpoolは、ファンが77分に出て行ったからポイントを落としたのではない。ディフェンスが情けなかったから、2点のリードを守れなかったのだ。ここ18か月と同じく。そして、Liverpoolファンの主張は全く正当。この国のどのクラブも、来季からチケット代を値下げすべき。どんな事情があっても、1ペニーも値上げなどすべきではない」。

    翌日のインディペンデント紙も、シーラーに同調した。「こんな弱いチームの試合を見るために、ファンに£77も払わせるとは、クラブは何を考えているのだ?ベスト・プレイヤーを次々に放出し、並の選手ばかり取り続けた結果、こんなに弱くなったという責任すら取らずに?」

    77分に退出したファンの中に、メイン・スタンドのシーズンチケット・ホルダーであるジェイミー・キャラガーがいたことも、翌日のメディアを飾った。

    「Liverpoolファンのデモは、これだけ多くの注目を集めたのだから、オーナーやクラブのトップは無視できないという状況に追い込まれた」と、地元紙リバプール・エコーがファンの勝利を宣言した。

    ユルゲン・クロップのマン・オブ・ザ・マッチ

    1月26日のリーグカップ準決勝2戦目で、Liverpoolはストークシティを延長の末通算1-1、PK戦6-5と破って、4年ぶりの決勝進出を達成した。13日で5試合目の過密日程の中で、延長戦に入った時には、両チームともに疲労で足が動かなかった、会心のプレイには程遠い内容ながら、Liverpoolにとっては、気力で勝ち取った決勝進出だった。

    その中で、長期負傷明けで105分を戦ったジョン・フラナガンについて、ユルゲン・クロップは、試合後のインタビューで「私のマン・オブ・ザ・マッチ」と讃えた。

    「フラノは、私がLiverpoolに来た時からずっと負傷していた。アンダー21の試合での調整が始まってからも、簡単ではなかった。良い日があれば、次の日にはドクター・ストップがかかった、など、復帰に向けての調整も大変だった。それでも、フラノは決して弱音を吐かず、常に前向きな姿勢で頑張った。とても意思の強い、しっかりした若者。今日の試合も、復帰2試合目でいきなり105分プレイしたが、延長戦のハーフタイムに交代させた時にも、本人は『まだ大丈夫です』と、出たがった。フレッシュな足が必要だからと言って説き伏せた」。

    1月20日のFAカップ3回戦再試合、エクセター戦(試合結果は3-0でLiverpoolが勝利)で、51分のサブで、フラノが619日ぶりの復帰を遂げた時のアンフィールドは、異例な熱気がよぎった。スタンドのファンが総立ちでフラノの復帰を歓迎する様子に、タッチラインに立ってフラノを送り出したクロップが、深く感銘を受けたことは明らかだった。

    「まずは、スタンドのファンにお礼を言いたい」という切り口で始まったクロップの試合後のインタビューは、平日の夜のカップ戦再試合に満員御礼のサポートを見せた賞賛に続いて、「フラノが出場した時のスタンドの熱い反応は、とても感動的だった」と、頬を紅潮させた。

    自らファンとの繋がりを大切にしているクロップにとって、ファンがフラノに対して見せた、自発的な、熱い思い入れに、心が動かされたようだった。

    スティーブン・ジェラードやジェイミー・キャラガーという、ファンが強く支持してきたレジェンドが次々と去って、残った数少ない「Liverpoolのクラブに全精力を注いでいる選手」の中で、更に希少な、スカウサーでアカデミー出身のフラノは、ジェラードやキャラガーのような大スターとは言えないかもしれないが、ファンにとっては、その両者の後を継ぐ特別な存在になっていた。

    「子供の頃は、アンフィールドが近所の遊び場だった」と言う程に、地元中の地元で、代々Liverpoolファンというご家庭で、Liverpoolファンとして育ったフラノは、ファンにとっては「スカウサーのハートビートを持つ、ファンの一人と言える選手」だった。

    長期欠場明けで、果たして負傷前の2013-14季の絶好調さを取り戻すことができるかどうか、フラノの戦力面での復調に関しては、まだまだ予断は許さなかった。しかし、Liverpoolに熱情を抱き、クラブのために全てを捧げる決死の覚悟を持ち、必要な時にはそれを出すことが出来る選手は、Liverpoolにとって、そして、フットボールに情熱を求めるクロップにとって、不可欠な存在であることを、ファンは知っていた。

    「エクセター戦で、スタンドのファンが盛大に迎えてくれた、あの時の感激は一生忘れられない」と、フラノは振り返った。「負傷と戦っていた時の、長い日々の辛さが吹き飛んだように思えた」。

    クロップの「私のマン・オブ・ザ・マッチ」発言について、フラノは、「監督の口からそのような言葉を貰えて、本当に勇気が湧く。監督は、僕の負傷中の苦しみを理解してくれて、激励してくれた。この監督に、実力を認めてもらって試合に出してもらえるように、全力を尽くしたい」と、力強く語った。
    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR