FC2ブログ

    Liverpoolを取り巻く「陰謀」?

    9月26日、Liverpoolはホームでのアストンビラ戦で3-2と勝って、今季3勝目を記録した。試合前に「Liverpoolの次期監督候補」の噂が大々的にイングランド中を覆っていただけでなく、クラブがうち2人にコンタクトを取ったという「内部情報」がヘッドラインを飾っていた中での勝利だった。

    ビラ戦の試合後のインタビューで、ブレンダン・ロジャーズは、「私を追い出そうとしているグループがいる」と、不穏な言葉を発し、にわかに離れかけていた世間の注目を再び集中させた。「ビッグ・クラブでは、成績が芳しくないと監督クビの噂が出る。でも、Liverpoolの場合は他のクラブよりも遥かに悪質で、私に対する批判はヒステリックとも言える。そもそも、マンチェスターシティ、アーセナル、チェルシーの方が敗戦の数ではLiverpoolより多いのに(※)」。

    ※EL/CL、リーグカップを加えて今季9試合中、Liverpoolは3勝4分2敗でリーグ8位、マンチェスターシティ(6勝分3敗でリーグ2位)、アーセナル(5勝1分3敗でリーグ4位)、チェルシー(4勝2分3敗でリーグ15位)。

    これに対して、地元紙リバプール・エコーは「ロジャーズは誰のことを非難しているのだ?」と、元選手のアナリスト、親Liverpoolのメディア(同紙含む)、ファン、外部の各反応をまとめる記事を掲げた。「最も厳しいファンですら、実質的なボイコットに加えて、試合中に間接的な批判のチャントを飛ばし、ブーイングすら出たロイ・ホジソンの末期に比べると遥かに忍耐強い」と、エコー紙はロジャーズの「ヒステリック」論に対して間接的に反論した。

    折しも、9月12日のマンチェスターユナイテッド戦(3-1でLiverpoolは敗戦)の翌週に、スティーブン・ジェラードが、新刊のオートバイオグラフィー「マイ・ストーリー」のプロモーション番組で、「コーチ兼任という話をもらっていたならば、迷わずLiverpoolに留まった。実際には、コーチの話が出たのは、僕が既に出る決意を発表した後のことだった」と明したことで、Liverpool陣営は大きく揺れていた。

    というのも、その時点でLiverpool FCの担当役員イアン・エアが、ファンやメディアからのクラブ批判に対して「ジェラードは試合に出たい、という理由で去る決意をした。コーチの話には興味を示さなかった。だから、クラブとしてはジェラードを留めることは不可能だった」と、説明したのだった。

    いったい、どのような「陰謀」がLiverpoolを取り巻いているのか?と、疑問を抱いたファンに、9月19日のインディペンデント紙が、ヒントを与えた。

    「Liverpoolのクラブのトップは、2つに分かれている。オーナー企業FSGの社長であるアメリカ人のマイク・ゴードンと、地元出身で元々Liverpool FCの役員だったイアン・エアの2人が、リバプール市内のビルにオフィスを構えて、クラブを運営している。いっぽう、FSGの筆頭オーナーであるジョン・ヘンリとチェアマンのトム・ワーナーはアメリカ合衆国にいて、ゴードン&エアと連絡を取っている」。

    「Liverpoolが惜しくもリーグ優勝を逃した2014年の夏には、マージーサイドと合衆国の両トップが、ロジャーズに高い評価を付けた点では一致していた。ところが、合衆国側の指令の中に含まれていた重要なポイントの一つが、どのような理由によるか不明ながら、マージーサイド側で実行に移されずに終わった」。

    「それは、イングランド代表から引退ばかりのジェラードについて、『何があってもLiverpoolに引き留めるように』というものだった。ヘンリとワーナーは、ジェラードのクラブにとっての存在感を重要視しており、『現役引退後もクラブに留まるよう、今から下地を作る』計画を掲げていた」。

    「実際には、ジェラードとの契約更新交渉は、なかなか開始しなかっただけでなく、初回ミーティングの場にエアは遅刻した上に、話し合いを早々に切り上げたことで、ジェラードの陣営に非常に悪い印象を与えた。コーチ兼任という話は、ジェラードが1月に出てゆく決意を宣言した後で初めて提示されたものだった」。

    更に、インディペンデント紙の記事は、ロジャーズの「ヒステリック」論に及んだ。

    「今年の夏に、ファンやメディアは監督交代を予測した。しかし、ゴードン&エアは、2013-14季の成績を理由に、ロジャーズ引き留めに固執した。2015-16季が開幕して、スタートに苦戦している最中にも、合衆国のヘンリ&ワーナーに向けて、『何ら問題はない。負傷欠場中のジョーダン・ヘンダーソンとダニエル・スタリッジが復帰すれば、チームはまた勝ち始める』と、楽観的な報告を上げ続けた」。

    「並行して、FSGは、ロジャーズに代わる監督として数人の候補者に打診していた。その中の一人であるユルゲン・クロップに関しては、これまで2度コンタクトを取ったが、踏みとどまっていた。それは、クロップと共に働いた経歴を持つ人物から『Liverpoolの監督にするのはやめた方が良い』という証言が出ていたからだった」。

    スパイ映画並みの「陰謀」説が飛び交う中で、明らかなのは、チームが勝ち続ければ、ネガティブな憶測記事は、消えてしまうだろうということだ。

    小さい体の大きなハート

    9月19日にラグビーユニオンのワールドカップ(以下、ラグビーW杯)が開幕した。4年後は日本で開催されるラグビーW杯は、1987年の第一回大会から日本は100%本大会に進出してきた。個人的には、その頃からラグビー熱が芽生え、現在のシックス・ネーションズ(イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランド、フランス、イタリア)がファイブ・ネーションズだった頃から、時間が許す限りラグビーを見続けてきた一ファンとして、歴代ラグビーW杯で通算1勝しかできていない日本代表に対して、「それでも毎回本大会に進出している」という言い訳に慣れてしまっていた。

    今回のラグビーW杯イングランド大会で、日本は初戦でスプリング・ボックス(南アフリカ代表)と対戦するという日程が出た時から、心の底では「PKを2-3本決められれば悪くない」という弱気に駆られていた。

    日本がPKで先制した時に、テレビカメラがスタンドの日本の応援席を映し、イングランド人コメンテイターが「信じられない、という表情すら見られます」と言ったコメントに、苦笑しながら頷いた。

    ところが試合が進み、日本が南アフリカと対等に戦う中で、コメンテイターの口調は変わった。「南アフリカの平均身長は、日本の最も背が高い選手よりも上回っています。体は小さいけれども、日本は、大きなハートで戦っています」。

    それを聞きながら、「多数の日本企業がスポンサーになっているから、日本が本大会に進出してくれないと財政的に大変な問題になる」と言われた1991年大会の頃のことが、走馬灯のように浮かんだ。チームよりスポンサーの方が歓迎されていた頃の悔しい気持ちは、大会を重ねるごとに、「ファイブ・ネーションズや南半球の3国(南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリア)のような強豪とは土俵が違う」という、負けを受け入れる精神に変わっていた。

    インジャリー・タイムの逆転トライで34-32と「歴史的な勝利」を上げた日本は、開催国イングランドのメディアから「ブライトンのミラクル」と、絶賛を受けた。BBCニュースは「スポーツ界の歴代最高の大金星?」というタイトルで、1990年W杯イタリア大会でカメルーンがアルゼンチンを1-0と破った記録まで遡った。

    イングランドの「日本フィーバー」は、その週末のプレミアリーグでも話題になった。

    9月20日のサウサンプトン対マンチェスターユナイテッド(試合結果は3-2でユナイテッドの勝利)、コメンテイターが吉田 麻也について「スポーツは違えど、母国代表チームがラグビーW杯で南アフリカに歴史的勝利を収めたことで、さぞや誇りを抱いているでしょう」と語った時には、思わず笑顔が浮かんだ。

    小さい体ながら大きなハートを持って強豪南アフリカを倒した日本のラグビー代表チームが、プレミアリーグでも賞賛を受ける背景には、スポーツは勝者が全てだという基本を表わしていた。カップ戦で、下位ディビジョンのチームがプレミアリーグのチームに「堂々と戦って敗退した」試合の後で、敗れた方の監督は「わが選手を誇りに思う」と語る。しかし、その「誇り」は、あくまで次に勝つための起爆剤であり、負けたチームに対する賞賛の言葉はその時点で完結する。

    大会開始前に、日本が南アフリカに3つトライを決めて32-34の僅差で負ける、という結末があったとすれば、自分は受け入れただろうと思う。しかしそれは、心の奥底に、負けを受け入れる精神が沁みついていたからだった。

    南アフリカ戦で、日本は、ファンに誇りを与えてくれただけでなく、どんな時にも勝ちを目指す、本来の精神を教えてくれたのだった。

    同20日に、Liverpoolが昇格チームのノリッジに先制しながら1-1と引き分けた試合の後で、ブレンダン・ロジャーズが「今日の我がチームは、前の試合よりも得点チャンスを作り、攻撃はかなり向上した」と、「明るい要素」を強調したことで、Liverpoolファンは言葉を失った。

    「暗い気持ちが拭えない、こんな時には、ラグビーW杯の南アフリカ対日本の試合を見るべきだ。スポーツの世界では不可能なことなどないのだ、と勇気が湧く」と、誰かが言い、それに対してため息交じりの言葉が返った。

    「でも、日本の選手たちは自信と情熱を持って最後まで勝ちを目指して戦った。そのハートが、今のLiverpoolのチームに欠けている」。

    クリスタルボールの2015-16季予測

    1年前の夏に、2014-15季の予測を正確に唱えて「クリスタルボール」と異名を取るに至ったファンの、2015-16季予測が、8月20日に出た(リトル・マジシャンの怒りの炎)。折しも、Liverpoolが開幕2試合でクリーンシートを守って、「守りが安定に向かっている」と明るい面が見えてきた中での、「6-8位」という予測に、Liverpoolファンは沈黙した。

    しかし、その後3試合で僅か1ポイント、アーセナル戦(0-0)に続いて、アンフィールドでウエストハムに52年ぶりの敗戦を喫し(0-3)、宿敵マンチェスターユナイテッドに0-0狙いの戦略で臨んだ末に3-1と玉砕した後で、8月20日の予測は早くも「やはりクリスタルボール」の様相となった。

    そのクリスタルボールの「6-8位」予測は、多くのLiverpoolファンや、元Liverpoolのアナリスト、地元紙リバプール・エコーらLiverpool陣営に加えて、ライバル・ファンや中立のメディアから続々と出てきている批判や問題提議の主要なポイントを、ことごとく包含していた。

    1.最近23年間で最低のチーム力

    選手獲得資金の統計結果で、Liverpoolは世界で7番目に高い選手を持つチームと判明した(1.レアルマドリード、2.マンチェスターシティ、3.マンチェスターユナイテッド、4.PSG、5.チェルシー、6.バルセロナ)。上にいる6チーム中3がイングランドであることを考えると、プレミアリーグでトップ4に入ることの困難さは明らかだった。

    しかし、世界で7番目のLiverpoolは、過去23年間チームに必ず1人はいた「単独で勝ちをもたらすワールド・クラスのスーパースター」が一人もいない。殆どのLiverpoolファンが「近年最悪」と評価するロイ・ホジソン(2010-2011)の時代ですら、スティーブン・ジェラードとフェルナンド・トーレスがいた。

    それだけでなく、「ここが強み」と自信が持てるポジションが一つもない。ジェラル・ウリエ(1998–2004)とラファエル・ベニテス(2004–2010)の時には、「つまらない」と言われたほどに固い守りを誇っていたし、ロイ・エバンス(1994–1998)時代には、「守りさえ締めれば優勝」と言われ続けた攻撃力を持っていた。今のチームは、「ここだけは」と言うポジションが何もない。

    9月3日に、ハリー・レッドナップが「今のLiverpoolは私の記憶の中で最悪の並のチーム」と酷評して、話題になった。

    2.現監督(2012-)の7回の移籍ウィンドウで、£300Mの資金を投じた結果がこれ。その移籍失敗の責任は誰も問われていない

    今のLiverpoolの選手の中で「素晴らしい」と分類できるのはフィリペ・コウチーニョと、負傷してない時のダニエル・スタリッジの2人だけ。「良い選手」と言えるのはナサニエル・クライン、ジェームズ・ミルナー、ジョーダン・ヘンダーソン、クリスティアン・ベンテケがせいぜい。

    ミルナーとヘンダーソンは、試合を通して全力で走る「働き者」だが、クリエイティブなタイプではない。コウチーニョが負傷でもしようものなら、Liverpoolは大ピンチに陥る。

    9月12日のユナイテッド戦の後で、リバプール・エコー紙は「希望なし、将来の展望なし、熱意なし」と評した。

    ユナイテッド・ファンは、「今日のLiverpoolの選手の中で、トップ4のチームでレギュラー入りできる選手は誰もいない。クラインは、たぶんベンチには入るだろう。他は、クリスタルパレスやスウォンジー程度のチームでプレイすべきレベル」と、冷静に語り合った。

    3.「攻撃的プレイスタイルの理念」を放棄して、またゼロからスタート

    ブレンダン・ロジャーズが、「才能はあるが実績がない若い監督」という立場で、Liverpool監督という大きなステップ・アップに臨んだ時には、唯一にして最大の長所が「ポゼッションをキープする、攻撃的プレイスタイルの理念」だった。それを放棄して「ターゲット・マン頼りのダイレクトなフットボール」に方針転換したということは、選手にとっても、これまで3年間積み上げてきた経験を捨てて、またゼロからスタートするということ。

    それは、ロジャーズがプレッシャーに負けて万策尽きた証拠だった。

    ユナイテッド戦の後で、世の中の「次にクビになるプレミアリーグの監督」オッズで、ロジャーズは、シーズン開幕前から首位を走っていたサンダーランドのディック・アドフォカートに僅差で続く2位に浮上した。

    4.「並のチーム」であることを受け入れるクラブの体質

    世界で7番目に高いチームが、ストークに6-1で負けても何も起こらない。ホームでウエストハムに屈辱的な敗戦を喫しても、監督は平然と「向上が必要」と語って終わり。宿敵ユナイテッドに3連敗を食らっても「主将が負傷欠場、コウチーニョが出場停止」という言い訳が通用する。

    「並のチーム」であることを受け入れる体質は、ここまでクラブに浸透した。

    そして、ファンは、これら異常事態がことごとく軽く流される「並のチーム」体質に、クラブに対して希望を抱くことが出来なくなった。

    8月29日のウエストハム戦で、試合終了を待たずにスタンドを去るファンの姿に、Liverpoolの黄金時代の選手の一人マーク・ローレンソン(1981–1988)は、「アンフィールドでこんな空席を見たのは初めて。でも、途中で帰って行ったファンを非難できない。ピッチ上の熱意のなさに、ファンは、これ以上見ていられなくなったのだろう」と嘆いた。

    オールド・トラッフォードでは、ファイナル・ホイッスルの時には、3000人のトラベリング・コップが300人に減っていた。

    クリスタルボールの予測は、「スタリッジがこれ以上の負傷なしで済めば、6位。そのような運に恵まれなければ、8位」に加えて、Liverpoolファンが恐れている結論で締めくくっていた。

    ロジャーズはシーズン中に去るだろう。ただ、代わって監督に就任するのは、大多数のLiverpoolファンが望んでいる人物ではないだろう。「並のチーム」体質に染まったクラブは、ユルゲン・クロップではなく、ガリー・モンクを選ぶと考える方が自然。

    岐路に立つユース育成

    インターナショナル・ウィーク中に行われた、9月3日のアンダー21代表チームの親善試合で(対アメリカ合衆国、1-0でイングランドの勝利)、イングランド中の熱い視線が、この日デビューを飾った18歳のジョー・ゴメスに集中した。

    この夏に、2部のチャールトンから、将来の戦力としてLiverpoolに移籍した時には、殆ど無名の若手だったジョー・ゴメスが、プレミアリーグ開幕4戦にスタートする「即戦力」に育ちつつある様子に、Liverpoolファンは誰もが「予想外の戦力」と顔をほころばせ、ライバル・ファンもジョー・ゴメスの進出を温かく歓迎した。ユナイテッド・ファンは「若かった頃のリオ・ファーディナンドを彷彿させる」と、賞賛と羨望を込めてジョー・ゴメスを注目し始めていた。

    そんな中で、アンダー19代表から引き抜かれてアンダー21代表入りしたジョー・ゴメスは、一気にイングランド中の注目選手になった。さっそく全国メディアは、「チャールトンでファーストチーム・デビューを遂げた時には、学校を終えたばかりの少年だったジョー・ゴメスが、1年後にはLiverpoolのレギュラーになり、アンダー21代表入り」と、その「おとぎ話のような立身出世物語」特集を掲げた。

    アンダー19代表で主将を勤めていたピッチ上のリーダーシップと、素直で真面目な性格が、ジョー・ゴメスの人気を加速した。チャールトンからLiverpoolへ、大きなステップ・アップとなったこの1年間の感想を聞かれて、「チャールトンにいた時には、自宅から通勤していたので、一人暮らしは生まれて初めて。お母さんが作ってくれた食事に慣れていたので、自炊がまず最初の難関だった。簡単な料理を少しずつマスターして、今ではなんとか食べられるようになった」と答えた、典型的18歳の少年そのものというジョー・ゴメスの回答は、更にイングランド中の熱を高めた。

    このジョー・ゴメスの純粋に明るい話題に際して、地元紙リバプール・エコーでは、「ブレンダン・ロジャーズは若手にチャンスを与えることでは定評がある」と、批判とクビの予測でばかり名前が上がっていたLiverpool監督の名誉挽回に努める記事すら出現した。

    ただ、実際には、「若手を育てて戦力にする」面で言うと、Liverpoolはマンチェスターユナイテッドに到底及ばないとは、数字上明らかだった。

    2010-11季からの最近5年間で、「アカデミー出身の若手にチャンスを与えた」件数では、トップのマンチェスターユナイテッドが14人、アストンビラとサウサンプトンが11人、アーセナルの10人に続いて、Liverpoolは8人だった。

    しかし、ユナイテッドの「若手を育てて戦力にする」伝統は、大きな岐路を迎えていた。

    移籍ウィンドウが閉まった9月2日の地元紙マンチェスター・イブニング・ニュースは、「1937年10月から78年間、連続3,500試合に及ぶ、アカデミー出身の選手を毎試合登録メンバー入りさせている記録が危ぶまれている」と、問題提議した。

    同紙は、ルイ・ファンハールが就任の記者会見で、若手育成方針について尋ねられて、「今、勝つことが最優先で、ユース育成は長期計画としてその次に優先度が高い」と宣言したことを引用し、在任12ケ月で合計11人のアカデミー出身選手を放出した事実を指摘した。

    「昨年夏は、地元出身のアカデミー卒業生であるダニー・ウェルベック(アーセナル)を放出して波紋を呼んだが、この夏には更に、アドナン・ヤヌザイ(ドルトムント)、タイラー・ブラケット(セルチック)、ラファエル(リヨン)、ジョニー・エバンス(WBA)と、4人のアカデミー出身選手が去った」。

    「バズビー・ベイブス(※)、栄光の92年生と、若手にチャンスを与えてアカデミー・チームから上がってきた選手をスターに育ててきたクラブの伝統は、果たしてどうなるのか」。
    ※1951に同紙が命名した、マット・バズビー監督時代のアカデミー出身選手たちのこと。1958年のミュンヘン悲劇で8名が亡くなった。

    クラブの中で若手を育てて黄金時代を築いてきたユナイテッドの嘆きは、Liverpoolでも人ごとではなかった。ジョー・ゴメスのおとぎ話は数少ない例外で、この夏に獲得した選手も放出した選手も、ほぼ全員が、多かれ少なかれファンの意見を二分していた。

    開幕4戦で、今いちパッとしない内容で勝・勝・分・敗と酷似した戦績を積んでいるユナイテッドとLiverpoolの直接対決を翌週9月12日に控えて、さっそく両ファンの間で「得点できないという点で、わがチームはひどいが相手も大差ない。世の中が一斉に眠りに付くような、ダルい内容の0-0で終わるのでは?」とジョークが出ていた。

    もちろん、調子や順位に関わらず、常にビッグ・マッチであるユナイテッド対Liverpoolは、今季は特に、どちらにとっても、勝てば大きな自信に繋がる重要な対戦になる。
    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR