FC2ブログ

    ハートを握りしめて去ったレジェンド

    7月13日に、レアルマドリードを出てポルトに行くことになったイケル・カシージャスが、お別れの記者会見の最中に涙を流した姿が、イングランドのヘッドラインを飾った。BBCは「レアルマドリードは、ユースチームから通算25年間、クラブに忠誠を尽くしたレジェンドが去るというのに、記者会見に一人で座らせることしか考えられなかったのか。その前に、バルセロナでの栄光の24年間に終止符を打って、カタールのアル・サッドに行くことになったシャビが、クラブやチームメイトに囲まれて、ファンの前でお別れを告げた様子と比べると、レアルマドリードのクラブの認識を疑う」と酷評した。

    この夏は、カシージャスだけでなく、バスティアン・シュバインシュタイガーが、30歳でバイエルンミュンヘンを出て、マンチェスターユナイテッド入りが決まった件もあり、ヨーロッパのビッグ・クラブの「ワン・クラブ・マン」が去る感傷的な移籍が相次いでいた。

    一足先に、「去り行くビッグ・ネーム」というタイトルで、シャビ、ドルトムント監督を退き休暇に入ることになったユルゲン・クロップ、MLSへ行ってしまったアンドレア・ピルロとスティーブン・ジェラードの4人が、背中を向けて、肩を並べて歩いて行く姿を描いたカリカチュアが、イングランドのファンの間で大きな話題になっていた。

    その絵の中で、クロップは両手にリーグ優勝メダルを持ち、ピルロはACミランで2つ、ユベントスで4つのリーグ優勝メダルを重そうに抱えていた。シャビに至っては、手に持つことができない多くの(8つ)リーグ優勝メダルが入っているスーツケースを引いていた。その隣で、ジェラードは、手ぶらで片手にハートを握りしめていた。

    ジェラードがLiverpoolでの17年間の輝かしいキャリアで、あらゆるトロフィーを獲得したが、唯一、リーグ優勝だけは得られなかった事実は、最後までライバル・ファンの野次やチャントのネタにされ続けた。それに対してLiverpoolファンは、「ヨーロピアン・カップ5つ」チャントで応酬し続けたことは、イングランド・フットボール界の風物詩になった。

    「このカリカチュアは、ビッグ・ネームがクラブにとってどれだけ重要な存在かということをうまく表していると思う。特に、ジェラードのハートは心を直撃する」と、多くのLiverpoolファンは目を潤めた。

    そして、7月8日にジェラードがロサンゼルス・ギャラクシー入りして、初めての記者会見で抱負を語った場面は、イングランドはもちろん、ヨーロッパ中で報道された。その一つであるフランスのレキップ紙の記事に対して、フランスのファンから、ジェラードに対する心の籠ったメッセージが飛び交った。

    「超スーパースターというだけでなく、自分のクラブに対して忠誠を尽くした偉大な選手。チームが不調の時にも、体を張って戦い抜いた。フランス人の若手は全員、この人を見習うべきだ」。

    ジェラードが、7月17日に、ロサンゼルス・ギャラクシーでのデビュー戦(対サンノゼ・アースクエイクス、5-2でロサンゼルス・ギャラクシーの勝利)で得点を決めた報道の中で、ジェラードが今もLiverpoolのシンパッドを付けていることが暴露された写真が、Liverpoolファンを直撃した。「ジェラードのハートは今でもLiverpoolにある」。

    7月10日に、去ったジェラードの後任としてジョーダン・ヘンダーソンが正式にクラブ主将に任命された時に、多数のLiverpoolファンが不満を表明した。その中には、「ジェラードからヘンドへ。Liverpoolはここまで落ちたかと頭を抱えた」という声すらあった。

    昨年夏に、ヘンダーソンが副主将に決まった時には、ファンはほぼ満場一致で賛意を示したことを考えると、今回のこの激しい否認表明は、顕著だった。

    ただ、ジェラードが、全くの第三者であるフランスのファンからも、今でも熱烈に語られている事実を考えると、それらファンの中で、ヘンダーソンを知っている人が果たして何人いるかと、ファンのぼやきもやむを得ないものがあった。

    「ジェラードと比較されれば誰でも見劣りする。ヘンドが主将としての責任を果たそうと全力を尽くす以上は、ファンとしては支持すべき」と、納得に努めるファンの声は、決して大きくはなかった。

    この夏にLiverpoolを出る決意を明かした2015年1月に、当時のジェラードはどちらかと言えば不調期にあり、純粋に戦力面では、絶対に外せない存在とは言えなかったものの、中立のメディアやアナリストですら、ジェラードのピッチ内外の重要性を強調していた。「ジェラードがLiverpoolを忘れられない以上に、Liverpoolの方がジェラードを忘れることができないだろう」。

    その予測通り、ジェラードがファンのハートを握ったまま去って行った後で、残されたLiverpoolのチームは、勝ち目がない戦いに挑むというタスクに直面した。

    そんな中で、シーズン開幕まであと2週間となった。失ったものの大きさに愕然として、後ろを見ている余裕はない。

    ターゲット・マン

    7月17日に正式発表されたファビアン・デルフのアストンビラからマンチェスターシティへの移籍が、この日のヘッドラインを独占した。移籍金£8Mで、シティにとっては待望のイングランド人ミッドフィールダー獲得だったが、決定に至るまでのゴタゴタが、イングランドのスキャンダル好きのメディアの創作意欲を掻き立てた。7月10日には「アストンビラのクラブとファンに対する忠誠心」を理由に、シティでのメディカルをキャンセルしたデルフが、7日後に2度目のUターンでシティ入りしたのだった。

    シティ・ファンは「ビラ・ファンが怒るのは当然だと思う」と同情し、第三者のチームのファンは、「デルフのダブルUターン」ネタのパロディを飛ばした。

    そのゴタゴタの陰で、Liverpoolがアストンビラに対してクリスティアン・ベンテケの違約金(£32.5M)を満額支払うことに合意し、ビラ・ファンにとってはダブル・パンチとなった。

    元々ベンテケはLiverpoolの「この夏の欲しい選手リスト」の筆頭で、本人もLiverpool入りを熱烈に希望しており、あとは移籍金額だけと報道していた地元紙リバプール・エコーは、「7月20日メディカル、早ければ21日正式発表、8月1日のプリシーズン戦(対HJK)でデビューの見通し」と、淡々と予定を掲載した記事を掲げた。

    その横に、「ここまでファンを二分させた戦力補強は初めて?」という見出しで、賛否両論を集約した。

    賛成意見は、「強敵を、倒せないなら味方にしてしまう、ということわざがある。アストンビラでの3年間で、100試合49得点というベンテケの、プレミアリーグでの実績は疑う余地はない。特に、Liverpool戦では6試合で5得点と、Liverpoolにとってビラが苦手チームになっている主要因になっていた」というものだった。

    いっぽう反対派は、プレイスタイルの差異を上げていた。「この噂が出回り始めた時に、ティム・シャーウッドは『クロスを上げないチームに行くのは自殺行為』と、ベンテケ説得に努めた。事実、クロスの数ではLiverpoolは昨季のプレミアリーグで最低だった。£32.5Mという多額の金額を投資してターゲット・マンを取るということは、Liverpoolがベンテケに合わせてプレイスタイルを変えねばならないということ」。

    実際に、ベンテケ獲得ほぼ決定のニュースに際して、圧倒的多数のLiverpoolファンは、複雑な表情を浮かべた。「Liverpoolは、フェルナンド・トーレスの最盛期から'足で稼ぐ'タイプのストライカーに合わせてチームを編成してきた。トーレスと似たタイプのダニエル・スタリッジが入って来て、ルイス・スアレスとSASを組んだ時に、ミッドフィールドを含めて攻撃が炸裂した。フィリペ・コウチーニョがターゲット・マンの頭をめがけてクロスを出す姿は想像できないし、クロスが必要なプランB要員として取ったリッキー・ランバートに、走ってコウチーニョのスルーパスを決めることを求めたから昨季は失敗した。ベンテケ獲得は、昨季の過ちの繰り返しになる」。

    全国紙やライバル・ファンも、一斉にネガティブな面に焦点を当てた。「2012年夏、ブレンダン・ロジャーズがLiverpool監督に就任して、最初にやった大きな変革は、Liverpoolのクラブ史上最高金額(£35M)で獲得したターゲットマン、アンディ・キャロルを放出したことだった。その時にロジャーズは、『私がコーチとして掲げてきたフィロソフィーは、1人のターゲット・マンをめがけてクロスを上げる、というものとは正反対。チーム全体が連携し、常に動き回っているストライカーがスペースを突いてゴールを決める。今後もその方針は変えるつもりはないし、ターゲット・マンがいると、チーム全体の流れが止まる危険性がある』と断言した。そして3年後には、同じくらいの大金をはたいて新たなターゲット・マンを獲得するとは、ロジャーズのUターン?」。

    そんな中で、Liverpoolファンの間では、戦力面の議論はさておいても、「Liverpoolのシャツを着る以上は全面的に支持する」というファン精神では一致していた。「良い働きをしようと決意して入ってくる選手に対して、ボールを蹴る前から懐疑心に満ちた態度を見せるのは間違い。ベンテケが、得点を目指して全力を尽くす以上は、全面的に応援すべきだ」。

    そのファンの葛藤を背に、リバプール・エコー紙は冷静に締めくくった。「コーチ陣の人事刷新も含めて、この夏の移籍は、ロジャーズが全面的決定権を得た結果。昨年は、移籍委員会体制が移籍の失敗に関する責任の所在をあいまいにしてしまったことで、オーナーが是正措置を取った。その分、シーズン前半に査定が行われることは不可避。ロジャーズには、デルフばりのダブルUターンの猶予はもうない」。

    セリング・クラブ?

    7月12日に、午後の便でバンコクでのプリシーズン・ツアーに出発したLiverpoolチーム一行からラヒーム・スターリングが外れたというニュースが流れた。その日の夕方には、移籍金£49MでLiverpoolとマンチェスターシティが合意し、スターリングの移籍をめぐる一連の事件は幕を下すことになった。

    エージェントが公の場でスターリングの移籍希望を宣言し、Liverpoolのクラブに対する侮辱とも取れる批判を繰り返し、「スターリング事件」がイングランドのヘッドラインを飾らない日はなかった。Liverpool側はもちろん、シティ側も、地元紙マンチェスター・イブニング・ニュースが「このままではスターリングは致命的な汚名を背負うことになる」と早期解決を求めていたところでの結末に、両陣営から大きな安堵の溜息が出た。

    移籍決定に際して、シティとLiverpoolの共通した反応は「良い選手だが、移籍金は高すぎた」というものだった。

    ここ2シーズンで、Liverpoolのレギュラーとして定着したスターリングは、2014年W杯を始めイングランド代表チームでの活躍も評価されて、ヨーロッパの21歳以下の選手の中では最も価値が高い選手」という統計も発表されていたが、それでも£49Mという金額は破格だった。

    いっぽう、この移籍が両陣営に利点をもたらしたことも確かだった。中堅・ベテランの外国人スター選手を多数抱えるシティは、自国選手不足が深刻化していたことと、主力選手の高齢化という問題もあった。「スターリングのペースは戦略的にも重要。しかもイングランド代表の20歳の若手と、必要な要素をすべて備えている」。

    Liverpool陣営では、スターリングを失うマイナスは、破格の移籍金を代替戦力に投資すれば穴埋め可能と、元選手のアナリストが一斉に歓迎を表明した。

    そんな中で、Liverpoolファンは、スターリングが出て行くことは避けられないと覚悟していたものの、この結末に対する反応は、元選手たちのストレートな勝利宣言とはやや異なっていた。「Liverpoolは、引き留めたいベスト・プレイヤーを取られ続けている。これではまるでセリング・クラブ(※)」。
    ※セリング・クラブ : アカデミーチームで育てた選手を、多額の移籍金でビッグ・クラブに売り、その収益金で経営が成り立っているクラブのこと。

    FSGの経営方針の一つ、「潜在的スターの素質を持つ若手を、安く買ってスターに育てれば、売るときに収益金が発生する」について、ファンの間では、「適切な予算内で戦力を補強して、勝てるチームを作ることは重要。しかし、FSGのビジネス・モデルは、トロフィーを目指すビッグ・クラブにそのまま当てはめるのは無理がある」と、懸念の声が出ていた。

    無謀な戦力補強などの末に、借金を抱えて倒産したかつての強豪リーズ・ユナイテッドや、最近ではポーツマスなどの事例を見るまでもなく、Liverpool自身が前オーナー時代に、新スタジアムの多額の借金とその利息のために倒産寸前まで行った暗い経験から、財政健全化の必要性については誰もが理解していた。

    ただ、FSGの方針は、原則26歳以上の選手は、売る時(3-4年後)には年齢的にも値崩れする可能性が大きいため取らない。買う時点ですでに実績がある選手は、売る時にそれ以上高くなる可能性が少ないのため取らない。結果として、特に昨年はしきりに叫ばれた「将来の戦力だけではなく、今の戦力を補強する」ことを否定する図式になっていた。

    そして、今回のスターリングの移籍では、FSGのビジネス・モデルの致命的な欠点が露呈された。潜在的スターを安く獲得して育てても、芽が出始めたところで出て行かれては、チーム力の増強には繋がらない。多額の移籍金は得られたが、これでは「セリング・クラブ」と何ら変わらない。育った選手を引き留めるためにも、チームがトロフィーを取れる状況にあることが必須だった。

    スターリングはFSG以前の戦力補強で、2010年にQPRからLiverpool入りした。トライアルでLiverpoolを訪れた15歳のスターリングは、当時の監督ラファエル・ベニテスから直々に、スティーブン・ジェラードとフェルナンド・トーレスに紹介された時のことを振り返った。「あの瞬間にLiverpool入りを決めていた」と目を輝かせたスターリングは、20歳になって、「新たなジェラードとトーレス」を求めてLiverpoolを出て行く決意を固めたのだった。

    Liverpoolファンは、「エージェント絡みのスキャンダルの中で、スターリングがトレーニングを休んだりという問題行動を起こして世間の顰蹙を買ったのは事実。しかし、純粋にスターリングを失うという観点から考えると、正直、残念に思っている。スターリングは多大な才能を持つ若手で、それを失う痛手は大きい。ただ、今回の事件に際して、最も心配なのはクラブの状況」と、ため息を付いた。

    北のサウサンプトン?

    7月1日に、サウサンプトンからナサニエル・クラインのLiverpool入りが正式に発表になった。この夏6人目の新戦力となったクラインの移籍金は£12.5Mと見られており、自国選手枠ルールができて以来ますます高騰するイングランド代表の、しかも24歳の選手にしては超安値とも言える価格だった。

    しかし、このニュースと同時に、さっそくライバル・チームのファンからジョークが上がった。「e-Bayに出していた椅子がなかなか売れなくて困っていたのだが、サウサンプトンのシールを張ってみたら、とたんにブレンダン・ロジャーズから良い値で引き合いが来た」。

    これは、昨年夏にサウサンプトンから3選手(リッキーランバート、アダム・ララーナ、デヤン・ロブレン)を立て続けに獲得したことから、イングランドのファンの間で「Liverpoolは北のサウサンプトン」という陰口が定着したものだった。たまたま2014-15季の開幕戦がアンフィールドでのサウサンプトン戦(試合結果は2-1でLiverpoolの勝利)で、2部のチームのファンが「サウサンプトン対サウサンプトン」と笑っていた事実からも、このジョークの普及度は明らかだった。

    サウサンプトンから合計£50M弱の移籍金で入った3人が、期待外れというシーズンで終わったことで、ジョークに嘲笑が込められるようになっていた中でのクライン獲得は、「Liverpoolは北のサウサンプトン」説に更に拍車をかけた。

    そんな中で、宿敵マンチェスターユナイテッドのファンは、笑っていなかった。「昨年のルーク・ショウの£27Mに続いて、今年も懲りずにサウサンプトンから£20M超でモルガン・シュネデルランを獲得するわがチームは、Liverpoolのことを言える立場にはない。しかも、ユナイテッドがクラインを狙っていたことも事実だし、噂によるとLiverpoolよりも高い給料を提示したらしい。Liverpool同様に、ユナイテッドでもライトバックは急務で、レギュラーの座は確保されていた筈。更にCLという利点もあったのに、クラインに蹴られた」。

    Liverpoolが、この夏に契約満了で去るグレン・ジョンソンの後任として、クライン獲得に動いたという噂は、昨季中にすでに上がっていた。

    「現在プレミアリーグのフルバックの中でトップ・クラスにいるクラインは、Liverpoolにとっては、30歳のグレン・ジョンソンから実力面でアップグレードというだけでなく、給料もジョンソンより遥かに少ないという財政面での利点もある。移籍金もバーゲンだし、Liverpoolはクラインに関しては一方的な勝者。世の中はジョークを言って笑っているが、来年の今頃は笑うのはLiverpoolかもしれない」。

    ユナイテッド・ファンの警戒と同期を取るように、サウサンプトンの地元紙であるデイリー・エコーが、「サウサンプトンからの戦力補強と聞いて、『昨年の二の舞?』と懸念する人がいるとしたら、それは違う。Liverpoolファンは、期待で楽観的になるべき」と、肯定的な記事を掲載した。

    「クラインのサウサンプトンでの契約は2016年6月までだった。クラインがイングランド代表デビューを記録した2014年10月に、サウサンプトンは契約更新の話を開始した。2014-15季が終わり、契約は残り1年となった時点で、本人が契約更新にサインしない意向を明らかにしたことで、サウサンプトン・ファンは、クラインがこの夏に出てゆく運命にあると覚悟した。そして、クラインが選んだのがLiverpoolだと判った時には、納得せざるを得なかった。2015-16季にはCLはないものの、クラブの規模や伝統という面では比べ物にならないことは、ファンは理解している」。

    「そして、サウサンプトン陣営からのLiverpoolファンへのメッセージは、『Liverpoolは非常に良い買い物をした』ということ。クラインはスピードあり、攻撃力がある。そして守りも固い。Liverpoolのようなビッグ・クラブでも、必ず成功する能力を持った選手。昨年とは切り離して、クラインを応援してあげて欲しい」。

    実際には、世間のジョークにも関わらず、Liverpoolファンの間では、クラインに対する期待と評価は根強かった。クライン獲得の噂が最も高まった6月初旬に、地元紙リバプール・エコーがファンに対して行った「この夏に欲しい選手」アンケートで、クラインはアレクサンドル・ラカゼット、 マルコ・ロイスと並んでトップ3に入っていた。

    「Liverpoolが興味を示していると聞いた瞬間に、決意が出来ていた。Liverpoolのような歴史と伝統のあるクラブで、アンフィールドの素晴らしいファンの前でプレイできるとは、僕にとっては夢の実現。ビッグ・クラブでも通用するという自信はあるが、Liverpoolでは、全力でそれを証明したい」と抱負を語ったクラインに、Liverpoolファンから暖かい歓迎の拍手が飛んだ。

    さて、7月6日には新戦力のクラインを始め、多くの選手が夏休み明けでトレーニングに復帰する。戦力補強が続く中、来季に向けてのプリシーズンが開始した。
    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR