FC2ブログ

    悪夢の瞬間

    3月21日のマンチェスターシティ対WBAで、試合開始2分に出たレッドカードが、この週末最大の議論のきっかけを作った。シティのウィルフリード・ボニーに対する反則でガレス・マッカリーが退場となったものだが、先に反則を犯したのはクレイグ・ドーソンで、ボニーが立ち上がって走り続けたためレフリーはアドバンテージを与え、その後マッカリーがボックス内でボニーを倒して笛となった。「マッカリーが退場になるならPKのはず。先の反則を処分するならドーソンの方」と混乱が飛び交う中で、レフリーが人違いを認めて謝罪した(試合結果は3-0でシティの勝利)。

    折しも、2月28日のマンチェスターユナイテッド対サンダーランドで、サンダーランドのウェズ・ブラウンが「人違い」で退場となり、物議をかもしたばかりだった(試合結果は2-0でマンチェスターユナイテッドが勝利)。事後に退場処分が撤回された後も誤判定問題が尾を引いていたところで、今回の、土曜日のランチタイム・キックオフという視聴率の高い試合で同じ間違いが繰り返された。更に、プレミアリーグのレスター対トットナム(試合結果は4-3でトットナムの勝利)、および2部リーグのハダースフィールド対フラム(試合結果は0-3でフラムの勝利)と、連鎖的に誤判定が勃発した。

    スキャンダルに沸くフットボール界とは対照的に、同じ日に行われたラグビー・ユニオンのシックス・ネーションズ(※)で、ビデオ・テクノロジーが威力を発揮して、最終日の劇的な優勝争いに花を添えた。スコットランドの「トライ」がビデオ調査の結果ノックオンと判明して得点ならず。試合は40-10とアイルランドが勝ち、2位イングランドと同ポイントの得失点差6で優勝に輝いた。
    ※イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランド、フランス、イタリアの6ケ国の間で毎年この時期に行われるテスト・マッチ。

    一足先にビデオ・テクノロジーを導入したラグビー・ユニオンでは、重要な場面でレフリーがビデオ調査を行う。2011年のラグビーW杯で初めて世界にその効果を披露した時には、フットボール・ファンの間で「確実に正しい判定が下されるメリットは大きいし、心配されたほど試合の中断は気にならない。フットボール界でも導入すべき」という声が高まっていた。

    今回の人違い退場事件を機に、少なくないメディアが「レフリーの質が低下している」と紛糾する中で、レフリーのチーフであるマイク・ライリーが、ビデオ・テクノロジーの導入に賛意を表明した。「レフリーは0.5秒の間に4-5種類の要素を検討して判定を下す必要がある。これはテクノロジーが得意とする分野。ビデオ・テクノロジーが導入されれば、レフリーの判定に重要な助けとなるだろう」。

    かくして、人違いのスキャンダルとビデオ・テクノロジーの是非を巡る喧噪がヘッドラインを飾る中、翌日のアンフィールドで、本来は最大の注目を集めただろう事件が発生した。後半にサブで登場したスティーブン・ジェラードが、宿敵マンチェスターユナイテッド戦で、僅か45秒でアンデル・エレーラの足を踏んでダイレクトの赤を食らった。誰の目にも正しい判定に、幸か不幸か、スキャンダル好きのメディアは「レフリーの誤判定ではない」と興味を失ったかのようだった。

    しかしこの事件に、スタンドのファンも、ピッチの上の10人の選手たちもベンチも、そしてLiverpool筋の関係者一同が、心の中で叫んでいた。「何故?」

    Liverpoolにとって、この試合に勝つことの必要性は誰もが認識していた。12月のオールド・トラッフォードでのユナイテッド戦(試合結果は3-0でユナイテッドの勝利)を最後に、13戦10勝3分と無敗を続けていたLiverpoolが、その復調を固めてトップ4争いを勝ち抜くためにも、そして伝統的なライバル・チームに前戦の借りを返すためにも、勝たねばならなかった。しかし試合開始早々からユナイテッドに優位を譲り、0-1で迎えた後半に、ジェラードの実力と経験がLiverpoolの反撃を推進するものと、誰もが期待していた矢先のことだった。10人に減ったLiverpoolは、その後立ち直りを見せたものの、最後は力尽きて1-2と敗れた。

    ファンの間では、試合の痛みと並行して、「ジェラードは何故、最もやってはいけないことやったのだ?」という悲痛な疑問が沸き起こった。

    「通算7回の退場のうち4回が、エバトン戦とマンチェスターユナイテッド戦の2回ずつ。全てダイレクトの赤で、全て試合開始早々、もしくはサブで出た直後に食らっている」というジェイミー・キャラガーの言葉は、多くのファンにヒントとなった。

    翌日の地元紙リバプール・エコーの記事が、説明を補足した。「試合後のインタビューで、ジェラードは『自分のせいでチームに迷惑をかけた。ファン、チームメイト、クラブに対して謝罪したい。今日の敗戦の責任は僕にある』と謝った。ジェラードのやったことは非難に値する。しかし、敗戦の責任を感じて謝るべき選手はジェラードだけではない」。

    「試合前のYou'll Never Walk Aloneは、近年のベストに入るくらいの出来だった。しかし、そのファンの意欲と気合とは正反対に、チームは情けないプレイでユナイテッドに優位を献上した」。

    オール・スター・チャリティ試合

    3月29日にアンフィールドで行われるオール・スター・チャリティ試合の、チーム選出会議の様子が3月12日にLFC TVで放映された。今年1月にスティーブン・ジェラードが今季末でLiverpoolを去ることが発表された時に、ファンの間で「ジェラードの記念試合を」という声が湧き上がった。というのも、在籍10周年記念試合は2013年夏に実施されたものの、本人の勇断により実質的にはプリシーズン戦になったという経緯があった(対オリンピアコス、試合結果は2-0でLiverpoolの勝利)。ファンの間で「名目上は実施済なので無理だろう」とため息が出る中で、3月末のインターナショナル・ウィークに行われるらしいという噂が流れ、3月4日に「Liverpool FC主催のチャリティ試合」として正式発表されたのだった。

    ふたを開けると、チャリティ試合のチーム選出を担当したのはジェラードとジェイミー・キャラガーで、明るい笑いが飛び交う両者の会話に顔をほころばせながら、ファンは「実質的にはジェラードの記念試合的な色合いが強い」と、改めて拍手を送った。

    結果的に、ブレンダン・ロジャーズが監督を勤めるジェラードのチームは、ブラッド・ジョーンズ、ヨン・アルネ・リーセ、ジョン・テリー、スティーブン・ウォーノック、ライアン・バベル、サビ・アロンソ、ジェラード、ケビン・ノーラン、ルイス・スアレス、フェルナンド・トーレス、ティエリ・アンリという顔ぶれとなった。キャラの方は監督は未定で、ペペ・レイナ、アルバロ・アルベロア、キャラ、マーティン・ケリー、クレイグ・ヌーン、ラウル・メイレレス、ジョンジョ・シェルビー、クレイグ・ベラミー、ルイス・ガルシア、ディディエ・ドログバ、ディルク・カイトというチーム構成となった。

    その中で、ジェラードがリーセを選んだ瞬間に、キャラがすかさず「では、ベラミーは僕のチームで決まりだね」と笑った場面が爆笑を呼んだ。その直後に、リーセが「またベラミーと対戦できると知って嬉しい。ゴルフクラブを全部持って行かなくちゃ」とメッセージを返し、Liverpoolファンは明るいジョークの応酬に腹を抱えて笑った。
    ※2007年のCL戦前のトレーニング合宿中に、喧嘩の末にベラミーがリーセをゴルフクラブで殴り合った事件。

    発売と同時にチケットが完売したこのチャリティ試合には、当日に代表チームの試合がない現役のLiverpoolの選手たちも加わることになっていた。それに先駆けて、主として既に代表引退している上述の「オール・スター」は、ジェラードとキャラが直接依頼して本人から協賛を得たものだった。

    「これら選手も、(代表チームに選出されるなど)状況によっては参加できなくなります」と、Liverpoolが繰り返しアナウンスしたが、スアレスは即座に「代表チームに許可を得て、こちらのチャリティ試合に出場する」と宣言し、Liverpoolファンの歓迎の拍手を誘った。

    続けて、カイトが「再びアンフィールドに戻れる日が来るとは夢にも思わなかった。うれしくて言葉に詰まった」とメッセージを出し、キャラが「アンリは、この試合のことを言ったら僕よりも興奮していた」と語った。

    「カイトのように、正式なお別れをする機会がないまま去って行った選手たちに、心から『ありがとう』を言えるチャンス」と、ファンは心を膨らませた。「アンリやドログバは、強敵として常に尊敬していた選手。テリーはどちらかと言えば、この中では異色な存在だが、それにしても、わざわざ参加してくれる誠意には偏に頭が下がる」。

    そして、Liverpool在籍歴はないものの、スカウサーで熱烈なLiverpoolファンとして有名なノーランとヌーンに対して、「自分のチームの試合がない時に、ファンとしてLiverpoolの試合のスタンドに座っていた姿を何度か見た。我々の一員」と、ファンは大歓迎の拍手を送った。

    そんな中で、特にファンの話題になったのはトーレスだった。2011年1月の移籍ウィンドウ最終日にトランスファー・リクエストを出してチェルシーに行ってしまったトーレスが、Liverpoolファンにとって「クラブに大きな打撃を与えて去った許せない選手」となったことは、あまりにも有名な話だった。すれ違いのようなタイミングで入ったスアレスが、存在感を高めるにつれ、ファンの間で「トーレスとスアレスのコンビというのは、かなわぬ夢だと分かっているが、でも見たかった」という言葉が、何度も何度も、苦笑まじりに出ては消えた。

    「ジェラードがスアレスとトーレスを選んだ時に、かなわぬ夢がとうとう叶うのだと思った」と、多くのファンが漏らした。「そして、我々ファンが『過去を水に流して』トーレスを拍手で迎えるチャンスを、ジェラードが与えてくれた」。

    昨季終幕のアンフィールドで(試合結果は2-0でチェルシーの勝利)、94分に、同点ゴールを目指して攻撃に専念していたLiverpoolの守りの隙を突いたトーレスが、GKと2対1になってゴール前でウィリアンにパスを出した試合の後で、Liverpoolファンはつぶやいた。「トーレスの気持ちがわかったような気がした」。

    今回のチャリティ試合に際して、ジェラードは「誰もが即座に快諾してくれて、こんなに簡単にオール・スターのメンバーが揃ったのは、アンフィールドが魅力的だから」と語った。しかしファンは、誰がこれら選手たちを惹きつけたか分かっていた。

    20年前の思い入れ

    3月9日にFAカップ準決勝の組み合わせが決まり、イングランドの全国メディアは一斉に「アーセナルは準決勝でLiverpoolを避けられた」という見出しを掲げた。それは、既に準決勝進出を決めていたアーセナルとアストンビラに加えて6回戦の再試合を控えている4チームの中で、プレミアリーグはLiverpoolだけという状況から出たもので、あたかも決勝戦はアーセナル対Liverpoolに決まったかような報道に、異論を唱えた人はほとんどなかった。

    しかし、前評判は何の意味も持たないことを痛感したばかりのLiverpool陣営は、世間の皮算用に苦笑を禁じ得なかった。

    前日に、アンフィールドでブラックバーンに0-0と抑えられたLiverpoolに対して、地元紙リバプール・エコーは痛烈だった。「6回戦の組み合わせが決まった時、ジェイミー・キャラガーが『この組み合わせを決めたのはスティービー?』とジョークを言ってファンの爆笑を買った。『アーセナルとマンチェスターユナイテッドが潰し合い、Liverpoolは下位ディビジョンのチームとホームで対戦』というファンの願望が実現した組み合わせに、誰もが試合をする前から勝ち抜きが決まったような錯覚を抱いた。それがいかに間違っていたか、ブラックバーンが教えてくれた」。

    「そもそも今季のLiverpoolは、プレミアリーグの上半分のチームとの対戦では獲得ポイント1.92と、下半分のチームに対する1.73より良いという、他に例のない逆転現象にあり、下位チームとの対戦には100%で臨まなければ足をすくわれることは見えていた。対するブラックバーンは、プレミアリーグのスウォンジー(試合結果は3-1)とストーク(試合結果は4-1)を破って勝ち上がった実績に加えて、リーグではプレミア昇格は無理だが降格の心配もないという、FAカップに全力を注げる状況にあった。Liverpoolにとってはこの上ない危険な試合だった」。

    Liverpoolファンは、エコー紙の記事に頷きながら、「分かってはいたが、気持ちが先走ってしまった」と苦笑した。「スティーブン・ジェラードの35歳の誕生日に、ウェンブリーでFAカップを掲揚してもらいたい」という、Liverpoolファンの思い入れは、常に頭を離れなかった。

    いっぽうブラックバーンの側でも、この試合に際して特別な思い入れがあった。地元でブラックバーンのファンとして生まれ育ったジャック・ウォーカーが、事業で成功して築いた富を投入して、140年のクラブ史上初のプレミアリーグ優勝に輝いたのが、20年前のアンフィールドでのリーグ最終戦だった(試合はLiverpoolが1-0で勝ったが、2位のマンチェスターユナイテッドがウエストハムに1-1と引き分けたためブラックバーンが優勝)。その英雄オーナーが2000年に他界し、チームは下降の一途をたどるに至った。

    それでも、2012年に降格するまでプレミアリーグで何度もアンフィールドを訪れたブラックバーンが、「1995年のアンフィールドの思い入れ」を全面に掲げたことはこれまでなかった。しかし今回は、FAカップ戦に際してファン・グループが「20年前の優勝を記念して、20分に1分間の拍手とジャック・ウォーカーの名前のチャント」の計画を打ち出したのだった。

    その背景には、現監督のガリー・ボイヤーがあった。現在43歳のボイヤーは、現役時代にはブラックバーンでの経歴はなかったものの、「1995年のアンフィールド」は記憶に深く残っていた。2013年に監督に就任して最初にやったことが、イーウッド・パークのトンネルに20年前のプレミアリーグ優勝時の写真を掲げたことだった。「今の選手たちに、この偉大なクラブの歴史を実感させるため」と、ボイヤーは語った。

    「ボイヤーの戦略がLiverpoolをイーウッド・パークでの再試合に引き込んだ」と、ブラックバーンの地元紙ランカシャー・テレグラフが絶賛した。

    「ボイヤーは、このクラブを良く理解しており、伝統を重んじる監督。この日、アンフィールドのアウェイ・スタンドを埋めた6000人のブラックバーン・ファンが、優勝20周年のチャントと拍手を実践した時に、ボイヤーがタッチラインに立って60秒間の拍手を続けた姿は、ファンとの絆を更に固めた」。

    「ジャック・ウォーカーは天国へ行ってしまったが、20年前の他の主役はみんな残っている。エース・ストライカーだったクリス・サットン(ブラックバーン在籍は1994-1999)はBTテレビの解説者としてアンフィールドの実況席にいたし、優勝監督だったケニー・ダルグリーシュはLiverpoolのディレクターとしてアンフィールドのエクゼクティブ・シートに座っていた」。

    「ピッチの上では選手たちがボイヤーの戦略を確実に実践し、プレミアリーグで現在最も好調なLiverpoolに、得点を与えなかったばかりか、あわやゴールという場面もあった。ジャック・ウォーカーも今日のブラックバーンのパフォーマンスには誇りを感じただろう」。

    Liverpoolファンの間でも、試合結果への失意と並行して、ブラックバーンのチームとファンに対する賞賛が飛び交った。「コップからキング・ケニーのチャントが飛んだ直後に、アウェイ・スタンドから出た『ケニー、我々に手を振って』の合唱には、思わず笑顔が浮かんだ」。

    「6000人のブラックバーン・ファンが、アンフィールドをホーム・グラウンドにしてしまった。ファンの声援に勇気づけられたチームは、監督のゲーム・プランを見事に実現した」。

    セント・デビッド・デイ

    3月1日のプレミアリーグ注目戦、アンフィールドでのLiverpool対マンチェスターシティは、昨季4月のこの対戦(試合結果は3-2でLiverpoolの勝利)とは異なる角度の「リーグ優勝の行方を占う一戦」となった。それは、首位チェルシーがリーグカップ決勝戦(※)に臨んでいる間に、シティがポイント差を5から2に縮めることができるか?というものだった。
    ※同じ日に行われたリーグカップ決勝戦で、チェルシーが2-0とトットナムを抑えて優勝した。

    シティの地元では、ここ23年間で僅か1勝と苦手のアンフィールドで、2003年以来の初勝利を上げることができるか?という議論で盛り上がっていた。シティ・ファンの間では、「35歳以上のファンならば誰もが、毎シーズン開始時の皮算用で、無意識にアンフィールドでの獲得ポイントを0とカウントする習慣が染みついている」と目を伏せながら、「ここ5年間、リーグ最終順位でLiverpoolより上で終わっているというのに、今だにアンフィールド恐怖症は抜けきれない」と苦笑が飛び交った。

    いっぽうLiverpool陣営では、2月26日のEL戦(その日の試合結果は0-1。通算1-1でPK戦4-5でベシクタスが勝ち抜き)の直後で、体力的な後遺症の心配から、シティ戦は苦戦の予測が広がっていた。木曜の夜に120分戦い、PK戦で敗退した失意はさておいても、金曜日の早朝5時半に帰着して日曜日の正午キックオフに備えるという厳しいスケジュールに、全国メディアは圧倒的に「シティ優位」の予測を掲げていた。

    そんな中で、地元紙リバプール・エコーは、3月1日のセント・デビッド・デイ(※)にちなんで「マージーサイドとウェールズとの深い繋がり」と題する記事を掲げ、「35歳以上のシティ・ファンが悪夢に憑かれている」80年代の記憶を呼び起こした。
    ※セント・デビッド・デイ : ウェールズの守護神セント・デビッド(AD589年3月1日没と言われている)を偲ぶ国民行事。

    「Liverpool FCにとって隣国ウェールズとの深い繋がりは、ジョン・トシャック(Liverpool在籍は1970-1978)、イアン・ラッシュ(1980-1987、1988-1996)という歴代名選手や、近年の人気選手ディーン・ソーンダーズ(1991-1992)、クレイグ・ベラミー(2006-2007、2011-2012)というウェールズ代表選手たちによって継承されている」。

    そして3月1日は、Liverpoolが2-1と勝ってシティ・ファンのアンフィールド恐怖症を継承させた。

    「僅か54時間の準備期間しかなくて過労を貯めていたはずのLiverpoolの方が、最後まで走りまくった。我々は完敗。アンフィールドの悪夢は今シーズンも晴れなかった」と、シティ・ファンはため息をついた。

    全国メディアは「チェルシーがリーグ優勝に大きく前進した」と首位争いの行方に固執し、勝ったLiverpoolに関しては、ジョーダン・ヘンダーソンとフィリペ・コウチーニョの「ワンダー・ゴール」絶賛だけに終始した。その日のマッチ・オブ・ザ・ディでは、2月の「ゴール・オブ・ザ・マンス」に輝いたコウチーニョのサウサンプトン戦(試合結果は2-0でLiverpoolの勝利)のゴールと並んで、アナリストの話題はコウチーニョに集中した。

    Liverpoolファンは、「番組の70%はコウチーニョ特集が占めた。10%がヘンドで、残り20%はシティ批判」と苦笑しながら、メディアのスポットライトが当たらない選手たちの貢献に目を向けた。

    実際に、Liverpoolファンが選んだマン・オブ・ザ・マッチはジョー・アレンだった。

    「試合を通してハイ・プレスで、ワールド・クラス揃いのシティのミッドフィールドを完全に抑えた。正確なタックルでボールを奪い、コウチーニョに繋げるパスを出しまくった。ヘンドとコウチーニョの『ワンダー・ゴール』の価値を下げるわけではないが、2人はベシクタス戦に行かず、比較的フレッシュな状態でシティ戦に臨んだのに対して、アレンは120分プレイした末にPK戦でも責任を買って出た」。

    「正直言って、£15Mの移籍金と『ウェールズ版シャビ(バルセロナ)』のニックネームのプレシャーが強すぎて、このまま沈んでしまうのではないかと心配していた。しかし、スティーブン・ジェラードとルーカスの負傷欠場の穴埋めという役割が降ってからというもの、アレンはその重責を見事に果たしている。更に、今日のアレンは本物のシャビにも褒められておかしくないような改心の出来だった」と、誰もが強く頷いた。

    ファンの絶賛が聞こえたかのように、アレンはリバプール・エコー紙のインタビューで静かな決意を語った。「チームメイトが負傷で出られなくなるというのは、常に辛いもの。自分自身も同じ状況を経験しているから尚のこと。しかし、自分に出番が回ってきた時には全力を尽くして、チームの勝利に貢献したい」。

    「セント・デビッド・デイに勝てたことは、ウェールズ人である僕にとっては最高だった」と控えめにほほ笑んだアレンの名が、セント・デビッド・デイ特集記事の「Liverpool FCのウェールズ・コネクション」リストに登場する日が来るかもしれない。
    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR