FC2ブログ

    エビのサンドウィッチ軍団

    今年の10月9日に発売されたロイ・キーン(現アイルランド代表のアシスタント・マネジャー、兼アストンビラのアシスタントマネジャー)のオートバイオグラフィー「セカンド・ハーフ」は、その後続報を重ねて途絶える気配がない。最新版は、インターナショナル・ウィークの終幕11月17日に出た、アイルランド代表のキー・マンであるシーマス・コールマンを「軽い負傷を理由に出し渋った、代表チームに非協力的なクラブ」という批判だった。これに対してエバトンが、「ロイ・キーンは時々バカなことを言う」ときつい言葉で反論したことから、スキャンダル好きのイングランドのメディアがスポットライトを当てた。

    今回の一連の事件の中で、現役時代からヘッドラインを飾ることが多かったロイ・キーンの語録の初期のものとして、マンチェスターユナイテッド時代(1993~2005)に、自分のファンの応援が足りないと非難したエピソードが再燃した。1999年の有名なトリプル(リーグ、FAカップ、CL)の翌シーズンに、「ユナイテッド・ファンは、スタンドでエビのサンドウィッチを食べている暇があったらチームを応援すべき」と言ったものだった。

    イングランド中に爆笑をもたらしたこの言葉は、メディアや他チームのファンの間で定着し、今も「エビのサンドウィッチ軍団」が「ユナイテッド・ファン」のニックネームとして通用している。

    これは、2013年にサー・アレックス・ファーガソンが引退するまで20年余りに渡ってイングランドの頂点を走り続けたユナイテッドに対する、他チームのファンの羨望がもたらしたものだった。折しも「エビのサンドウィッチ軍団」という言葉が誕生した当時は、3部から2部へと苦戦しながら這い上がっていたシティに対して、ユナイテッド・ファンが「スモール・クラブ」と言えば、シティ・ファンが統計(※)を逆手に取って「'ビッグ・クラブ'のユナイテッドは、地元のファンの比率は1%未満」と反論した時のことだった。
    ※数字の信ぴょう性は不明だが、ユナイテッドのファンは世界中に6億人、次に多いLiverpoolが1億人強、という統計がイングランドで数年前から通用している。

    シティ・ファンの「地元率1%未満」説は、6億人という統計から割り出せば真相だった。いわゆる地元であるグレーター・マンチェスターの人口は270万人(2014年)で、仮に地元住民の100%がユナイテッド・ファンだとしても、6億で割れば0.45%になる。エバトン・ファンの枕詞である「Liverpoolファンはみなノルウェー人(=地元の住民ではない)」も同じ理論で、マージーサイドの人口150万人は1億人の1.5%となる。シティ・ファンもエバトン・ファンも、地元の半分もしくは過半数が宿敵のファンだという実情を見ている上で、ジョークを込めて数字を盾に取っていた。

    それがイングランド中のライバル・チームのファンに浸透する間に尾ひれが付いて、「オールド・トラッフォードでエビのサンドウィッチを食べているユナイテッド・ファンはみなロンドンの住民」という固定観念になった。ロンドンのチームのファンが、オールド・トラッフォードのアウェイ・スタンドでホーム・スタンドに向かって「後でロンドンで会えるかもしれないね」と手を振る風景は、今でもイングランド中のファンの笑いを誘っていた。

    かく言う私も、今季の開幕戦(8月16日)にオールド・トラッフォードでユナイテッド対スウォンジー(試合結果は2-1でスウォンジーの勝利)を見るまでは、一緒に笑っていた。

    しかし、席に着くと同時に周囲から怒涛のごとく湧き上がった「ユナイテッドは我がチーム」に始まり、試合終了まで歌とチャントと大声援が続いた真相に、認識を改めさせられた。ストレトフォード・エンドの対面に当たる、イースト・スタンドの最上階に近い席だった。すぐ下のアウェイ・スタンドから試合開始早々に「7位(昨2013-14季のユナイテッドの最終順位)」チャントが上がった瞬間、周囲のファンが一斉に立ち上がってアウェイ・スタンドに向かって指さしながら「20回」チャントを合唱した時には、「エビのサンドウィッチ軍団」というニックネームは真相とかけ離れていることを、心から実感させられた。更に、それらチャントのほぼ100%が、明らかなマンチェスター・アクセントだった。「ユナイテッド・ファンはみなロンドンの住民」という虚構はいったいどこから発生したのか、と苦笑を禁じ得なかった。

    1990年以来最悪の成績に終わった昨季、3月のLiverpool戦で(試合結果は3-0でLiverpoolの勝利)、二大宿敵のシティとLiverpoolにリーグ・ダブルを食らうことになった苦悩を吹き飛ばすかのように、ユナイテッド・ファンが「20回」チャントを叫び続けた姿が、その週のハイライト番組を飾ったことは記憶に新しい。

    「黄金の1992年生」の一人であるライアン・ギグスが、自らの現役最後となったシーズンを振り返って「これまでずっと我がチームのファンに感謝して来たが、昨季のあの苦しい時に、ファンの素晴らしさが身に沁みた」と語った言葉が蘇った。

    その失意が再び降ってきたようなスウォンジー戦で、周囲のファンが絶えることなく続けた「20回」チャントは、暫く私の頭の中から離れなかった。ファンがどんな気持ちで「20回」チャントを叫び続けているか、ピッチの上の選手たちはわかっているのだろうか?と疑問を抱きながら。

    勝てない時にサポートしないなら

    イングランドのフットボール界では、強烈な出来事に関して、5/10年後に「5/10周年記念」として語ることが多い。インターナショナル・ウィークでリーグ戦がお休みだった11月15日を挟んで、各地で様々な「5/10周年記念」で盛り上がった。その中で、アーセナル・ファンから出た「ピザ・ゲート10周年」がイングランド中の笑いを誘った。

    これは2004年11月18日にオールド・トラッフォードで行われたマンチェスターユナイテッド対アーセナルで、波乱万丈だった試合(ユナイテッドが2-0で勝利)の後で、アーセナルの控室から飛んできたピザがサー・アレックス・ファーガソンを直撃した事件だった。当時プレミアリーグのトップを競う二大チームの直接対決で、負けた側の選手が相手チームの監督にピザを投げつけたという桁外れの出来事は、メディアが「ビュッフェの戦い」など様々な見出しを掲げた末に、「ピザ・ゲート」に落ち着いた。

    更に、被害者のファーガソンはもちろん、目撃者である筈の両チームの選手や関係者が全員、最後までピザを投げた選手の名を明かすのを拒否したため、「ピザ・ゲート」はミステリーとして迷宮入りした。数年経って、ほとぼりが冷めた頃に、アーセナルのマーティン・キーオンが「まるでフリスビーを投げるかのようにピザを飛ばすことができる、テクニックが優れたスペイン人若手」と、ピザ・ゲートの意外な犯人(セスク・ファブレガス)を明かしたのだった。

    このイングランド・フットボール史に残る珍事件に比べると全くありきたりで恐縮だが、翌週は私の個人的な記念日を迎える。初めて聖地アンフィールドで試合を見たのが25年前の1989年11月26日で、対戦相手はアーセナルだった(試合結果は2-1でLiverpoolの勝利)。

    当時ファンだった人なら誰もが、「1989年のアーセナル戦」というキーワードに目を丸くする。Liverpoolファンが、25年経っても昨日のことのように衝撃を感じる1989年のアーセナル戦とは、1988-89季のアンフィールドでのリーグ最終戦で、Liverpoolは0-1で負けても優勝だったのに試合終了直前のゴールで0-2で敗れ、大どんでん返しでリーグ優勝をアーセナルにさらわれた試合だった。私の初戦である11月の方は、Liverpoolにとっては前季の雪辱戦だった。その勝利が前季の失意を克服し、Liverpoolは1989-90季に通算18回目のリーグ優勝を達成した。

    1989年5月のアーセナル戦のインパクトではなかったが、2013-14季のリーグ優勝の夢を打ち砕かれたチェルシー戦(試合結果は2-0でチェルシーの勝利)の後で、11月8日は、Liverpoolファンにとっては雪辱ならず連敗で終わった(試合結果は2-1でチェルシーの勝利)。

    昨2013-14季が幕を下ろした直後から、ライバル・ファンの間で「Liverpoolの2位の翌季シンドローム」が飛び交った。これは、1989-90季の最後のリーグ優勝以来浮き沈みを行き来しているLiverpoolが、落ち込みから立ち直って2位に浮上した翌季に、必ずヨーロッパ圏外に落ちる反動を食らった事実(※)を指していた。
    ※2位で終わったシーズンとその翌季の順位は、1991-92季-6位、2002-03季-5位、2009-10季-7位、2014-15季-?

    しかし今季のプレミアリーグは、11試合を終えて9勝2分と一人勝ち中のチェルシーを除くと、チャンピオンのマンチェスターシティは8ポイント差の3位ながら直近の3戦で1勝1分1敗、アーセナルは6位ながら11位のLiverpoolと僅か3ポイント、マンチェスターユナイテッドは2ポイント多いだけの7位と、いわゆる「ビッグ・クラブ」はいずれも低迷していた。

    ピザ・ゲート10周年記事も、「しかしこの10年の月日は両チームを大きく変えた。ファーガソンの引退を契機に急降下に苦しんでいるユナイテッドと、昨季やっとトロフィーなしの9年間の終止符を打って今季は巻き返しをという勢いが空回りしているアーセナルは、11月22日の直接対決はもはやプレミアリーグの行方を決める対戦でも何でもなく、たとえピザが飛び交っても単に笑いものになるだけの対戦になってしまった」という一節が、ユーモアの影のファンの苦悩を表していた。

    Liverpoolファンは、「得点ランキングのトップ3を占めるストライカー(アレクシス・サンチェス)を持ちながら、負傷してないストライカー3人(マリオ・バロテッリ、リッキー・ランバート、ファビオ・ボリーニ)合わせてリーグ得点ゼロとどん底にいる筈のLiverpoolとそれほど大きな差はないという現状が、アーセナル・ファンがピザ・ゲートの思い出話をして笑いたくなる気持ちはわかるような気がする」と、ライバル・ファンにエールを送った。

    イングランドのフットボール・ファンの間で、勝てない時にも明るく威厳を保つ決意を指して「笑ってないと泣いてしまう」という表現は良く使われる。同様に、「チームが勝てない時にサポートしないなら、勝っている時にもサポートするな」という言葉も定言となっている。

    メディアは「次にクビになる監督」予測に沸き、インターネット上の「ファン」が自分のチームの監督のクビを求めて盛り上がる中、勝てない時にもスタンドからチームに声援を送り続けてきたファンは、不調の波を変えるべく、次の試合に向かう。

    一生忘れられない負け試合

    勝つことが最大の目的であるフットボールでは、いかなる試合であろうと負ければ悔しい。それはファンだけでなく選手も同じだ。しかし、負けた試合が永遠の思い出となるべく感動を生むこともある。

    11月8日のFAカップ1回戦を控えて、ノン・リーグのウェストンの主将、トム・ジョーダンが7年前にアンフィールドで5-2と敗れた試合を振り返り、目を潤ませながら「あの場面は一生忘れられないと思う」と語った。

    2014-15季で134回目を迎えるFAカップは、世界最古のカップ戦であることは有名だが、その名の通りFA(※)傘下にある全737チームが参加して、5月末の決勝戦でトロフィーを掲げる1チームを決める。
    ※FA:イングランドのフットボール協会。発祥国のイングランドは世界中で唯一、国名が付かない略称「FA(Football Association)」で通用している。

    プレミアリーグが1992年に名称を変えて形式上独立するまでは、イングランド1部リーグとして92チーム・4部構成の頂点にあった。プレミアリーグになってからは、TV放送に合わせて試合日程を変えるなどの規則を独自で決定したり、単独でスポンサー契約を結ぶなど、運営面では大きく変わったが、実質1部~4部で昇格/降格の入替など根幹は維持されている。4部はその下のノン・リーグと入替があるというシステムも変わらない。総勢600を超えるノン・リーグも1部から8部までに分かれており、プレミアリーグを頂点とするピラミッド組織の裾野を形作っている。

    FAカップでは、ノン・リーグのチームが6ラウンドに渡る予備戦を勝ち上がった末に、11月にプロ・リーグの3,4部のチームが参戦する1回戦を迎える。12月初旬に行われる2回戦では2部、年明けて1月初旬の3回戦ではプレミアリーグのチームが順次参戦する。各ラウンドの組み合わせにはシードはなく、3回戦でいきなりプレミアリーグのチーム同士が対戦する傍ら、ノン・リーグのチーム同士が対決するなど、どちらがホームになるかも含めて全てが純粋なくじ運だ。

    それだけにFAカップは、伝統的にイングランドで最も栄誉のあるトロフィーと言われ、イングランド中の熱い視線が注がれる。上位のチームにとっては下位リーグのチームと対戦して負けるようなことになれば手痛い打撃で、逆に下位のチームにとっては、観客動員数が多い上位のチームとの対戦は財政面で大きなプラスであり、チームは「失うものは何もない」、ともすれば実力以上のプレイで番狂わせを生む、夢の対戦となる。

    7年前に、4回戦まで勝ち上がってイングランド中の注目を集めたノン・リーグのハベント&ウォーターロービルに在籍していたジョーダンが、Liverpoolと対戦した時のエピソードを語った。

    「Liverpoolのクラブもファンも、我々に最大の敬意を見せてくれた。無心で臨んだ我々は、前半終えて2-2と、夢のような試合になった。Liverpoolにとっては大ピンチで迎えた後半に、ピッチに降り立った我々に向かって、コップは総立ちで大きな拍手を送ってくれた。あの試合が我々にとってどれだけ大きなものだったか、コップは理解してくれていたと思う。あの時の感動は一生忘れられない」。

    ノン・リーグのチーム相手に、ホームでLiverpoolが2-2と苦戦していた中で、引き分け再試合や番狂わせを期待していたスキャンダル好きのメディアの嘲笑を背に、ハベントの選手たちに総立ちの拍手を送ったコップのフェアプレーは、Liverpoolの選手たちを奮起させ5-2の勝利を引き出したと同時に、7年後にも語り継がれる歴史を刻んだ。

    そして今季のFAカップ1回戦が行われた11月8日、Liverpoolはアンフィールドでのリーグ戦でチェルシーに1-2と敗戦を喫した。

    昨季終幕、4月27日のアンフィールドで、0-2と敗れてLiverpoolの24年ぶりのリーグ優勝の夢を打ち砕いたチェルシーに、雪辱が果たせなかったこの試合の後で、Liverpoolファンの間で「ガード・オブ・オナー」の計画が口伝えで広がり始めた。

    この「ガード・オブ・オナー」は、昨季チェルシー戦でストップするまで11連勝を記録したLiverpoolのチーム一行に対して、ファンがバナーや旗を掲げてチーム・バスの通り道の両脇に立って、アンフィールド入りするチームに盛大な拍手を送るというものだった。

    イングランドのフットボール界では、最終日を待たずにリーグ優勝が決まった場合に、その直後の試合で対戦相手の選手たちが通路の脇に立って新チャンピオンを拍手で迎える「ガード・オブ・オナー」が慣習となっている。本来はチャンピオンへの待遇である「ガード・オブ・オナー」を、Liverpoolファンが「最終順位はどうあれ、ここまで夢を見させてくれたチームに感謝を込めて」、ホームでの全試合でLiverpoolのチーム一行に対して最後まで貫いたのだった。

    その頃とはかなり異なる様相になっている今季、チェルシー戦で3戦3敗となった時点で、誰からともなく出てきた「ガード・オブ・オナーをやろう」という案に、次々と賛同者が手を上げ始めたのだった。

    「今の不調は選手が自信を失っているためであることは明らか。今こそ選手がファンを必要としている時。ガード・オブ・オナーで激励して、選手たちに昨季のあの自信を取り戻してもらおう」。

    選手の忠誠に仇で返したクラブ

    9月21日のマンチェスターシティ対チェルシーで、78分にサブで出場したフランク・ランパードが、85分に同点ゴールを決めた時の表情が、その夜のハイライト番組を飾った。今季絶好調で首位を走るチェルシーが、優勝争いのライバルであるシティに1-0と逃げ切るかに見えた時に出たそのゴールで、チェルシーは開幕5試合目にして初めてポイントを落とすことになった(試合結果は1-1)。

    昨季末に、13年間在籍したチェルシーとの契約が切れて、この8月にローンでシティ入りが決まったランパードは、新チームでの大きな貢献に対する誇りと、アウェイ・スタンドで盛大な拍手で迎えてくれたチェルシー・ファンに対する申し訳ない気持ちとで、どんな反応をすれば良いのか当惑しているように見えた。しかし試合終了と同時に、ランパードに総立ちの拍手を送ったチェルシー・ファンと、アウェイ・スタンドの前に佇んでファンに拍手を返したランパードの姿は、チームを超えてイングランド中のフットボール・ファンから大きな拍手が沸き起こった。

    「テレビで見ていた人々は、ランパードが『真っ直ぐにアウェイ・スタンドに向かった』と言っているが、アウェイ・スタンドに向かう途中に、ホーム・スタンドの我々に拍手をしてくれた」とランパードを賞賛したシティ・ファンも、「古巣のファンから深く慕われている様子は、ファンとして心が温まる」と笑顔を浮かべた。

    Liverpoolファンも例外ではなかった。ここ数年チェルシーは、カップ戦も含めて激突してきたチームであり、その看板でもあったランパードは、Liverpoolファンの間でも頻繁に話題に上がる宿敵の一人だった。誰もがライバル選手として一目置いていただけでなく、ランパードのクラブに対する貢献には敬意を抱いていた。それだけに、この夏にチェルシーがランパードとの契約を更新しないと決めた時には、驚きに怒りが混じった反応が飛び交った。

    「ミッドフィールダーで通算211得点でチェルシーのクラブ史上最多得点記録を維持しているという業績は、それだけで殿堂入りに値する。ファンからも熱烈に支持されていることからも明らかなように、ランパードの忠誠は多大なもの。そのランパードを、あっさり追い出したクラブの方針は理解できない」。

    更にランパード本人が、アメリカのニューヨーク・シティとの契約を結んだ直後の8月に、MSLの開幕までの短期ローンでシティ入りすることになった時に明かした言葉は、イングランド中のファンの、チェルシーのやり方に対する疑問に拍車をかけた。

    「チェルシーに残ることしか考えられなかった。昨シーズン中に何度か、監督からもクラブからも口頭では契約更新の意向を聞かされていた。だから、1月を過ぎてからは様々なクラブから話をもらっていたが(※)、チェルシーからの契約更新話をひたすら待っていた。今回シティ入りを決めたのも、チェルシーは僕を呼び戻す意思はないのだと分かってからのこと」。
    ※契約満了の6ヶ月前になると、選手は次の行き先を探すためのリクルート活動をすることが許されている。

    そのチェルシーが2ポイントを失ったシティ戦では、チェルシー・ファンとランパードが真摯に向き合う姿が、多くの目には「ランパードの忠誠に仇で返したクラブ」に対する抗議のように映ったのだった。

    それから1ヶ月後の10月30日に、契約満了のシーズンを迎えているスティーブン・ジェラードが、Liverpoolから契約更新の話が来ていないという実情を公言し、イングランド中に新たな爆弾を落とすことになった。

    「来季以降も現役として続けたい。しかしLiverpoolとの契約は今季末で終わる。もしLiverpoolが契約更新してくれないならば、1月には次のクラブを探し始めるしかないと覚悟している」。

    全国メディアは「今のプレミアリーグでは数少ないワン・クラブ・マンのスティーブン・ジェラードが、Liverpoolを出て新天地を探す決意を語った」と大騒ぎし、元Liverpoolのアナリストは一斉に「Liverpoolがジェラードに契約更新の話をしていないという事実はショッキング。ジェラードの17年間の貢献を考えると、今回のような告白をさせる状況に追い込んだLiverpoolのクラブとしての方針には疑問を抱く」と驚愕の声を上げた。

    2010年に倒産の危機に見舞われたLiverpoolを救った現オーナーの、健全財政の方針については、ファンの間で頻繁に議論が交わされてきた。「新戦力として獲得する選手の条件は、将来のスターとなる才能を持つ若手。移籍金と給料を合わせて上限の枠内で収まることが必須条件。移籍金も高く給料も破格のビッグ・ネームは取らない。現存の選手の中でも、給料が高いベテランは、基本的には、支出削減のため放出せざるを得ない」という考え方は、納得せざるを得ないという意見が多かった。

    「かつての強豪リーズなどが、移籍方針を誤って財政破たんの憂き目を見た実例を考えると、Liverpoolのオーナーの堅実な考え方は支持すべき」。

    その上で、今回のジェラードの発言については、圧倒的多数のファンがジェラードの側に立つ決意を語った。「ジェラードがLiverpoolを出て、例えばシティに行ってリーグ優勝メダルを獲得するとしたら、我々ファンとしては心からジェラードに拍手を送る。クラブがもし、ジェラードを失うマイナスの大きさを考えずに支出削減として割り切るならば、『ジェラードの忠誠に対して仇で返すクラブ』を見限って、新天地でトロフィーを目指す方がジェラードのためだと思う」。

    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR