FC2ブログ

    Windows 8 奮闘記 その1

    Windows 8マシンを買いました。5年ぶりのPCです。
    職業柄、2年ごとにPCを買う習慣をだったのですが、ここ最近はいろんな事情が重なって、PCを買う癖(?)を我慢していました。そのような次第で、Windows 7マシンは持たずに終わりました。

    ただ、メイン・マシンがもう5年目を迎えると、毎日の使用でかなりストレスを感じるようになってきて、購入を思い立ったわけでした。

    駅前のビッグ・カメラに行って最安値のHPのデスクトップ(注文組み立てタイプ)を購入したのは1月6日のこと。納入日が1/17という通知が間もなく届き、この日を待ちました。

    ハードウェアはCPUがIntel CORE i7
    メモリ4GB、ハードディスク1TB
    テレビなし、Officeもなし(Proの製品版を別途購入しているので)、スピーカーなし、無線LANもなし、という最小構成でした。

    ということで、納入日までに、ということで1/13に、ヨドバシカメラに無線LANの子機とスピーカーを買いに出かけました。

    スピーカーは奮発して1,120円の横置きもできるタイプにしました。

    さて無線LANの子機です。最近のPCは内臓型が多いせいか、あまり売ってません。うろうろしていると店員さんが来たので、質問しました。

    店員「OSは何かおわかりですか?」
    私「Windows 8なんですが」
    店員「8ですか。そうすると、対応機種は2つしかないです。これと、これ」
    見せてもらったのは両方ともBuffaloで、片方(高い方)は 11n/a/g/b対応でした。うちのはnなので、nとせいぜいgが対応していれば十分、ということで安い方にしました。
    とは言っても 3,288。予想より高かったのでした。やはり8か...

    モデルは WLI-UC-G300HPでした。

    さて、家に帰って今日の購入品をさっそく開けてみてました。スピーカーは問題なかったのですが、無線LANの子機の方がきな臭い。

    というのは、同梱されていたセットアップマニュアル(紙1枚ですが)を見ると、「Windows 7 の場合」「Vistaの場合」等のセクションの中に、「Windows 8」がないのです。

    ん?Windows 8対応ということで高い金額を払ったのに....

    嫌な予感がしました。が、日々の多忙のためその話はすっかりわすれて、PCの納品の日となりました。

    定時で仕事を終えて走って帰宅し、ヤマトの配送を待ちました。ラッキーなことに、20:00の配達指定だったのに、配達員の人が19:30ころに電話くれて「早く伺っても良いですか?」とのこと。喜んでOKしました。


    20:00にはいよいよ開梱!に差し掛かっていました。

    ■PCの組み立て
    まずは、本体のマニュアル(と呼べる感じではない紙)を見て、機器の接続の説明が絵しかないことに気づき、ちょっとびっくりしました。

    まあ、それでも危機の接続は特にハマることもなく、箱を片づけたりする時間を含めても、20分後には電源ONまで行き着きました。

    それから、Windowsの初期設定です。じーっと画面を見ていると、さすがに5年前のPCに比べると速い。ウキウキしながら設定を終えました。

    ■Windows 8を使う
    スタートボタンがないWindows 8のシャットダウンの方法については事前に調べておいたので、特に問題はありませんでした。

    ただ、今日は少なくとも無線LANでインターネット接続ができるところまではやっておきたいと思い、Windows 8の設定も壁紙とExplorer、スピーカーがちゃんと働くことを確認し、コントロールパネルの設定、くらいでやめておいて、無線LANの接続に進みました。

    ■無線LANの子機にハマる
    さて、ここで嫌な予感が当たりました。
    WLI-UC-G300HPに同梱されてきたCDを入れて、ドライバをセットアップし始めたところ、いきなり
    「このOSには対応していません」
    とエラーが出て終わってしまったのでした....

    3,288円も払ってわざわざ8対応のモデルを買ってきたのに、このこのOSには対応していないだと~~~っ

    時計を見ると21:00を回っていました。さすがにヨドバシカメラに苦情の電話を入れるのは遅すぎる時間だし、仮に電話がつながっても、わざわざ店舗まで交換に出かける時間がもったいない、そのくらいなら自力で解決を図った方が早い、と気を沈めました。

    長いLANケーブルを探してきて、ルータに繋いでBUFFALOのサイトに接続して、WLI-UC-G300HP用のWindows 8 のドライバをダウンロードすればよいのだ、という簡単な解決方法を取ることにしたわけです。

    案の定、Buffaloのサイトで、8対応のWLI-UC-G300HP用ドライバは、比較的簡単に見つかりました。ダウンロードも問題なく完了しました。

    ■ドライバのインストール
    ダウンロードした自己解凍型のファイルは、たぶん、解凍した後で自動的にセットアップが起動するようにできているのだろうと思いますが、これも8対応のせいか、素直には進みませんでした。

    解凍した後に「PCの再起動が必要です」というメッセージが出て、再起動したら、今度は「いくつかのファイルを解凍できませんでした」とエラーが出る....「完了」をクリックしたら、その後何も起こらない。

    ふむ....

    再び自己解凍型のファイルをダブルクリックし、解凍先のフォルダを記録し、Explorerでそのフォルダを開いたところ、いかにもAirStationのセットアップ・プログラムらしいexeファイルがありました。

    それをクリックしたら、めでたくセットアップ画面が起動したのです。

    しかも、今度は「このOSには対応していません」というエラーも出ずにインストールは最後まで進み、WLI-UC-G300HPをUSBポートに差し込んで、親機と接続設定もOK、めでたく接続テストも正常終了したというわけでした。

    ここで、時間は22:00。今日はここまでにして、続きは明日。次はウィルスバスター、Office、とセットアップして、それからやっと今のメイン・マシンからデータをコピーして、本格的にマシン移行の作業開始となります。

    これからもあまり時間が取れない日々が続くので、終わるのは来週末になりそうです...



    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR