FC2ブログ

    ビートルス

    時々、病気のようにふとビートルズが聞きたくなることがあるのですが(たぶん、年2回くらいの頻繁さ :)
    さっきその病気にかかって、Youtubeでビートルズを聞いていました。

    たまたまライブだったのですが、ポール・マッカートニーがリバプール!と叫んでいたのを見て、なんとなくノスタルジーにかられました。

    私が初めてリバプール市を訪れた1986年2月は、市内にビートルズのびの字もなかった...とは言いすぎかもしれないけれども、少なくとも、今の状況からは考えられないほどに、リバプール市はビートルズのプロモーションをしていなかったのです...

    なんという町なのだろう、とすごく不思議に思いました。
    だって、1986年の時点でビートルズは解散していたとはいえ、その時にも(今以上に)世界的にファンはいたはず。
    そのビートルズの生まれ故郷、というステータスは世界でただ一つリバプール市だけが持っていた遺産のはずなのに、なんでそれを宣伝しないのだろう?

    と、(経済学部出身の私は)ひどく不思議に思ったのです。

    それから25年、今はリバプール市内いたるところにビートルズのプロモーションがあふれています。ミュージアムも、いろんな新しい名所もビートルズを掲げ、本屋も(Liverpool FCとエバトンの横に)ビートルズ特集があります。

    これが本当だと思います。

    ビートルズは、確かに70年代に世界に名を広めた時に、リバプール市を離れて羽ばたいたかもしれない。でも、彼らはずっとスカウサー・アクセントを失わずに歌に込めて、それがウケて世界でさらに広がったはず。リバプール市が、ビートルズを「ロンドンのグループ」と言って一時的に排除、とまでは言わないまでも、あまり「地元のグループ」扱いしてなかった時期があったのは、正直、驚くべきことだと思いました。

    今、振り返ると、その頃のリバプール市とビートルズの関係を見てきたことが、妙に懐かしく感じます


    タクシーの運転手さんとの会話

    今日、実店舗のレイアウト刷新をしてきました。
    ところで、行きの道をタクシーに乗ったのですが、運転手さんに行き場所を説明するために、プレミアリーグ ファン・グッズのフライヤーを見せて「ここの店に行ってください」とお願いしたところ、運転手さんが「あ、この店、知ってます。以前に買い物したことがあります」てな感じで会話がはずみました。
    結構人気のある店なんですが、運転手さんとその話で盛り上がるとは思わなかったなあ...

    2011-12季のプレミアリーグ観戦チケット

    2011-12季も残りわずかとなりました。各クラブの残りリーグ戦は3-4試合となりました。
    まだ、リーグ優勝も、降格わくの残り2チームも、CL、EL各出場枠も未定状態での激戦となります。
    そのような状況で、何かにかけている(=上記の各枠を争っている)クラブのチケットは続々売り切れになっています。すでに全試合が売り切れとなっているクラブもあります。

    反面、上記の枠に入っていない、つまり、降格もしないヨーロッパにも届かない、というクラブのチケットはずーーっと販売し続けています。

    シーズン最終日(5/13)までの間に観戦予定の方は、試合を選んだ方がよいと思います。

    マンチェスター・ダービーのチケット価格が暴騰

    シティ・ファンの情報によると、今、オンラインでマンチェスター・ダービーのチケット価格は£1300(約175,500円!!)で出回っているそうです。
    言うまでもなく、このチケットはホーム、アウェイともにシーズンチケット・ホルダーおよびほぼ毎試合のチケットを買っているロイヤリティ・ポイントの極めて高いメンバーにのみ販売された優先販売期間中にとっくに売り切れています。
    この試合を見に行こうと計画している人は、くれぐれもダフ屋には注意しましょう。

    ...私見では、ダービー戦というのは(今回のような超目玉はもちろんですが、そうじゃなくても)、避けるべきだと思っています

    プレミアリーグ ファン・グッズ
    シティ

    マンチェスター・ダービー

    先週末のリーグ戦の結果を受けて、来週(4/30)のマンチェスター・ダービーの注目度はこの上なく高まっています。一時はイングランド中のアナリストが「タイトル争いの決着はついた」と100%断言していたことを考えると、笑えます...

    シティへの応援の声がやけに大きく聞こえるのは気のせいだろうか?
    しかも、発生地はリバプール・ファンの方が多いのだが...

    出てゆく前の最後の仕事?テベス

    マンチェスターシティが6-1と快勝した先週のノリッジ戦で、ハットトリックを決めたカルロス・テベス。
    今シーズンの問題児ワースト3入りは堅いと思われるこの人が、出てゆく前の最後のひと仕事をやってくれました。もちろん、これで打ち止めではなく、来週のダービーを含めて残り試合にできる限りゴールを決める、という仕事は残っています。

    この人がアルゼンチンでゴルフをやっていた(ロベルト・マンチーニの言葉)頃、シティ・ファンは
    「クラブが正当な遺跡金額を得てテベスに出て行ってもらうには、まず試合に出なければならない。鶏と卵の関係のようなもの」
    テベスが出てきたときに、ブーするか否か?
    の議論はまったく半々で、
    「テベスに関していかなる感情を持っていようとも、ブーをすればほかの選手に影響を与える。黙っているしかないと思う。」
    「得点すれば拍手をせざるを得ない...」
    「でも、ファンがやさしく扱ってしまったら、テベスが来年もシティにとどまる、と言い出したら大変だ...」
    「うーん、そうなったらどうしよう...」

    などとという会話が飛んでいて、笑えました。

    ただ、この人、昨年のFAカップ決勝戦のヒーローの一人であることは間違いないんですよね...


    がんばれウィガン

    昨日のアウェイでのアーセナル戦は、内容的にも勝っていた!とみんな言っていますが、先週のホームでのマンU戦に続き、大拍手です。
    4/7のチェルシー選(2-1でチェルシーが勝ち)ではレフリーの問題判定のおかげで負けた、という見解が圧倒的だったし、その前のストークとリバプールの連勝と合わせて最近5試合で4勝です。

    ここにきてウィガンが背水の陣でがんばってます。

    2/11のボルトン対ウィガンのポスターをリーボック・スタジアムで見ていて「この両者の対戦は来季はチャンピオンシップ(=実質2部)になるんだろうなあ」と(かなり残念な気持ちで)つぶやいたものでした。

    両チームともプレミア残留を勝ち取ってほしいものです

    プレミアリーグ ファン・グッズ
    ボルトン
    ウィガン

    観戦記(2012年)

    やっと渡英中の観戦記を書き終えました。
    写真を付けて書きなおした版です。
    プレミアリーグ観戦ガイド 観戦レポート

    その他の情報も、また時間を見て追加します。

    yahooオークションに出品

    プレミアリーグ ファン・グッズの人気商品の一部をyahooオークションに出品しています。

    ボルトン情報を掲載しています

    実店舗、快適生活館のプレミアリーグ ファン・グッズのコーナーに、ボルトン情報を掲載しています。
    イングランドで人気のファン・グッズをたくさん展示しています。ぜひお立ち寄りください。

    店内にはいろんな商品が並んでいます。野菜もありますよ!

    行ってきました uhb じぶんマーケット vol.3

    4/7の午後2:30頃到着、たぶんもっとも混む時間帯だったと思います。なかなか盛況でした。
    福田さんの手作りアクセサリー店も、私がいた間ひっきりなしにお客様が訪れていました。
    とても素敵なアクセサリーでした...

    手に技術がある人っていいなあ、としみじみ感じました


    uhb じぶんマーケット vol.3

    あす、札幌駅から大通りまでの「札幌駅前地下歩行空間」で、uhb じぶんマーケット vol.3が行われます。
    そこで、昨年末のセミナー仲間でありLa Floreの店主が、素敵な手作りアクセサリーを公開します。

    札幌にアクセスできる方は、ぜひ、見てください。とても素敵なアクセサリーですよ!

    トップページを更新しました

    プレミアリーグ ファン・グッズのトップページを更新しました。
    操作性向上を目指して、右メニューを左に移動いたしました。
    今後ともよろしくお願いします。

    手作りアクセサリーショップ

    昨年のセミナーで一緒だった友人が、手作りアクセサリーショップを開きました。
    La Flore
    とても素敵なアクセサリーがいっぱい。しかも手作りだから、この世で一つしかないユニークなアクセサリーなんです。いいなあ...

    マンチェスターシティのファンが...

    昨日(4/2)マンチェスターユナイテッドがブラックバーンに2-0と勝って2位シティとの差を5ポイントに広げた翌日のシティ・ファンのパニックぶりにはひたすら驚きました。
    (他人の不幸を笑っているつもりはないです)

    「マンチーニは来季も監督に残るべきか?」討論
    1ケ月前までは95%のファンが「たとえ今季のリーグ成績がどうなろうとマンチーニは来季も続投すべき」という意見だったと思うのですが、2週間前には続投派は70%くらいに減り、昨夜は一気に半分くらいの人が「マンチーニはやめるべき」と叫んでいます...

    続投派の意見「シティ・ファンを4年以上やっている人ならば誰もが先のことを考えるだろうと思う。リーグ優勝を逃すとしたら非常に残念なことだが、しかしマンチーニを首にするのはクラブにとってマイナス」

    ⇒リーグ2位のチームの監督がクビになっていたら、毎年95人の監督がクビにならねばならないはず

    楽観的なファンの観測「ベーコンフェースは優勝したら引退するんじゃないだろうか」
    その理由は以下の通りです。
    「もしユナイテッドが優勝したら、ベーコンフェースは引退するのではないかと思う。なぜなら、ベーコンフェースはシティに勝つという目的を果たした。でも来季以降のチーム情勢はシティの方が上向きだから、リーグ優勝は今季で終わりだということをベーコンフェースはうすうす感じていると思う。CLもあと3回勝ってスカウサーを追い抜くのはどう考えても無理。だから、引退するとしたら今じゃないか」

    ⇒さあ、どうでしょう?



    マドリード?マドリー?

    今週のCLのテレビ放送をチェックするためにスカイパーフェクTVの番組検索サイトを見ていて気付いたことです。

    UCL11/12 QF 2nd leg Rマドリー×APOEL

    UCL11/12 QF 2nd leg レアルマドリード×APOEL

    うーん、同じテレビ局の番組のはずなのに、なぜReal Madridのチーム名が2種類で表記されるのだろう?
    そもそも、Madridは「マドリード」「マドリー」のどちらがより近いのだろう?

    日本で一般的に市の名前として表記されるときには、圧倒的に「マドリード」という表記が多いと思うのですが、Real Madridの名前としては「マドリー」と「ド」を省略した表記も比較的多く見かけます。

    そもそも外国語をカタカナに割り当てることそのものに無理があるのですが、2種類が入り混じっているという現象はあまりよろしくないと思います。

    じゃあ、この2種類表記のうち、どちらがより近いのだろう?

    という疑問が浮かんで、以前にスペイン人の友人に質問したことがあります。その人はバルセロナ出身のバルセロナ在住の人ですが、答えは
    「地区によって発音が異なる。」
    「マドリードの人は、マドリーーーーー(ス)」※最後の「ス」は非常に小さい音
    「バルセロナの人は、マドリーーーーートゥ」※最後の「トゥ」は小さいが、マドリードの人の「ス」よりは大きい。

    ふむ、それでは、マドリード市民の発音をカタカナにしたら「マドリー」で、バルセロナ市民の発音をカタカナにしたら「マドリート」(語呂が悪いから「ド」と濁点にした?)という感じでしょうか?

    余談でした...



    快適生活館の有機野菜

    プレミアリーグ ファン・グッズが陳列されている快適生活館には、有機野菜のコーナーもあります。産地直送の有機野菜ですが、その中でもとくに「フリーダム」という銘柄のきゅうりは、すっかりファンになってしまいました。

    有機野菜って、ヨーロッパでは非常にもてはやされていて、私もフランスにいた時に(2003-2004年)、週末にオープンするフリーマーケットでは定番のように並んでいた様子が印象的でした。地元の人いわく「有機野菜は、味が違う。有機野菜になれるとクセになるよ」とのこと。

    その言葉が実感できました。

    スティリアン・ペトロフ

    先週末のアストンビラ対チェルシー、3月31日の日本時間23時に行われた試合でしたが、テレビは録画放送だったため見るのが遅くなりました。

    感動的だったのは、試合前にスティリアン・ペトロフがスタンドのファンの「Get Well Soon」メッセージにあいさつの手を振っていた姿でした。

    試合の前日、30日(金曜日)に「ペトロフが急性白血病と診断された」というショッキングなニュースが報道されて、その直後にビラのファン・グループが「予定していた抗議デモを中止した」というニュースが続きました。そのあとで、ペトロフが「ファブリス・ムアンバに勇気をもらった。自分も病気との闘いに勝つ自信がある」とコメントしたというニュースが入り、チェルシー戦を迎えたわけでした...

    ぜひ、回復してほしいと心からお祈りします。

    ペペがFAカップ準決勝を出場停止

    笑うしかない結果となったニューカッスルでの0-2の敗戦、リバプールはペペのダイレクトの赤で最後は10人に減ってしまいました。サブ3人を使いきった直後のペペのヘッド・バッティングに、ホセ・エンリケが積極的に(?)ゴールを買って出て、見事に無失点に終わりました。

    って、笑うしかないなあ今日の試合は、という感じでした。サブを使いきった後でGKが退場になる(もしくは負傷で続けられなくなる)、という事態を避けるために(?)か否か、3人使い切ることが非常に少ないリバプールが、こんな時にそういう事態に陥るとは、という感じでした。

    その瞬間に、スティーブ・ストーントンが急きょゴールを守った記憶がわいてきました....暗黒の90年代の出来事でした。

    がーーーーっ

    今年も優勝は決まり?

    毎週土曜日の17:10頃にBBC Worldで放送されるFootball Focusを見ているのですが、今週の番組はうーむ...と考え込んでしまいました。たまたまマンチェスター市でSoccerexというチャリティ・イベントを開催しているため、焦点はマンチェスター市の2チームのトップ争いに絞られていました。

    その中で、6人のパネリストが「今年も優勝はユナイテッドで決まり?」という題材の討論をやっていて、なんと全員が反論なし、という結果になりました。

    うーむ、と考え込んだ後で、今日またシティがポイントを落としたのも考えものですね。
    今季これまでホームで100%だったシティでしたが、サンダーランドに一時は1-3とリードされ終了間際に3-3まで追いついたのだけど力尽きました。

    ...私がシティのスタジアムに行った時のシティの戦績は100%なのですが。
    プロフィール

    ピーエルエフジェイ

    Author:ピーエルエフジェイ
    平野圭子(ひらのけいこ)
    プレミアリーグ ファングッズ店長です。

    最新記事
    最新コメント
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR